2007/04/04

SNSフレームワークのThriftがオープンソースになったとのこと


巨大SNSを支える多言語混在RPC開発フレームワーク“Thrift”(@IT)

全米でトラフィックが6位のSNSサイト「Facebook」のコアモジュールである「Thrift」がオープンソースとして公開された模様。

なんか、C++、Java、Python、PHP、Rubyなどに対応しているようなのですが、どういう仕組みなんでしょう?

でも、おもしろそう。

ライセンスは、「Thrift Software License」という独自ライセンスで、記事によるとGPLに似ているっぽいです。

 

Thrift(Facebook Developers)
http://developers.facebook.com/thrift/

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから