2007/06/29

Microsoftのサイトが、Windows Server 2008 に移行したらしい


Microsoft,自サイトのサーバー環境を「Windows Server 2008」に移行(ITpro)

Microsoftが、自社のWebサイトのサーバを、80台のうち79台を Windows Server 2008 に移行したとのこと(1台は比較検証用)。

アプリケーションの互換性が高いようで、350種類のうちコード修正をしたのは1つのみで、「IIS6 Metabase Compatibility」層とやらをインストールしたら、古いスクリプトもそのまま動作したそうです。

ふーむ。なかなかいい感じ。

Windows Server 2008では、サーバコアやWCFなどおもしろそうな機能があるので、Microsoft自身が実績を作ってくれると、導入しやすくなりますね。

MicrosoftのWebサーバが、80台しかないというのが意外でしたが。。。

アメリカだけなんでしょうかね?

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから