2007/12/21

IE8はWeb標準準拠が進むらしい


現在開発中のIE8は、Acid 2というテストをパスしたようです。

Acid 2って何だろうと思ったら、CNET Japanの記事に説明がありました。Wikipediaの記事はこちら

Acid 2は、ウェブ標準への準拠状況を調べるテストで、もっとも厳格なものといわれている。

IE8、ウェブ標準準拠テストAcid 2に合格の見通し(CNET Japan)』より

ちょっと意外だったのが以下の部分です。

ライバルの「Opera」、Appleの「Safari」はこの数年で同テストにパスしている。Mozillaは現行版「Firefox 2」ではAcid 2合格を果たせなかったが、次にリリースする「Firefox 3」では合格する見通しだ。

IE8、ウェブ標準準拠テストAcid 2に合格の見通し(CNET Japan)』より

FireFox 2は、Web標準に準拠しきれていなかったということでしょうか。

普通に開発している分には、あまり感じませんでしたが。

で、2008年前半にIE8のベータ版がリリースされる予定とのこと。

米マイクロソフトは2007年12月19日(米国時間)、ブラウザーの次版「Internet Explorer 8(IE8)」のベータ版を、2008年前半に公開予定であることを明らかにした。

IE8のベータ版は2008年前半に登場、標準準拠と互換性確保に注力(ITpro)』より

Web標準に準拠したIEが登場するのはうれしいですが、IE8が普及するまでは、IE6/IE7/IE8に対応したサイトを作る必要がある訳ですね。

それはそれでしびれるかも。。。

 

Tags:

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから