2007/04/11

WPFセミナーに行ってきました


Microsoftセミナー:Windows Vista アプリケーション開発 WPF編
日時:2007/04/11 10:00~17:00
場所:新宿NSビル

次世代のデスクトップアプリケーションの技術として注目されている、WPF(Windows Presentation Foundation)のセミナーに行ってきました。

本日の講師の方は、NECラーニングの山崎明子さんです。以前のセミナーの報告でも書きましたが、書籍も出版されていて、人気のある講師の方のようです。

Microsoftのセミナーは、こういった普段お会いできないような方々のお話を聞けるというのがいいですね。

欲を言えば、mstepのセミナーも、MSDNオフラインのように講師の方が事前に分かるとうれしかったりします。まあ、いろいろ難しいこともありそうですが。

さて、セミナーのテーマであるWPFの特徴は、こんな感じかと。

  • Flash並みのインターフェースを持ったアプリケーションを簡単に構築できる
    • XAMLというXMLファイルに記述するだけで、かなり高度なデザインができる
    • アニメーションや3Dも可能
  • デザイナと開発者の完全な協業が可能
    • JSPのように、デザイナが作成したHTMLを、開発者がJSPに書き直すような作業がない
    • デザイナが作成したデザイン(XAML)を、直接、開発者が使用できる
    • また、開発中であっても、デザイナがXAMLを変更しても問題なし
  • WPFはWindowsアプリケーションだが、下記の特徴も持つ
    • ClickOnceによる配置が可能
    • Windowsフォームと同等のことが出来る
    • .xbapという形式で、WPFアプリをWeb上に展開することが可能
      • セキュリティ上の制約はあり(サンドボックス)

また、WPFは、既存システムとの相互運用もできます。

具体的には、WPFの中にWindowsフォームやASP.NETやActiveXなども組み込むことができます。 既存技術との組み合わせ方によっては、大変なことになるので事前の調査は必要です。

まあ、現時点ではツールが出そろっていないなども課題もありますが、今後はMicrosoftベースのWindowsアプリケーションはWPFに移行していくでしょうね。

しかし、最近の技術の多さはすごいですね。。。

 

◇オンラインリソース

 

◇関連セミナー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

>しかし、最近の技術の多さはすごいですね。。。

まったくその通りです。
[新技術の発芽のスピード]>[淘汰のスピード]あるいは、
[新技術の発芽のスピード]>[定着(普及)のスピード]なんですね。

ただコンセプトや方向性といった面では共通性が多く、枝葉的な部分でバラエティがあるように見受けられます。(その枝葉部分が大事なのですが)

いずれにしても業界として淘汰をしない、というのであれば個々のプレイヤがそれぞれの判断基準をもって選択していかないといけないですね。

さて、どこに進みましょうか。

mi2rさん。コメントありがとうございます!

>さて、どこに進みましょうか。

なかなか難しいテーマで、一概にこうだとは言えませんが、各自または各組織が置かれている状況によって決まってくるでしょうね。

規模が大きいエンタープライズ系のシステム開発では、開発要員のスキルのブレがあっても、ある程度の開発生産性を維持できるような開発ツールを持つベンダーが提供する技術を採用することが多いでしょうね。

一方、スピードやコストが重視されるWeb系のシステム開発で、スキルの高い要員がそろっている場合はオープンソースベースを選択するケースが多いと思います。

個人的には、Microsoftが志向するアーキテクチャを主体とした開発スタイルはとても興味があります。Software Factoryあたりは、とてもおもしろい考え方ですね。

一方、Web2.0あたりでより顕著になってきましたが、オープンソースの世界のスピードと自由さも魅力的です。

ですので、しばらくはオープンソース系の技術を身につけながら、Microsoftが打ち出すアーキテクチャの考え方と技術も身につけようかと思ってます。

メチャクチャ大変で、正直追いついていませんが(笑)。


コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから