2007/06/07

.NET Framework 3.0によるサーバアプリケーション開発セミナーに行ってきました


MSDNオフラインセミナー:.NET Framework 3.0によるサーバアプリケーション開発セミナー
日時:2007/06/06 18:30~20:00
場所:小田急ホテルセンチュリーサザンタワー

.NET Framework 3.0のセミナーがあるという事で、行ってまいりました。

本日の講師の方は、松崎剛さんです。

いやぁ、今日の内容は難しかったですw

多分、VS2005を使って、エンタープライズの分散システムを開発しているような方にはピンとくると思うのですが、私のようなヘタレではなかなか厳しい内容でした。

なので、備忘録メモを残しますが、間違いがあった際にはご勘弁ください。

 

■.NET Framework 3.0概要

システムの可変の部分と不変の部分を切り分け、可変の部分をリプレース可能な仕組みを作るという考え方。

 今までのMicrosoftの製品のように、「使えば便利になる」とは限らず、「どこで使うか」が大事になってくる。間違って適用すると、コスト増につながりかねない。

「WS-*アーキテクチャ」の中の「WS-Atomic Transaction」を使用すると、Webサービスをトランザクションに参加させることができる。

Windows Server 2008では、ファイル更新をトランザクションに参加させることができるが、Windows Vistaでも実はできる。

 

■Windows Communication Foundation (WCF)

今までの開発では、通信方法が変わるとプログラムも変更する必要があったが、WCFではプログラムは通信方法に依存しない。設定ファイルを変更するだけで、通信方法を変更できる。

 

■Windows Workflow Foundation (WF)

WFはモデル駆動でプロセスを記述できる。デザイナ上でモデルを変更すれば、フローを変更することができる。

WFは、通常のアプリケーションの内部にも組み込むことができる。

WFのエンジンは空っぽのフレームワークのようなもの。

よく使用するようなアクティビティは用意されているが、独自のアクティビティも作成することができる。

WFが製品ではなく、.NET Framework 3.0に組み込まれたのは、WF自体がフレームワークで、システムのどこででも使用できる性質であるため(らしい)。

 

■連携テクノロジー

Orcas (Visual Studio 2008)では、WCF/WFを組み合わせた開発が簡単に行えるようになる。

WCFはAJAXとも連携が可能。ブラウザから直接、AJAXの通信でWCFを呼び出せる。そのため、PHPなどからもWCFを呼び出せる。

 

■感想

WCFやWFを活用すると、今までより柔軟なシステムを構築することができるだろうと思いました。

ただ、システムの全容をつかみ、適切に技術を適用するのは、結構大変だろうとも思いました。

WCFやWFは使わなくても、今までと同様の開発はできますが、今後のことを考えるのなら、取り組む必要および価値があるものだと感じます。

 

■関連サイト(Microsoft関連)

 

■関連サイト(その他)

 

■関連セミナー

 

#関連セミナーをまとめてて、自分でもよく行くよと思ったりしてw

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

TMaruと申します。
私も当セミナーに参加しました。
> VS2005を使って、エンタープライズの分散システムを開発している
> ような方にはピンとくると思うのですが、
私は、分散システムの経験や知識が皆無なので
感覚的にしか掴めなかったのですが、
WCFに関しては中規模の業務システムのサーバ-クライアント間のやりとりで
生かす事例がないかな、と探しています。
#第38回MSDNオフラインでWebサービスについての話がありましたので、
#そう思いました。
具体的でないですが、思ったことを書かせて頂きました。
備忘録メモ、参考になりました。

TMaruさん、コメントありがとうございます!

確かに、WCFを中規模業務システムの適用する可能性はありますよね。

というより、Windows Server 2008以降の開発では、サーバサイドは全てWCFへ移行する方が効率がよいと思ったりします。

ただ、WCFを生かすために学ぶべき内容が、かなり膨大かつ高度であることが厳しいところですが。。。

まあ、今後の業務システム開発は、より抽象化された世界に移行するのでしょうから、ここは踏ん張りどころかもしれませんね。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから