2007/11/16

「DebugBar」と「Internet Explorer Developer Toolbar」を比べてみました


IEでのWeb開発を便利にする「DebugBar  ver5.0 beta1」が注目されているようですね。

まあ、DebugBar を IE版FireBug というのは機能が少ないので違和感がありますが、そこは置いておいて、Microsoftから提供されている「Internet Explorer Developer Toolbar」と DebugBarを軽く比べてみました。

なお、DebugBar と Internet Explorer Developer Toolbar の両方とも、DOMインスペクタ機能は持っています。

 

■DebugBar のみにある機能

  • JavaScriptのエラー通知機能
  • CompanionJSを組み込むとJavaScriptエラーの詳細が分かるらしい
  • JavaScriptのソースコード表示機能(全体/関数)
  • JavaScriptコンソール
  • HTTP(S)の通信内容 → サイトによってうまくいかない?
  • サイトのスナップショットメール通知機能?
  • サイトの拡大縮小表示 → IE7の標準機能
  • サイトの概要情報表示
  • Google検索ボックス
  • サイト内検索ボックス

 

■Internet Explorer Developer Toolbar のみにある主な機能

  • ブラウザのキャッシュクリア機能
  • 要素の検索機能
  • 要素の属性編集機能
  • JavaScript/PopupBlocker/CSSの無効化機能
  • Cookieコントロール機能
    • Cookieの無効化
    • セッションCookieクリア
    • ドメインのCookieクリア
    • Cookie内容表示
  • ルーラ機能
  • HTML/CSSなどの文法チェック機能
    • DebugBarはHTMLのみ

 

こうしてみると、Microsoftの純正でもあるし、機能も充実しているので Internet Explorer Developer Toolbar をメインで使用しておいて、JavaScript関連の機能を使いたい場合には、DebugBar を使うのがよさそうですね。

 

■関連エントリー

 

Tags:

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから