« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/30

xdocdiff WinMerge Plugin - Office文書の差分をチェックできるツール

xdocdiff WinMerge Plugin via MOONGIFT

xdocdiff WinMerge Pluginは、DIFFツールであるWinMergeのプラグインで、Office文書の差分をチェックできるようにするものです。

対応するOffice文書のフォーマットは、Word, Excel, PowerPoint, PDFなどです。Office 2007にも対応しているのがすばらしい。

動作としては、Office文書内のテキストを抽出してから比較するようです。

ちょっと試してみました。

 

■Excel 2003

以下の2つのExcel文書を比較します。

Excel文書1

Excel文書2

比較結果は以下のようになりました。

Excel文書比較結果

 

■Word 2003

以下の2つのWord文書を比較します。

Word文書1

Word文書2

比較結果は以下のようになりました。

Word文書比較結果

 

■PDF

ついでにPDFも。

PFD文書1

PDF文書2

比較結果は以下のようになりました。

PDF文書比較結果

 

これはかなり便利!

 

Tags:

JavaScriptの非同期処理をシーケンシャルに扱う方法がありました

非同期処理をシーケンシャルに扱うために(snippets from shinichitomita’s journal)

Ajaxアプリケーションでは、ユーザの操作をロックしないように非同期でリクエストをサーバに投げることがあると思いますが、処理が複数ある場合は整合性を取るのに悩みます。

上記記事では、JavaScriptの非同期処理をシーケンシャルに扱う方法をライブラリ化して公開しています。

ライセンスは特に明記されてないですが、参考になるのではないでしょうか。

 

2007/09/28

Windows XPの提供期間が5ヶ月延びるらしい

マイクロソフト、「Windows XP」提供期限を延長(CNET Japan)

Windows XPのOEM版は200年1月31日に提供が終了することになっていましたが、顧客やメーカーの強い要望を受けて、2008年6月30日までWindows XPの提供期間が延びるとのこと。

提供期間が5ヶ月延びて、Windows Vista対応に少し余裕ができました。

とはいえ、期間が延びた分のんびりしたら意味ないですけどね。

 

2007/09/27

Win2008/SQL2008/VS2008のリリースは2008年2月?

Windows Server 2008 RC0 released today(Somasegar's WebLog)

米Microsoftの開発製品責任者のSomasegar氏の9月25日のブログに、こんな記述が。

Like you, I am eagerly looking forward to us shipping Windows Server 2008 – as I blogged earlier, we are planning on launching Windows Server 2008, SQL Server 2008 and Visual Studio 2008 in February.

2008年2月には、Windows Server 2008 / SQL Server 2008 / Visual Studio 2008 が登場するかも。

新しいシステム開発案件では、環境をちょっと考えないといけませんね。

 

SQL Server 2005 JDBC Driver 1.1がリリースされたらしい

Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver 1.1 via CodeZine

とりあえずメモ。

 

VS.Php - Visual StudioベースのPHP統合開発環境

VS.Php via CodeZine

アシアル株式会社という会社から、「VS.Php」というVisual StudioベースのPHP統合開発環境がリリースされたようです。

製品には以下の2種類があります。

  • VS.Php Standalone
    • Visual Studio 2005を含むスタンドアロン版
    • パッケージ版:39,800円,ダウンロード版:34,800円
  • VS.Php for Visual Studio 2005
    • Visual Studio 2005のアドオン
    • パッケージ版:29,800円,ダウンロード版:24,800円

インテリセンスやデバッグ機能など、かなり高機能な模様。

サイトを確認すると、DBGというモジュールがあり、サーバサイドでのデバッグができるようですね。

30日間の体験版もあるようです。

MicrosoftとZendの提携の影響なのか、このところPHPの開発環境が随分よくなってますね。

 

■関連エントリー

 

Tags:

2007/09/26

「設計文書のうまい書き方」がいい感じ

HowToWriteAnEffectiveDesignDocument - 設計文書のうまい書き方

上記サイトにて、設計書について簡潔に記述されています。

短い内容なので、ぜひご一読を。

設計書に限らずドキュメントというものは、以下のような効果があるのですが、なかなか理解されませんよね。形式主義に陥ってるのかも?

  • 自分の思考整理
  • 他者に情報を分かりやすく伝える
  • レビューの機会を持ち込む
  • 手戻りを防ぐ
  • 時間を超える

 

2007/09/25

Windows Server 2008 RC0版が公開されたらしい

Microsoft,「Windows Server 2008」のリリース候補0版を公開(ITpro)

おぉ。いよいよリリースが近づいてきましたね。

 

2007/09/23

WikipediaのUnicode一覧がいい感じ

Unicode(Wikipedia)

WikipediaにあるUnicode一覧がいい感じです。

こういうのはありがたいですね。

 

Unicode一覧

Unicode表

 

■関連エントリー

 

2007/09/21

PDT - Eclipse公式PHPプラグイン

PDT Project via CodeZine

PDTというEclipse公式プラグインが登場したようです。

下記URLから更新機能を使っても登録可能。

  • http://download.eclipse.org/tools/pdt/updates/

コードアシスト機能もあるようだし、これは便利かも。

 

■関連エントリー

 

Tags: ,

2007/09/20

REMIX07 TOKYOに行ってきました

REMIX07 TOKYOに行ってきました。 

Silverlightの情報を収集するために参加したのですが、その目的は十分に達成できたと思います。

株式会社アークウェイの森屋英治さんのお話は、微妙な笑いがあり、内容もとてもためになりますね。

家に帰ってきて、IT系のニュースをチェックしていたら、ITproでこれでもかというくらいREMIXの記事がアップされていて、ちょっとびっくりしました。

以下、ちょっとした備忘録メモです。

 

■備忘録メモ

  • Silverlight
    • クライアントサポート環境
      • Windows
        • IE / FireFox
        • 将来はOperaも対応予定らしい
      • Mac OS X
        • Safari / FireFox
        • FireFoxいつの間に?
      • Linux
        • Moonlightでサポート
        • Mozilla系ブラウザサポート?
      • Windows Mobile
        • Silverlight for mobie を開発中らしい
    • SilverlightはWeb or Desktopの二者択一に新しい選択肢を追加
    • XAMLは、"ザムル"と"ザメル"の2通りの読み方がある?
    • VSのオブジェクトブラウザはお友達
      • mini-CLRのサポート範囲チェック
    • x:Nameは大事(like 要素id)
    • Silverlight <-> JavaScript/DOMは相互にアクセス可
    • LINQ to Objects / LINQ to XML サポート予定
    • IsolatedStrageでローカルファイルへアクセス可
    • Silverlight Architecture Overview
    • SilverlightはWMVにアルファ情報を持てない → 大変らしい
    • Silverlightはオーバレイインターフェースが簡単(Flash大変)
    • YouTubeにSilverlightの動画あり
    • 書籍『Microsoft Silverlight完全解説』 - 2007/9/26発売予定
  • Virtual Earth

 

■Silverlightサイト

 

■REMIX07 ニュース

 

■関連セミナー

 

2007/09/18

ブラウザの履歴管理機能比較表

How to build a cross-browser history management system via Ajaxian

Microsoftの中の人が、ASP.NETでブラウザの履歴管理について検証した内容が詳しく解説されています(英語ですが><)。

各ブラウザごとにどのような不具合があるのか、そしてその対処方法までまとめられていました。

で、機能比較表もあり、とっても役立ちそうです。

まあ、元記事が長文で、ざっとしか目を通していないのですが、何かの時に使えそうです。

みかログさんのところの、「jQuery history プラグイン」はこういうのを使って作成しているんですね。

いやぁ、すごい。

 

How to build a cross-browser history management system

 

■関連エントリー

 

Googleのオンラインプレゼンツールが登場したらしい

Googleドキュメントに「プレゼンテーション」追加(CodeZine)

Googleのサービスに、オンラインプレゼンツールが登場した模様。

サービス名も、「Google Docs & Spreadsheets」から「Googleドキュメント」に変わったようですね。

さすがに、アニメーション機能はないようですが、Web上で共有できるプレゼンツールというインパクトは大きいですね。

あと、下記の記事が詳しく解説してくれてます。

 

Googleドキュメント

 

Tags:

JLINQというJava版LINQがあるらしい

JLINQ: Java データベース・アプリケーション作成のための IBM の新しいパラダイム

Visual Studio 2008 (.NET Framework 3.5)から、LINQ(Language Integrated Query)というデータアクセスのための注目技術が登場しますが、IBMからもJLINQ(Java Language Integrated Query)というJava版LINQが登場するようです。

JLINQは、Eclipseのプラグインとして動作する模様。

下記のように記述されているので、まだベータ版でしょうか。

IBM Viper Developer V9.5 Open Beta をダウンロードして、JLINQ プラグイン、そしてこの記事に必要なバージョンの DB2 Developer Workbench を入手してください。

データアクセスの方法が、これから大きく変わるかもしれませんね。

 

(2007.9.19追記)

オープンソースのJava版LINQの「Quaere」というものもあるそうです。

さやべえさん、情報ありがとうございました。

また、「LINQ for Java: Quaere」のコメントの中に、「JoSQL」というJavaのオブジェクトにSQLでアクセスするツールが紹介されていました。いやぁ、皆さんいろいろ考えてますね。

日本語の「Quaere」解説記事も発見。

 

Tags: , , ,

PHPのPEAR::DBは既に非推奨?

【PHP TIPS】 53. まだ、PEAR::DBをお使いの方へ(ITpro)

PHPのPEAR::DBは既にメンテナンスモードで、今後はPEAR::MDB2の使用が推奨されるとのお話。

おぉ。これは知りませんでした。

で、上記記事はPEAR::MDB2への解説記事のリンクになってます。

 

Tags: ,

2007/09/15

Free Video to Flash Converter - 動画をFLV形式に変換するツール

Free Video to Flash Converter via 窓の杜

「Free Video to Flash Converter」は、AVI/MPEG/WMV/ASF/MOV形式などの動画を、FLV/SWF形式に変換できるフリーウェアで、動画サイズやビットレートまで指定可能です。

以前使用したフリーウェアだと、画質が劣化しすぎて困ったのですが、このツールは画質が劣化しないのでいい感じです(動画にうるさい方はどう思うかは不明)。

メニューが日本語表示できるのもいいですね。

なお、ダウンロードはリンク先にフリーウェア一覧があるので、その中から「Free Video to Flash Converter」を見つけてダウンロードしてください。

 

Free Video to Flash Converter

 

Tags: , ,

2007/09/12

YUIを使って非同期ファイルアップロードする方法があるらしい

Asynchronous File Upload - YUI's Approach(Code Central) via Ajaxian

XMLHttpRequestはファイルアップロードをサポートしていないのですが、YUIのConnection Managerはiframeを使用して通信を行うので、これを活用すれば非同期ファイルアップロードができるとのこと。

実装方法はサイトで詳しく解説されていますが、こちらのデモで複数の画像をページ遷移することなしにファイルアップロードすることを確認できます。

うーん。これはすごい。

 

Asynchronous File Upload in YUI

 

2007/09/11

サーバサイドCSSという発想はいいかも

「サーバサイドCSS」という選択(ウノウラボ Unoh Labs)

サーバサイドでCSSを生成して、クライアントに送信してしまおうという発想。

いいですね。この発想はありませんでした。

ツールも紹介されてます。

 

Tags:

2007/09/10

文字列をエスケープしてUnicodeのコードを表示してくれるHTMLフォーム

Unicode の文字列をエスケープする JavaScript (いやなブログ)

フォームに文字列を設定すると、UTF-16 / UTF-8 のコードや 数値参照を表示してくれます。

UTF-16のコードを入力して他を表示するなど、どの項目にも入力もできます。

サロゲートペアにも対応していて、かなりいい感じです。

 

Unicode の文字列をエスケープする JavaScript

 

「携帯端末スペック一覧」がいい感じ

携帯端末スペック一覧(ke-tai.org)

「携帯端末スペック一覧」は、Wikiで携帯端末情報を扱っているのですが、携帯端末情報をCSV形式でダウンロードできる、なんとも便利なWikiになっています。

現時点(2007/9/10)のCSVには、517件の携帯端末情報がありました。

Wikiでも一覧表を確認できます。

これはいい感じですね。

 

(2007.9.10修正)
Wikiの注意事項をよく読むと、リストへの直接リンクは避けて欲しい旨の記述がありましたので、リストへのリンクを削除しました。失礼いたしました。

 

2007/09/09

Unicodeは奥が深い。。。

Unicodeの結合文字は最大何文字くっつけられる?(中の技術日誌ブログ)

Windows Vista対応では、Unicodeのサロゲートペアと結合文字が頭の痛いところでありますが、結合文字は思っていたより奥が深いですね。

Unicodeで音符が扱えるとは知りませんでした。

しかも、1つの音符を複数の結合文字で表すとは。。。

 

次期バージョンのRuby1.9は1.8より平均5倍速いらしい

「Ruby 1.9は1.8より平均5倍速い」、YARV笹田氏(@IT)

2007年12月リリース予定のRuby1.9では、新VMの「YARV」が搭載され、平均してコード実行速度が5倍、ものによっては20倍ほど速くなるらしい。

これはすごい。

あと、楽天とまつもとゆきひろさんが、Rubyによる並列処理の共同研究に取り組んでいるとのこと。

Rubyがエンタープライズ開発で使われることって少ないと思うのですが、やっぱりおもしろい言語ですね。

 

Tags:

2007/09/08

SilverlightがLinux対応するらしい

Silverlight発表:MSのLinuxサポートは何を変える?(@IT)

Silverlight 1.0がリリースされた際に、MicrosoftがSilverlightをLinux対応するという話があったのですが、その詳細な情報が出てきました。

MicrosoftはNovellと共同で、Linux版Silverlightの「Moonlignt」を提供するようです。

Moonligntは、Monoプロジェクトの成果を活用して作成され、Silverlightと同じ機能を持つ上に、主要なLinuxディストリビューションを全てサポートするようです。Moonlightは、6ヶ月以内にリリースする予定で、Silverlight 1.1相当のMoonlightの開発も進めているとのこと。

クライアントプラットフォームとしてのLinuxのシェアは低いかもしれませんが、Microsoftのテクノロジーが、Windows / Mac OS X / Linux をサポートするというのはFlashにとってかなりインパクトが大きいでそしょうね。

Silverlight 1.1からはDRMをサポートするために、まずはコンテンツビジネスでブレークする予感がします。コンテンツホルダーとしては、マルチプラットフォームでDRM保護されたコンテンツ配信ができるというのは、待ち望んだ環境がようやく出てきたという感じではないでしょうか?

また、Silverlight 1.1では C# / VB.NETが使えるので.NET系の技術者の参入のほかに、 JavaScript / Python などのLightweight Languageのサポートが強化されるので、オープンソース系技術者の参入もありそうです。

SilverlightがWebでどのように発展していくのか楽しみです。

あと、Expression Media に含まれていたビデオエンコーダーが「Expression Encoder」としてリリースされています。これも結構うれしいニュースかも。

Expression Encoder
http://www.microsoft.com/japan/products/expression/expression-media/encoder.mspx

 

■関連エントリー

 

2007/09/07

IEのCookieの上限数が20から50に増えているらしい

Update to Internet Explorer's Cookie Jar(IEBlog) via Ajaxian

2007年8月のWindows Updateで、IEの1ドメイン当たりのCookieの上限が20個から50個に増えているようです。Microsoftから日本語の情報も出ていました。

但し、Cookieの上限数が変わっても以下の部分は変わらない模様。

  • document.cookie プロパティで取得できるのは、クライアント コンピュータ上の Cookie の 4,096 バイトのみです。Cookie の文字列が 4,096 バイトよりも長い場合、プロパティは空の文字列を返します。
  • Internet Explorer および HTTP Wininet API では、Set-Cookie ヘッダーの長さが 5,118 バイトを超えた場合、このヘッダーが無視されます。

Internet Explorer で、ドメインあたりの Cookie の数の制限が 20 から 50 に増加する』より

正直、そんなにCookieを多用することがあるのか分かりませんが、Cookieの数が増えればパフォーマンスも落ちるようですので、ご利用は計画的に。

 

Tags: ,

2007/09/06

HTMLの特殊文字の文字実体参照一覧

HTML/XHTML Character Entities

ちょっといまさら感もありますが、HTMLの特殊文字の文字実体参照一覧があったので、メモ代わりに載せておきます。

ときどき、&copy とかを忘れて、どうだったっけ?と調べることがあるので、これは便利。

 

HTML/XHTML Character Entities

 

Tags:

Silverlight 1.0 正式リリース

MS、Flash対抗「Silverlight」を正式リリース(@IT)

Silverlight 1.0 が正式リリースになりました。

着実に進んでいますね。

個人的には、Microsoftのテクノロジーの中で、今一番インパクトのあるのがSilverlightだと思っていたりします。まあ、普及するのはSilverlight 1.1ではないかと思いますが。

 

Silverlight
http://silverlight.net/

 

2007/09/05

OSシェアで、LinuxとWindows 98が並んだらしい

OSシェア、LinuxとWindows 98が並ぶ(@IT)

Webアクセス解析を行っているW3Counterが、8月30日現在のOSシェアを発表したようですが、LinuxとWindows 98のシェアが、1.34%で並んだとのこと。

なんとも微妙なニュース。

それよりも、Windows 2000の方がWindows Vistaよりもシェアが高いのが興味深いです。

 

Tags: ,

日本のエンジニアの作業環境は悪いらしい

作業環境を改善せよ さもなくば日本のエンジニアは壊滅する!(ITmedia)
   via 知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテストさん

海外事情も含めた、日本のエンジニアの作業環境のお話。

これはいい記事と思います。

記事の中に、「優秀なエンジニアは普通のエンジニアの100倍の生産性を誇る」とビル・ゲイツ氏の言葉が紹介されていましたが、これは誇張ではないですよね。

ただ、元がゼロのケースもありうるので、数字では表しきれないと思いますが、そこら辺は大人の事情で出してないのかも。

2007/09/04

Mac OS X のUTF-8は特殊らしい

Mac OS X上のUnicode(ウノウラボ Unoh Labs)

Mac OS X のUTF-8は、「UTF-8-MAC」というエンコーディング形式で、通常のUTF-8とは違うらしい。

しかも、Mac OS X 上のブラウザにより、「UTF-8-MAC」の実装方法も違う模様。

これは、ややこしいですね。。。

 

(2007.9.5追記)

これは、Unicodeの正規化のお話で、エンコーディングとは別次元のお話のようです。

ueさん、odzさん、情報ありがとうございます!

普通はNFCで正規化するのですが、Mac OS Xはファイル名のNFDで正規化して格納するので、ファイル名でおかしな現象が起きているようです。

NFCとNFDについては、odzさんのところの説明を引用させてください。

Unicode では、濁音/半濁音/アクセント記号(ウムラウト等)がついた文字を合成文字1文字(ガ(U+30AC))で表すことも、基底文字 + 結合文字(カ(U+30AB) + ゛(U+3099))で表すこともできる。前者の方法で正規化したものを NFC(Normalization Form Composition)、後者で正規化したものを NFD(Normalization Form Decomposition)という。

odz buffer - 正規化』より

Unicodeの結合文字の存在は最近ようやく知ったのですが、同じ文字でも扱い方が2つあるとははじめて知りました。まだまだ勉強が足りませんね。。。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから