2007/09/08

SilverlightがLinux対応するらしい


Silverlight発表:MSのLinuxサポートは何を変える?(@IT)

Silverlight 1.0がリリースされた際に、MicrosoftがSilverlightをLinux対応するという話があったのですが、その詳細な情報が出てきました。

MicrosoftはNovellと共同で、Linux版Silverlightの「Moonlignt」を提供するようです。

Moonligntは、Monoプロジェクトの成果を活用して作成され、Silverlightと同じ機能を持つ上に、主要なLinuxディストリビューションを全てサポートするようです。Moonlightは、6ヶ月以内にリリースする予定で、Silverlight 1.1相当のMoonlightの開発も進めているとのこと。

クライアントプラットフォームとしてのLinuxのシェアは低いかもしれませんが、Microsoftのテクノロジーが、Windows / Mac OS X / Linux をサポートするというのはFlashにとってかなりインパクトが大きいでそしょうね。

Silverlight 1.1からはDRMをサポートするために、まずはコンテンツビジネスでブレークする予感がします。コンテンツホルダーとしては、マルチプラットフォームでDRM保護されたコンテンツ配信ができるというのは、待ち望んだ環境がようやく出てきたという感じではないでしょうか?

また、Silverlight 1.1では C# / VB.NETが使えるので.NET系の技術者の参入のほかに、 JavaScript / Python などのLightweight Languageのサポートが強化されるので、オープンソース系技術者の参入もありそうです。

SilverlightがWebでどのように発展していくのか楽しみです。

あと、Expression Media に含まれていたビデオエンコーダーが「Expression Encoder」としてリリースされています。これも結構うれしいニュースかも。

Expression Encoder
http://www.microsoft.com/japan/products/expression/expression-media/encoder.mspx

 

■関連エントリー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから