« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007/08/31

YUI Compressor がJavaScriptに加えCSS圧縮にも対応

「YUI Compressor 2.0」がリリース - JavaScriptとCSSの両方を圧縮(マイコミジャーナル)

先日お伝えした、安全かつ高圧縮率なJavaScript圧縮ツールである「YUI Compressor」のバージョン2がリリースされ、CSS圧縮にも対応したようです。

これは、ますますいいかも。

↓ダウンロードはこちらから
YUI Compressor Version 2.0 Now Available(Julien Lecomte’s Blog)
http://www.julienlecomte.net/blog/2007/08/27/yui-compressor-version-20-now-available/

 

■関連エントリー

 

LINQのセミナーに行ってきました

MSDNオフラインセミナー:LINQ の利用による Web アプリケーションのデータドリブン開発
日時:2007/08/30 18:30~20:00
場所:小田急ホテルセンチュリーサザンタワー 

今後、.NETの開発では大きなインパクトを持つであろう、LINQ (Language Integrated Query) のセミナーに参加してきました。 

LINQは、O/Rマッピング的な機能もありますが、それは論理レベルでの話で、LINQ自体はもう1つ上のレベルの概念レベルのテクノロジーになるようです。 

これにより、DB/XML/Objectといった異なるデータソースへのアクセスが可能になるようですね。 

LINQのテクノロジーは、大きな可能性を秘めているとは思いますが、DBの更新系がサポートされていないことなどから、まだ使いどころがよく分かりません。。。 

ふと思うことをつらつらと。 

  • 異なるデータソースへ統一したアクセスが可能になるのは魅力 
  • 実行時ではなく、コンパイル時にDBアクセスなどの文法チェックがされるのもいい 
  • 参照系に限ってうまく使えば、確かに生産性が上がりそう 
  • とはいえ、要員の教育工数はどうするのか? 
  • 現時点では、データ層のDB参照系にLINQを組み込むことが考えられるが、更新系と異なるテクノロジーは、かえって工数を増さないか?もしくは混乱が起きないか? 
  • LINQは、.NET Framework3.5ベース 
  • Windows Vistaのデフォルトは.NET Framework 3.0 
  • Windows Updateにより、Windows XPにも、今は.NET Framework 3.0が入っていることが多い 
  • LINQをクライアントサイドで使うためには、.NET Framework 3.5の配布が必要だが、いろいろ面倒かなぁ。 
  • .NET中心の組織ではいいけれど、LINQによりMicrosoftの技術にロックインされるのは微妙 
  • ローレベルでも国際標準に従っている方が、他のプラットフォームの技術に適応しやすい面は考慮しなくても大丈夫か? 
  • SQLインジェクションへなどへのセキュリティ対策は?

LINQの可能性は認めつつも、現業で採用するには、まだ分からないところが多いですね。 

これは、しっかり勉強しないと。 

 

以下、備忘録メモ。 

  • LINQは、オブジェクトデータモデルの構造表現力と、リレーショナルモデルの一括処理能力を実現する概念レベルのテクノロジー 
  • LINQは、概念レベルの埋め込みクエリ処理。論理レベルではない。 
  • 基本は拡張クエリ式を使用。その方が分かりやすい。 
  • ラムダ式は必要なときのみ使用がいいらしい。 
  • LINQ to XML では、複数のXMLをequals句でJOINできる? 
  • LINQからストアドを呼び出せる 
  • 通常は問題はないが、DBMLファイルにも限界がある 
  • 複雑なデータは、ADO.NET Entity Frameworkを使用 
  • LINQ to SQLで正式サポート対象はまだ参照のみ 
  • 現在のLINQ to SQLでも更新処理は一応できる

(2007.9.16追記)


 

■関連サイト 

■関連セミナー 

 

Tags: ,

2007/08/30

SQL ServerのJIS2004対策セミナーがWebキャストになってます

MSDN オンラインイベント : MSDN オフライン「SQL Server 2000/2005 [JIS X 0213:2004 対応に関するガイドライン] 技術ポイント解説」  via SQL Server 開発チーム ブログ

先日参加した、SQL Server 2000/2005のJIS2004対策セミナーのWebキャストが公開されています。

SQL Serverを使用しているけど、このセミナーに参加できなかった方は必見かと。

また、SQL Server 開発チーム ブログのCoastさんには、トラックバック&エントリー紹介をいただき、ありがとうございました。

 

■関連エントリー

 

2007/08/29

IIS6.0でテスト用のSSLサーバ証明書を作成する方法があるらしい

SSLテスト用にサーバ証明書を自己発行する(IIS 6.0編)(@IT)

IIS 6.0 Resource Kit Tools の中に含まれるselfssl.exeコマンドを実行すると、サーバ証明書を自動作成して登録までしてくれる模様。

こんな便利なものがあるとは知りませんでした。

あと、IIS5.0版もありました。

 

Tags: ,

2007/08/28

eclipseベースのIDEであるAptanaがPHPに正式対応したらしい

Aptana via CodeZine

Aptanaといえば、eclipseベースのIDEでJavaScriptのコードアシスト機能に対応していることで有名ですが、この度、PHPに正式対応したとのこと。

PHPで、コードアシスト機能を使用した開発が無償でできるようです。

これはいいニュース。

 

PHPのZendFramework入門記事

ZendFramework入門・準備編 Zend Frameworkの動作環境を作る(dara-j)

dara-jさんのところで、PHPのフレームワークである「ZendFramework」の入門記事を連載開始(?)したようです。

これはありがたいでね。

 

ASP.NET モバイルセミナーに行ってきました

MSDNオフラインセミナー:ASP.NET モバイル Web アプリケーション再入門
日時:2007/08/27 18:30~20:00
場所:小田急ホテルセンチュリーサザンタワー

ASP.NETでモバイルサイトを作るにはどうすればよいのかを知りたいと思い、セミナーに参加してきました。

ASP.NETでモバイルサイトを作れば、デバイスの違いを気にしなくていいという期待がありましたが、さすがにそれはないようです。

ASP.NET1.xのころは、Micorsoftでモバイルデバイスのアップデートを行っていたのですが、今は自分でモバイルデバイス用の設定を作らなくてはいけません。

また、標準で用意されている機能より凝ったことをしようとすると、とたんに難しくなるようです(既存コントロールの拡張とか)。 

モバイルデバイスに合わせたタグを自動出力してくれるのはありがたいのですが、凝ったことをするにはその自動処理の仕組みも理解する必要がありそうです。

以下、備忘録メモ。 

■ASP.NETモバイルのプロジェクトの作成方法

ASP.NET モバイルは、VSのバージョンによって作成方法が異なる。

  • VS.NET2002
    • Mobile Internet Toolkit をインストール
    • 「ASP.NET モバイルWebアプリケーション」でプロジェクト作成
  • VS.NET2003
    • 「ASP.NET モバイルWebアプリケーション」でプロジェクト作成
  • VS2005
    • 「新しいWebサイト」でプロジェクト作成
    • 「新しい項目の追加」で下記を追加
      • モバイルWebフォーム
      • モバイルWeb構成ファイル

■ASP.NET モバイルの特徴

  • 1ページに複数のフォームを並べることが可能
  • モバイルデバイスに対応したマークアップを自動出力
  • モバイルデバイスごとに処理を変更可能

■モバイルWebコントロール

■独自コントロールの作成

独自にコントロールを作るには、以下の2つの方法がある。

  • ユーザーコントロール
  • カスタムコントロール

■既存のコントロールの拡張

できなくはないが、デバイスアダプタを作成する必要があり、かなり難しそう。

■モバイルデバイス

モバイルデバイスの扱いについては、@ITの下記連載を参照。セミナーの方が詳しいが割愛。

機種情報の追加情報。

モバイルデバイスの機種情報。

 ユーザエージェント情報。

 機種情報。

エミュレータ。

■実機検証

Soft Bankでは「Soft Bank Solution Provider(SSP)」になれば、無料で検証センターを使用できるらしい。

有料だが「ケータイラボ」だと、テスト用の実機を貸し出ししてくれるらしい。これはいいかも。

■関連サイト

■関連エントリー

 

2007/08/27

ASP.NET 2.0 RSS Tool-Kit - ASP.NET 2.0のRSSフィード用ツールキット

Awesome ASP.NET 2.0 RSS Tool-Kit Released(ScottGu's Blog) via おぎわら@.NET道場 Blog(わんくま編)さん

「ASP.NET 2.0 RSS Tool-Kit 」は、ASP.NET 2.0で、RSSフィード用のツールキットです。

RSSフィードをパースしたり、RSSフィードを生成したりできる模様。

特に決まったライセンス形態はないようですが、とりあえずフリーのようですね。

You can download the RSS Toolkit from here.  Best of all it is free, and all of the Toolkit’s source code is included with the sample.  It includes a number of great scenario samples that you can walkthrough to quickly learn how to use it.

結構、便利かも。

 

Tags: ,

Tech・Ed 新聞がPDFで公開されています

Tech・Ed 2007 Yokohama 「Tech・Ed 新聞」 via 中の技術日誌ブログさん

Microsoftのサイトにて、Tech・Ed 2007 Yokohamaで配布されていた「Tech・Ed 新聞」が公開されています。

Tech・Ed の雰囲気を知るにはちょうどいい資料だと思います。

 

Windows XPのPC出荷は2008年1月までらしい

Windows XPのPCメーカーへの出荷、来年1月で終了へ(ITpro)

Microsoftが、2008年1月31日をもって、Windows XPのOEMライセンス提供をやめるために、PCメーカーからもWindows XP搭載マシンが出荷されなくなるとのこと。

うーん。とうとうきちゃいましたか。

一応、Windows Vista搭載PCを購入すれば、Windows XPへのダウングレード権が付いているようなので、(頑張れば)Windows XPにすることもできそうです。

しかし。。。

Windows Vista BusinessかUltimateがインストールされたパソコンを購入

手元にWindows XP ProfessionalかTablet PC EditionのCD-ROMをなんとかして用意

Windows Vistaを削除してXPをインストール

ライセンス認証専用窓口に電話してライセンス認証(ネット経由のライセンス認証は無理)

Windows XP搭載PCの生産は2008年1月31日で終了(GIGAZINE)』より

これが本当なら、相当に面倒くさいですね。

オンラインの認証ができないとは。。。

こんなところにコストをかけるなら、Windows Vistaにしようという企業も出てきそうです。

となると、アプリケーションのWindows Vista対応は、かなり加速する必要ありですね。

 

Tags: ,

2007/08/25

RSSフィードのアイコン

Feed Icons  via えむもじら

RSSフィードのアイコンってみんなどうしているだろうと思っていたら、配布サイトがちゃんとあったんですね。

しかも、ちゃんとガイドラインもあるようです。

これは、知りませんした。

 

プレゼンに使えそうな拡大鏡3つ

プレゼンで使えそうな拡大鏡がないか調べていて、まあまあよさげなのが3つありましたのでメモしておきます。

 

ZoomIt (Microsoft TechNet) - 2007.8.25 Add

マウスのポインタを中心にして、画面全体をズームインできるだけでなく、マウスで線も描けます。

ホットキーの割り当ても可能で、これが最強?

Tech・Ed 2007のセッションで講師の方が使っていたツールを発見(笑)。

 

梨ズーム(Vector)

Mac OSの補助機能っぽいらしい。

マウスのポインタを中心にして、画面全体をズームインできます。

ズームインの状態でも画面を操作でき、ホットキーも割り当て可能でなかなか便利。

 

Loupe(Vector)

画面の1部分のみを拡大したいのなら、これがいい感じ。

ホットキーも割り当てられます。

でも、F1キーとかでやると、Windowsがハングアップしかねないのでご注意を。

 

Tech・Ed 2007 Yokohama に行っていました

8月21~24日の4日間、MicrosoftのTech・Ed 2007 Yokohama に行っていました。

今回は、Tech・Edに初めての参加でしたが、おもしろかったですね。

Tech・Edでは1つのセッションが75分なのですが、数えてみたら21セッションに参加していました。合計で、約26時間になります。

セッションの内容をいろいろ聞いていると、、今はテクノロジーの大きな転換期で、あと1~2年くらいで、システム開発の現場も、随分と変わっていくだろうと感じます。

Microsoftだけでも、非常に多くのテクノロジーが登場しますが、その中でも、以下のものは注目だと思います。

  • LINQ(Language Integrated Query)
  • Silverlight
  • WCF(Windows Communication Foundation)
  • VSTO(Visual Studio Tools for Office)
  • Office Open XML File Formats

まだ、情報ベースの理解なので、うまく説明はできないのですが、概要は以下のような感じかと。

あえて、WPF(Windows Presentation Foundation)は外してますのであしからず。

 

■LINQ(Language Integrated Query)

LINQは、.NET Framework 3.5から登場したデータアクセス方式です。

LINQはSQL Server/XML/Object/LDAPなどのデータ形式に、統一した方法でアクセスすることができます。

例えば、SQL Serverへからデータ取得を行うには、以下のように書きます。

var titles = from t pubs.titles
                  where t.price >= 20.0M
                  select t;

 

コードに直接、データアクセスのステートメントが書かれていますね。

このメリットは、テーブルのフィールド名などがインテリセンスで表示されることと、通常のSQLのように実行時ではなく、コンパイル時にエラーチェックされることです。

しかも、 LINQ(正確にはLINQ to SQL)では、LINQのステートメントを最適なT-SQLに変換して実行してくれます。リレーションがからんだ複雑なものも、もちろんOK。

そして、ObjectにもLINQは同じようにアクセスができます。例えばDataSetに対しても、LINQで条件を指定してデータ抽出なんかできたりします。今までは、一度取得したDataSetは、自分でプログラムを書いて処理していたので、これは便利ですね(DataViewとかあったと思いますが)。

なんでこんなことができるかというと、LINQは、リレーショナルデータモデルやオブジェクトデータモデルのような「論理データモデル」ではなく、上位の「概念データモデル」のレベルで処理を実行しているため。

残念ながら、.NET Framework 3.5時点での、LINQ to SQL では更新機能はありませんが、講師の赤間信幸さん曰く「LINQは超大型技術」というように、まさにその通りで、今後の大きな期待が持てる技術だと思います。

(2007.8.26更新).NET Framework 3.5時点でのLINQ to SQLでも、更新機能はあるようです。小野@どっとねっとふぁんさん、情報ありがとうございます。 

 

■Silverlight

Silverlightは、いま非常に注目されていますね。

詳しいことは、こちらを見ていただきたいのですが、Silverlightも大きな可能性を感じます。

Silverlightのインパクトはこの辺でしょうか?

  • アニメーションなどFlashに負けない高度な表現力
  • ブラウザのプラグインとして動作し軽く早い
  • クロスブラウザ(IE/FireFox/Safari)
  • クロスプラットフォーム(Windows, Mac OS X)
  • 3D以外は、WPFと同じようなことができる
  • C#,VB,JS,LLなど複数の言語が使える
  • XAMLを介することで、デザイナーと開発者がシームレスに協業できる
  • デザイナー用のExpression, 開発者用のVisual Studioとツールも分かれる
  • DRMに対応

 

■WCF(Windows Communication Foundation)

WCFは、.NET Framework 3.0の時点で登場しましたが、WCFの持つポテンシャルも高いと思います。

WCFはサーバサイドテクノロジーですが、1つのプログラムを書けば、後は設定を変えるだけで、Webサービスでリクエストを受けたり、MSMQ/.NET Remotingなどのリクエストも受けることができるイメージかと。

で、.NET Framework 3.5のWCFは、REST/JSON/RSS/ATOMなどもサポートし、より幅が広がったようです。

 

■VSTO(Visual Studio Tools for Office)

業務アプリケーションにおける、VSTOのインパクトも大きそうです。

新しいVSTOでは、Office2003/2007のアドインを作成できるだけでなく、ClickOnceにも対応しました。これで、Officeのアドインでも配布作業が大幅に楽になりますね。

また、Officeのアドインには、WPFを組み込むこともできたりして、かなりいろいろできそうです。

なんだかんだいって、ユーザはOfficeを使い慣れてますし、Excelにデータが表示されれば、再加工も簡単ですからね。

 

■Office Open XML File Formats

これはすごーく地味ですが、業務アプリケーションの作成では、かなりの威力を発揮する可能性があります。

Open XML File Formatsは、Office 2007で標準で使用されるファイルフォーマットなのですが、XMLベースで作られているため、プログラムから更新することができます。現在は、Word/Excel/PowerPointで使えます。

しかも、過去のOfficeファイルに変換する方法もあるようなので、結構いい感じ。

サーバサイドで、ExcelなどをOLE経由でコントロールすると、サーバが落ちますからね。

サーバサイドで、うまく使えると面白そうです。

 

まあ、そんなこんなで、疲れたけれども、楽しい4日間でした。

 

2007/08/24

CMMI V1.2の公式日本語翻訳版

CMMI V1.2 モデル – 公式日本語翻訳版(Software Engineering Institute) via ITpro

SEIより、CMMI V1.2の公式日本語翻訳版が公開されたとのこと。

PDFで、577ページあります。

CMMIは、ちゃんと勉強したことがないので、読んでおこうかどうしようか悩みどころ。

概要くらいは抑えたいところですが。。。

 

Tags:

Windows Server 2008 は年内に提供開始

Windows Server 2008は年内に提供開始――仮想化技術のすごさとは(@IT)

Tech・Ed 2007 Yokohama のオープニング&キーノートセッションで、Windows Server 2008が年内に提供されるというお話がありました。

これを聞いたときは、「あれ?2008年2月じゃなかったかな?」と思いましたが、どうも方針が変わったようですね。

とはいえ、仮想化技術の「Windows Server Virtualization」は、リリース後半年しないと出荷されないとも言っていましたね。

さてさて、どうなるでしょうか?

 

■関連エントリー

 

Visual Studio 2008 Express Edition Beta 2日本語版リリース

Microsoft® Visual Studio® 2008 ベータ版 ダウンロード via ITpro, CodeZine

Visual Studio 2008 Express Edition Beta 2日本語版リリースされました。

Visual Studio 2008でも、Express Editionは無償とのこと。

対象となる製品は、以下の通り。

  • Visual Basic 2008 Express Edition Beta 2 日本語版
  • Visual C# 2008 Express Edition Beta 2 日本語版
  • Visual C++ 2008 Express Edition Beta 2 日本語版
  • Visual Web Developer 2008 Express Edition Beta 2 日本語版

Visual Studio 2008からは、JavaScriptのインテリセンスとデバッグをサポートするとのことなので、Express Editionも試してみたいですね。

 

User Agent String Utility -MS製IE7のUser AgentをIE6にするツール

User Agent String Utility version 2 via CodeZine

MicrosoftからIE7のUser AgaentをIE6のものに変更する「User Agent String Utility version 2」というツールが公開されたとのこと。

上記サイトで、ツールをインストールすると、以下のショートカットがデスクトップに作成され、このショートカットから起動したIE7のみ、IE6のUser Agentになります。

ショートカット

 

ショートカットからIE7を起動すると、下図のダイアログが表示されるので、「Change Setting」をクリックします。

ダイアログ

 

すると、以下のようにIE6のUser AgentのIE7が起動します。

User Agent String Utility

 

ちなみに、私の環境のIE7 on Windows XP のUser Agentは、以下のようになりました。

Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30)

微妙に使える?

 

Tags:

2007/08/23

年齢計算式

生年月日から年齢を計算する簡単な計算式:佐野裕のサーバ管理者日記(ITpro)

こりゃすごい。

(今日の日付-誕生日)/10000の小数点以下切捨て。

以前は、第二種情報処理技術者試験にも出題された模様。 

HTML5.JPにRSSフィードが追加されてます

HTML5.JP - 次世代HTML標準 HTML5情報サイト

先日(8/15)に、HTML5.JPをご紹介したときに、RSSフィードがないとお伝えしましたが、2日後にはRSSフィードの配信が開始されていたようです。

これは、うれしい。

 

#今週は、Tech・Ed 2007 Yokohamaに連日参加しているため、
#更新が滞ってます。スミマセン。でも、Tech・Edおもしろいです(笑)。

 

■関連エントリー

 

Tags: ,

2007/08/21

N/A

N/A は、Not Applicable で「適用不可」の意味らしい(こちらより)。

ようやく正しい意味を知りました。。。orz

2007/08/19

IEでfaviconが表示されないときの対処方法

favicon(ファビコン)に少しはまる(IE7で表示されなかった訳)(WEBプログラミング NOW!)

faviconがIE7で表示されないので、なんでだろうと思って調べていたところ、上記ページを見つけました(FireFox/Opera/Safari(win)はOK)。

教訓:「faviconが表示されない場合、キャッシュだけでなく履歴もクリアしてみるべし。(その後、念のため、起動しているIEもすべて終了させてから、IEを再び起動させてみる。)」

この教訓にしたがってみたところ、IE7でもfaviconが表示できました。

いやぁ、助かりました。

情報を公開していただき、ありがとうございます。

faviconに、こんな罠があるとは。。。

 

2007/08/18

IE6のCGの問題を解消するアップデートが出ている模様

Fixing GC issues on IE 6: New IE download(Ajaxian)

IE7では、ガベージコレクション(GC)の問題は解消されているようですが、IE6でもGCの問題を解消するアップデートが提供されたとのこと。

Windows Updateでは提供されていないようなので、IE6ユーザにAjaxアプリケーションを使ってもらいたい場合に適用するとよさそうですね。

 

(2007.08.19追記)

2007/06/26時点で、下記のようなエントリーがあがっていますね。既にIE6は直ってる?また別の問題?

 

Tags: , ,

2007/08/17

YouTubeにケータイ動画をアップする方法の動画がありました

ふと、YouTubeの画面をながめていたら、「やってみよう。携帯からYouTube にアップロード! 」という文言が。

その動画の通りにケータイ動画をアップロードしてみると、なんの問題もなくアップロードが完了しました。

あ、使用したケータイは、FOMA SH902i です(ちと古い?)。

ついでなので、mixiのYouTube動画を貼り付ける機能も試してみましたが、こちらもOKでした。

動画を利用して、ちょっとした情報を共有するのもずいぶん簡単になりましたね。

 

やってみよう。携帯からYouTube にアップロード!
http://jp.youtube.com/watch?v=_u03eXpDnxg

 

2007/08/15

HTML5の情報を扱うサイトが登場した模様

HTML5.JP

W3Cで検討しているらしいHTML5についての情報を扱うサイトが登場した模様。

正直、HTML5なんてやめて欲しいのですが、情報はチェックする必要があるので、ありがたいサイトかも。

ただ、RSS配信はされてないので、はてなアンテナあたりで更新情報をチェックする必要があります。

 

■関連エントリー

 

Tags: ,

YUI Compressor - 新しいJavaScript圧縮ツール

Introducing the YUI Compressor(Julien Lecomte’s Blog) via Ajaxian

YUI Compressorは、今までとは違うJavaScript圧縮ツールとのこと。

私のヘタレな英語力によると、JSMinは安全だけれどもオプションがイマイチで、the Dojo compressorは、圧縮率は高いが安全ではないそうです。

そして、YUI Compressorは、JSMinと同じくらい安全で、the Dojo compressorよりも高い圧縮率を出せるようです。

Tests on the YUI library have shown savings of about 18% compared to JSMin and 10% compared to the Dojo compressor (these respectively become 10% and 5% after HTTP compression)

Introducing the YUI Compressor(Julien Lecomte’s Blog)』より

動作には、Java1.4以降が必要とのこと。

 

早速、prototype.jsで試してみました。

コマンドラインより、以下のように実行します。

java -jar yuicompressor-1.0.jar prototype.js

そうすると、prototype.jsと同じディレクトリにprototype-min.jsというファイルが作成されました。

prototype.jsの圧縮前は54KBで、圧縮後は33KBになったので、約39%の圧縮になります。

動作確認まではできていませんが、これはなかなかいいかも。

2007/08/13

GoogleがOfficeスイートを無料配布開始

Googleパック via ITpro and GIGAZINE

Googleが、Googleパックにて、Sunが有料で提供している「StarSuite」を無料で提供開始しました。

「Google Docs & Spreadsheetsは、Microsoft Officeと競合しない」とGoogleは言っていましたが、まともに競合するStarSuiteを無料提供するとは、Googleもすごいことをしますね。

IBMも、Lotus Notes/Domino 8から、オフィス文書の読み書きができるようになるようだし(参考)、Microsoftにはかなりの逆風かと。

とはいえ、過去の資産や顧客の関係で、企業内からMicrosoft Officeがなくなることはないでしょうが、Microsoft Office 2007が企業から受け入れられなかった場合は、どうなるのでしょう?

Microsoft Officeのシェアが大きく下がることもあるかもしれませんね。

とりあえず、キングソフトへのダメージは大きそうです。

 

で、折角なのでインストールして試してみました。

具体的なインストールの方法は、GIGAZINEの記事をご覧ください。

 

↓作成できるファイルの種類
StarSuite  

 

↓ツールバーにはGoogleの検索プラグインが入っています。
StarSuite

 

↓PDF出力機能が最初から付いているのはいい感じ。
StarSuite

 

開発マイルストーンを読み込んだところ、マクロはさすがに動かないですが、複雑な表もきれい表示されます。
StarSuite

 

↓プレゼンテーションツールには、アニメーション機能もあり結構いい感じ。簡単なPowerPointなら、アニメーションも含め普通に使えました。
StarSuite
 

 

Microsoft Office 2007のファイル形式には、まだ対応していないようですが、個人用途では、StarSuiteで十分ことが足りてしまいますね。

いやぁ、これはすごい。。。

 

日本語版Linuxコマンドチートシート

Unix/Linuxコマンドリファレンス(よたらぼ 保管庫) via FOSSwire via GIGAZINE

先日、GIGAZINEにて、Linuxコマンドチートシートが紹介されていましたが、その後、日本語版が公開されたようです。

これは便利!

Unix/Linuxコマンドリファレンス

 

2007/08/12

Jing - 手軽な動画キャプチャーソフト

Jing Project via 窓の杜

Jingは、手軽にデスクトップ上の操作を記録できる動画キャプチャーソフトで、FlashのSWF形式で保存されます。

静止画もキャプチャー可能で、PNG形式で保存できます。

動作には、.NET Framework3.0が必要とのこと。.NET Framework3.0がインストールされてない環境では、自動でダウンロード・インストールまでしてくれるようです。

実際にJingを使ってみましたが、確かに簡単に利用できて、いい感じです。

インターフェースがかなりユニークで、WPFで構築されているのかもしれません。

動画キャプチャーソフトとしては、他にも、「Wink」や「CamStudio」があります。

Winkは、キャプチャーした動画に説明を付けることもできたりするので、用途に合わせて、使い分けたいですね。

 

↓デスクトップの中央上に表示されるJingのメニュー
Jing

↓キャプチャー領域選択がかっこいい
Jing

↓操作メニューはキャプチャー領域の下に表示されるので分かりやすい
Jing

 

■関連エントリー

 

Sumatra PDF - 高速・軽量PDFビューア

Sumatra PDF via MOONGIFT

Sumatra PDFは、高速・軽量なPDFビューアです。

高速なPDFビューアとしては、Foxit Readerが有名ですが、Foxit Readerのファイルサイズが約4MBなのに対して、Sumatra PDFは803KBと超軽量です。

メニューも日本語対応されています。

まあ、機能面から言えば、Foxit Readerには見劣りしてしまいますが、Foxit Readerが拡張して重くなるときなどに備え、覚えておきたいツールですね。

 

Sumatra PDF

 

(余談)
FireFox2.0で、ブラウザのデフォルトPDFビューアを変更するには、ツール >> オプション >>  コンテンツ >> ファイルタイプ >> 管理 で設定を変更すればOKです。

 

■関連エントリー

 

Tags:

2007/08/10

Vistaのアップデートプログラムが公開された模様

Microsoft、Windows Vistaの大規模なアップデートを公開(PC Watch)

Microsoftが、Windows Vista用のアップデートプログラムを2つ公開したとのこと。

まだ、Windows Updateでは配布されていないようです。

アップデートは、「性能と信頼性を改善するアップデート(KB938979)」と「互換性と信頼性に関するもの(KB938194)」の2つ。

KB938979には、いくつかびっくりするような内容があります(記事より抜粋)。

  • AVIStreamWrite機能を使ってAVIファイルにデータを書き込むと、AVIファイルのヘッダが破壊される
  • 大きなサイズのファイルをコピー/移動すると、残り時間の計算に長い時間がかかり、実際より長い時間が表示される
  • オフラインファイルをサーバーに同期させると、オフラインファイルが破壊される
  • RAW形式の画像を編集すると画像が破壊される(キヤノンEOS 1D/1DS利用時に発生)
  • PCを休止状態から復帰させると、PCがデフォルトゲートウェイのアドレスを忘れる

 うーん。。。

Windows Vistaユーザは、早めに適用した方が無難かも。

 

・KB938979
http://support.microsoft.com/kb/938979/en-us

・KB938194
http://support.microsoft.com/kb/938194/en-us

 

■関連エントリー

 

Tags:

2007/08/09

Webサーバのシェアで、IISがApacheを猛追中?

Webサーバーソフトの世界シェア、首位のApacheをIISが猛追中(ITpro)

英ネットクラフトというところが2007年8月6日に発表した内容によると、Webサーバのシェアの1位はApacheで48.4%、2位はIIS(含むPWS)で34.2%とのこと。

ITproによれば、Apacheのシェアが下がり、IISのシェアが伸びていることから、このままの傾向が続けば、Apacheが首位の座を明け渡す可能性が高いそうです。

確かに、最近のIISは以前と比べるとセキュリティ面でよくなっているのでシェアが上がるのは分かるのですが、Apacheが首位を明け渡すとは考えにくいのですが。。。

ホスト単位で見ているのか、サイト単位で見ているのか、統計の取り方も気になるところです。

 

Tags: ,

2007/08/08

無料のアンチウィルスソフトの日本語版が登場したらしい

AVG Anti-Virus Free Edition via GIGAZINE

AVG Anti-Virus Free Editionの日本語版が登場したとのこと。

家庭内で個人・非商用に限り無料だそうです。

私も自宅でAVG Anti-Virus Free Editionの英語版を使用していますが、某ツールより軽いのでいい感じです。某ツールは、メモリが少ないマシンだとしんどいので。。。

ウィルスチェックがちょっと時間がかかりますが、まあ個人利用程度なら全然OKかと。

(2007.8.9)自宅で使っているのは別のツールでした。ボケをかましてすみません。。。orz

使用方法は、GIGAZINEの方で詳しく解説されていますので、そちらをご覧ください。

 

2007/08/07

プロジェクトマネジメント入門

プロジェクトマネジメント入門(ITpro)

ITproに、プロジェクトマネジメントの連載記事(全13回)のインデックスが。

2007年4月に作られたページのようですが、全く気づいていませんでした。。。

これは参考になりそうです。

 

Zendが企業向けCMSの日本語版を提供したとのこと

eZ publish(Zend) via @IT

ZendがPHPベースの企業向けCMSである、「eZ publish」の日本語版を提供開始したとのこと。

海外では有名企業などの実績があるようで、なかなか便利そうな機能もあるようです。

主な特徴は、Microsoft WordやOpenOfficeを用いたオフライン編集とコンテンツ公開機能、コンテンツのバージョン管理機能、WebDAVを用いたドラッグ&ドロップによるファイル管理機能、コンテンツ翻訳管理機能、各操作に対する権限機能を含むワークフロー機能など。

ゼンド、PHPベースの企業向けCMSを提供開始(@IT)』より

「eZ publish」は、GPLライセンスで配布されるオープンソース版と、有償サポート付きの商用版があるようですね。

で、動作環境は以下のようになっています。

■システム要件
OS: Linux、Windows 2000, XP および Win32 システムと互換性のある Windows
   UNIX: Solaris、HP-UX、FreeBSD など
   Max OS X
Web サーバ: Apache 1.3 および 2.x
Web スクリプト: PHP バージョン 4.4 以上
DB : MySQL バージョン3.23 以上あるいは、PostgreSQL バージョン 7.3 以上

eZ publish(Zend)』より

これは結構よいかも。

 

Tags: ,

2007/08/06

Webサイトのボタンは、buttonタグを使うといいらしい

buttonタグでサブミットするあれこれ(Unoh Labs)

Webサイトでボタンを作成するには、buttonタグを使うとよいというお話。

Webデザイナーの方は、ボタン1つにもこだわっているんだなぁと感心です。

 

2007/08/03

Vistaのパフォーマンスを向上させるパッチが提供されるかも

Microsoft,「Windows Vista」のパフォーマンス向上パッチを公開へ(ITpro)

Windows Vistaのパフォーマンスを向上させるパッチが、8月の月例パッチ「Patch Tuesday」で公開される「可能性」があるとのこと。

Windows Vistaは、大量データのコピーや移動のパフォーマンスが悪いらしく、そのためのパッチのようです。

気づいていませんでしたが。。。

 

Tags:

2007/08/02

UMLツールはVisioが人気らしい

UMLツール比較 -- 日経SYSMTEMS調査(An Agile Way)

2007年6月号の「日経SYSTEMS」によれば、分析・設計で一番使われているUMLツールはVisio(22.6%)とのこと。

これはびっくり。

VisioでUMLは、かなり根性がいるのでは?

まあ、会社のルールで仕方なくというのが見えてきますが。。。

 

■関連エントリー

 

Tags:

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから