2007/06/19

QT Address Bar - XPでVistaライクなエクスプローラのアドレスバーを使えるツール


QT Address Barは、Windows XP で、Windows Vistaのようなエクスプローラのアドレスバーを使用できるようにするツールです。

動作には、.NET Framework 2.0以上が必要になります。

言葉で説明しても分かりにくいので、スナップショットを見ていきます。

まず、エクスプローラで「QT Address Bar」を表示すると、下図のようになります。なお、アドレスバーは非表示にしています。

img1

フォルダ名が、それぞれ独立して表示されていますね。

このフォルダ名をクリックするだけで、カレントパスを移動できるので、今までのように「上へ」移動することなく、簡単にパスを切り替えることが出来ます。

 

また、フォルダ名の横のドロップダウンメニューを表示すると、そのフォルダと同じ階層にあるフォルダ一覧が表示されるので、移動がさらに楽になります。

QT Address Bar

 

QT Address Barの余白部分をクリックすると、下図のようにパスが表示されるので、パスの取得なども通常のエクスプローラと同様に行うことが出来ます。

QT Address Bar

 

QT Address Barのいいところは、エクスプローラのアドレスバーを置き換えるのではなく、追加機能になるので、気楽に試せる点でしょうか。

これは、なかなかいい感じです。

 

↓ダウンロードはこちらから

とりあえずのページ
http://members.at.infoseek.co.jp/Quizo/freeware/

 

■参考サイト

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから