2007/05/17

WebLOAD - オープンソースのWeb負荷ツール


オープンソース戦略により、無償で使えるようになった負荷テストツール(ウノウラボ Unoh Labs)

上記の記事によると、もともと商用だったWebLOADがオープンソース化され、機能制限はあるけれども無償で利用できるようになったとのことです。

こういうのはありがたいですね。

商用の負荷ツールはかなり高いですし。

そういえば、MicrosoftもWeb Application Stress ToolというフリーのWeb負荷ツールを提供していましたね。

 

WebLOAD(SourceForge.net)
http://sourceforge.net/projects/webload/

Web Application Stress Tool(Microsoft)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=E2C0585A-062A-439E-A67D-75A89AA36495&displaylang=en

Web Application Stress Tool を使い倒そう!
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/2627/index.html

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

Javaで動くJmeterっていうのもあります。
どこでも動くし、コマンドでも結構重宝しますね。

>>earuさん

Jmeterって負荷ツールとして使えるんですか。
名前からリソース状況のモニタリングに使用するものとばかり思っていました。
情報ありがとうございます。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから