2007/04/17

MicrosoftのWPF/Eが「Silverlight」の名前で発表された模様


MS、Flashキラーの新技術「Silverlight」発表(@IT)

今まで、WPF/Eと呼ばれていたMicrosoftの技術が、「Microsoft Silverlight」として発表されたようです。

Silverlightって、ブラウザ用のメディア再生プラグインなんですね。

対応ブラウザは、IE, FireFox, Safari など各種ブラウザとなってます。

Operaは違うのでしょうか?

ASP.NET AJAX のサポート対象ブラウザにもOperaが入ってなかったと思いましたが、MicrosoftはOperaがあまり好きではないのでしょうか。。。

まあ、それはともかく、Silverlightの今後の動向には注目ですね。

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから