2007/05/31

Google Gears を使えばローカルで動作するWebアプリが構築できる模様


Googleが、2007年5月31日に、ローカルでWebアプリケーションを動作させることが可能になる「Google Gears」というプラットフォームを発表したとのこと。

Google Gearsに対応したWebアプリケーションであれば、ネットワークが接続されていなくても問題なく作業ができるようですね。既に、「Google Reader」は対応済みだそうです。

動作原理は、こんな感じ。

Google Gearsではローカルサーバ機能、データベース保存機能、アプリケーションの動作領域といった3つのAPIを組み合わせた。Google Gearsを拡張機能としてブラウザにインストールすれば、ローカルサーバにHTMLや画像ファイル、JavaScriptなどを保存するとともに、Webサイト側のサーバが管理していたデータベースをブラウザ側に保存するようになる。利用するWebアプリがGoogle Gearsに対応していれば、ローカルPC内だけでWebアプリとデータベースの“通信”ができるようになるため、オフラインでも利用できるというわけだ。

Webブラウザの限界に挑戦――オフラインでもGoogleが利用可能に (ITmedia Biz.ID)』より

 うーん。これは便利かも。

ApolloやSilverlightが注目を集める中、Googleはこんな技術を開発してたんですねぇ。

さすがです。

なお、Google Gearsは、現在ベータ版で、Windows XP/Vista 上の、IE6以降かFireFox1.5以降が動作環境になっています。

 

Google Gears (BETA)
http://gears.google.com/

 

■参考サイト

 

 

Tags: ,

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから