2007/08/28

ASP.NET モバイルセミナーに行ってきました


MSDNオフラインセミナー:ASP.NET モバイル Web アプリケーション再入門
日時:2007/08/27 18:30~20:00
場所:小田急ホテルセンチュリーサザンタワー

ASP.NETでモバイルサイトを作るにはどうすればよいのかを知りたいと思い、セミナーに参加してきました。

ASP.NETでモバイルサイトを作れば、デバイスの違いを気にしなくていいという期待がありましたが、さすがにそれはないようです。

ASP.NET1.xのころは、Micorsoftでモバイルデバイスのアップデートを行っていたのですが、今は自分でモバイルデバイス用の設定を作らなくてはいけません。

また、標準で用意されている機能より凝ったことをしようとすると、とたんに難しくなるようです(既存コントロールの拡張とか)。 

モバイルデバイスに合わせたタグを自動出力してくれるのはありがたいのですが、凝ったことをするにはその自動処理の仕組みも理解する必要がありそうです。

以下、備忘録メモ。 

■ASP.NETモバイルのプロジェクトの作成方法

ASP.NET モバイルは、VSのバージョンによって作成方法が異なる。

  • VS.NET2002
    • Mobile Internet Toolkit をインストール
    • 「ASP.NET モバイルWebアプリケーション」でプロジェクト作成
  • VS.NET2003
    • 「ASP.NET モバイルWebアプリケーション」でプロジェクト作成
  • VS2005
    • 「新しいWebサイト」でプロジェクト作成
    • 「新しい項目の追加」で下記を追加
      • モバイルWebフォーム
      • モバイルWeb構成ファイル

■ASP.NET モバイルの特徴

  • 1ページに複数のフォームを並べることが可能
  • モバイルデバイスに対応したマークアップを自動出力
  • モバイルデバイスごとに処理を変更可能

■モバイルWebコントロール

■独自コントロールの作成

独自にコントロールを作るには、以下の2つの方法がある。

  • ユーザーコントロール
  • カスタムコントロール

■既存のコントロールの拡張

できなくはないが、デバイスアダプタを作成する必要があり、かなり難しそう。

■モバイルデバイス

モバイルデバイスの扱いについては、@ITの下記連載を参照。セミナーの方が詳しいが割愛。

機種情報の追加情報。

モバイルデバイスの機種情報。

 ユーザエージェント情報。

 機種情報。

エミュレータ。

■実機検証

Soft Bankでは「Soft Bank Solution Provider(SSP)」になれば、無料で検証センターを使用できるらしい。

有料だが「ケータイラボ」だと、テスト用の実機を貸し出ししてくれるらしい。これはいいかも。

■関連サイト

■関連エントリー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから