2007/07/08

HTML5ではXHTML1.0にも変更が入るらしい


HTML 5により見直されるXHTML(Web標準Blog)

上記記事によると、現在のXHTMLのMIMEタイプは”application/xhtml+xml”が規定されているけれど、IEが対応していないため、”text/html”がXTHMLで主に使用されているとのこと。

MIMEタイプが”text/html”だと、XHTMLだとブラウザが解釈しないため、XMLエラー検証を行わない問題があるそうです。

HTML5では、XTHMLのMIMEタイプは”application/xhtml+xml”だけになるため、こういった問題は起こらなくなるようですね。

しかし、既存のブラウザが対応しないことには、普及しない気がしますが。。。

ちょっと気になったのがこのくだり。

SVGを埋め込んだりXSLTを使うなどXMLとして扱いたい場合にのみXHTMLを使用し、通常のWebサイトやWebアプリケーションはHTMLを用いるよう促しています。

Web標準準拠ということで、無理してHTML4.01から XHTML1.0へ移行したWebサイトもあると思うのですが、そういったサイトはどうなるのでしょうね。

 

■関連エントリー

 

Tags:

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから