2007/06/22

ソフトウェアテストでマインドマップを使うといいらしい


ソフトウェアテストとマインドマップのちょっとイイ関係(gihyo.jp)

この記事は、なかなか興味深いです。

システム仕様書や基本仕様書は,複数人の設計者がよってたかって,頭を使うだけ使って,再三にわたるレビューをくぐり抜けた末に,ようやくできあがります。まさに設計者の英知の結晶とも言えるでしょう。

つまり,テストではある意味設計者以上に「よーっく考える」ということが大事なのですが,この「よーっく考える」というプロセスはマインドマップとちょっとイイ関係なのです。

テスターは、設計者よりも「よーっく考える」ことが必要で、テストを行うにはマインドマップが良い感じだそうです。

で、マインドマップがテスト時の「モデリング支援ツール」になるという発想がおもしろいですね。

テストでモデリングするとは、今まで考えたことがないですが、ちょっと試してみたいですね。

 

 

■関連エントリー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから