2007/11/22

JavaScriptでクロスドメイン通信をする方法がW3Cに提案されたらしい


Cross Domain XHR W3C proposal(Ajaxian)

JavaScriptで非同期通信をするには、XML HTTP Requestを使用しますが、セキュリティの関係上、表示されたページと同じドメイン以外のサーバとは通信できません。

それでは不便なので、最近はJSONPという手法でクロスドメイン通信を実現する方法が現れてきました。

ですが、W3CにJavaScriptでクロスドメイン通信を行うための仕様が提案されたようです。

記事を見る限り、セキュリティにも配慮されているようなので、ちょっと期待したいですね。

 

クロスドメインを実現する実装は、次の2つのどちらかになるようです。

 

■HTTPヘッダーで指定

Access-Control: allow <*.example.org> exclude <*.public.example.org>

 

■XMLプロセッサーへの指示

cross_domain.xmlは不要とのこと。
 
<?access-control allow="allow.example.org" deny="deny.example.org"?>

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから