« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007/04/27

goo mix - gooラボ提供の新しい検索インターフェース

gooが新しい検索インタフェースを公開(ITpro)

gooラボで、新しい検索インターフェースを持った「goo mix」が公開されています。

検索結果は、下記の内容を1画面で表示することができます。

  • ウェブ検索
  • ブログ検索
  • 教えて! goo
  • 画像検索
  • 動画検索

検索結果に表示したい内容を自由に選択でき、検索結果を表示したい場所もドラッグ&ドロップで変更できます。

Ajaxが結構使われてます。

この「goo mix」は、1つのテーマを複合的に調べたいときなどにかなり重宝しそうですね。

 

goo mix

goo mix
http://labs.goo.ne.jp/UI/mix/

 

OSSメッセージペディア - Linuxのエラーの意味や対処法を検索できるサイト

Linuxでのエラーの意味や対処法を検索できるサイト「OSSメッセージペディア」公開(ITpro)

Linuxでエラーなんか表示されると、私なんかではかなり苦しいものがありますが、 「OSSメッセージペディア」では、Linuxのエラーの意味や対処方法を検索することができるとのこと。

サイトを見に行くと、検索するだけではなく、調べて欲しいエラーの内容も登録ができ、協力団体や貢献者の方により調査がされるようです。

これは、便利なサイトですね。

OSSメッセージペディア

 

OSSメッセージペディア
http://ossmpedia.org/

 

Tags:

2007/04/26

HTMLの最適化を最大にするTips

Optimize HTML size to the MAX

上記サイトで、HTMLの最適化を最大にする8つのTipsが紹介されています。

なんちゃってまとめですので、正確なことは元記事をご参照ください。

基本的に、以下の2つのスタンスで最適化をするようです。

  • ユーザへのレスポンス回数を減らす
  • データ転送量を少なくする

1. Rename your images

イメージファイルの名前を短くしましょう。

  • ファイル名の変更
    • "myarticlerating.png" → "r.png"
  • フォルダ名の変更も忘れずに
    • "images/" → "i/"

2. Use short CSS selectors

CSSのセレクタの名称を短くしましょう。

  • “.aredparagraph” →“.arp”
  • “.thisclassisblue” → “.tcb”

3. Use a CSS compressor

CSS圧縮ツールを使いましょう。

例えば、CLEANCSS があります。

4. PNG is not always the format to choose

 PNGはいつでも最適な選択ではありません。

容量を抑えたいときは、GIFを使うことも考慮しましょう。

5. Rename your JavaScript functions and compact your .js files

JavaScriptの関数名を短くしましょう。

  • “ratearticle” → "r"

JavaScriptファイルを圧縮しましょう。

JavaScript圧縮ツールには、minifyがあります。

6. Include only what is needed

JavaScriptは必要な分だけ読み込みましょう。

ログイン後の機能を、ログイン前に読み込む必要はありません。

7. Use PHP or HTML Tidy

Tidyを使って、ブラウザのレンダリングに不要なデータを削除しましょう。

PHPからTidyを使用することもできる?(←今いち不明)

8. Use GZIP compression

GZIP圧縮を使いましょう。

IISはこちら、Apacheはこちらを参照してください。

 

この対応により、10万ページビューのサイトで、通信量が1日当たり1.4GBも圧縮でき、月間では43GBも圧縮できたそうです。

力技な部分もありますが、パフォーマンス向上のヒントにしたいですね。

 

◇関連エントリー

 

2007/04/25

マイクロソフト アーキテクト フォーラム 2007に行ってきました

マイクロソフト アーキテクト フォーラム 2007
日時:2007/04/25 13:00~18:15
場所:八芳園

今日は、Microsoftのアーキテクト フォーラムに行ってきました。

フォーラムでは、3つのセッションと特別対談があったのですが、Microsoft本社のアーキテクチャのディレクターの方や、IBMの榊原 彰氏という贅沢な講師陣でした。

フォーラムのセッションはこんな感じです。

  • Session1
    • Enterprise Software + Service
    • Web2.0がエンタープライズを変える~ソフトウェア プラス サービス
  • Session2
    • Patterns for Service Oriented Architecture
  • Session3
    • User Experience for Architecture
    • マイクロソフト プラットフォーム上で利用可能なユーザエクスペリエンステクノロジ
  • 特別対談
    • 第一部
      • ビジネスにアーキテクトはどのように貢献できるか?
    • 第二部
      • 私のアーキテクトへの道
      • 我はかくしてアーキテクトになりにけり

 

 おもしろい内容がたくさんあったのですが、いくつかの興味深いトピックのみご紹介します。

■ Software + Service (S + S)

最近、SaaS, SOA, Web2.0 などのトレンドがありますが、これからはWebオンリーではいけないし、ローカルソフトウェアだけでもだめで、両方を状況に応じて使い分けていくことが重要とのことです。

Microsoftは、この辺を「Software + Service (S + S)」というビジョンを持って対応していくとのことです。

 

■ペルソナ法

ペルソナ法は、ユーザインターフェース(UI)を考える時に使用する手法です。

ペルソナ法では、仮想のユーザの詳細なプロフィールを3~7人程度作成し、このUIは仮想のユーザが使いやすいかシミュレーションして、最適なUIを導き出します。

ネットを検索しましたが、まだ日本ではそれほどメジャーではないようで、詳しい情報までは見つかりませんでした。英語の情報はあるようですが。。。

 

■Rapid Iterative Testing and Evaluation (RITE)

RITEは、ゲームの世界で用いられているテスト手法で、製品の品質を高めることができるようです。

特徴的なのが、テスターが何人いても、同時にテストを行うのは1人のみで、そこで上がった不具合を修正した後に、次のテスターがテストを開始するというやり方です。

これだと、期間は多少長くなりそうな気がしますが、テストに参加するテスターの数は変わらないし、製品の品質が向上することが研究で明らかにされているとのことです。

RITEについては、日本語の情報は全く見つかりませんでした。

 

■IBM 榊原 彰氏のお話

IBMの榊原さんは、書籍も出版されていて、かなり有名な方のようですね(Googleの結果)。

驚いたのが、IBM本社の技術ストラテジーの作成までされているとのことです。

その榊原さんが、UMLの生みの親の1人であるランボー氏がメンターの時に言われたという言葉が印象的でした。

Architecture is decision.

 他にも有用で楽しいお話が聞けたので、参加してよかったです。

 

◇オンラインリソース

 

2007/04/24

Vista Ultimateのサポート期間が5年間短縮?

Vista Ultimateのサポート期間、5年間の短縮が確実に(ITpro)

Vista Uitimateのサポート期間が、当初の2017年4月11から2012年4月10日に5年間も短縮される模様。

Vista Utimateの利用者は主に一般消費者とのことのようですが、はてはて、これは一体?

Windows XP Home Editionのサポート期間が2014年ということなので、新しいOSの方がサポート期間が短いという妙な現象が起きています。

Microsoftの日本法人は、米国本社にサポート期間の延長を働きかけているようですが、これはVista Ultimateを購入したユーザは、かなり怒るでしょうね。

 

Tags: ,

2007/04/23

Office2007のファイルを旧Officeで編集するツールが公開されています

MS、Office 2007のファイルを旧Officeで編集できるパッチを公開(CodeZine)

Office2007からはファイル形式が変更になったため、古いバージョンのOfficeでは開くことができませんが、古いOfficeからOffice2007のファイルを編集可能にするツールがMicrosoftから公開されたとのこと。

便利ですね、これは。

なお、インストールには下記のような注意点があるとのことですので、お気をつけください。

インストールにあたってはWindows Updateを利用し、最新の更新プログラムをすべてインストールしておくことが推奨されている。

 

Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=941b3470-3ae9-4aee-8f43-c6bb74cd1466

 

Printer Compatibility Library - VB6の印刷プログラムをVB2005でそのまま使うためのライブラリ

アップグレード・ウィザードもお手上げ? VB 6と.NETの印刷の違い(@IT)

上記の記事によると、VB6で作成した印刷プログラムは、.NETへのアップグレードウィザードを使用しても変換されないため、基本的には作り直しになるようです。

しかし、Microsoftから「Printer Compatibility Library 1.0」というものが無償で提供されていて、これを使用すれば、VB6の印刷プログラムがVB2005でも「ほぼ」そのまま動作するとのこと。

意外と需要がありそうなので、とりあえずご紹介まで。

 

Printer Compatibility Library 1.0
http://msdn2.microsoft.com/en-us/vbasic/bb219077.aspx

 

Tags: ,

2007/04/22

サイトのどの部分がたくさんクリックされたのか画像で分析できるツール

The definitive heatmap(Corunet. El blog)

先日、サイトのどの部分がたくさんクリックされたか画像で分析できる「ClickHeat」というツールをご紹介しましたが、上記サイトで同様のツールが公開されています。

ログ収集は、ブラウザサイドはJavaScriptで、サーバサイドはApacheのモジュールのmod_imapを使用するようです。

ログ解析は、Rubyでログから画像生成後、Bookmarkletに入れたJavaScriptでオーバーレイのように、サイトの画面に重ね合わせる模様。

サイト分析をする際には、こういった需要が結構あるんでしょうね。

なお、ライセンスはMITライセンスとのことです。

The definitive heatmap

 

Efficient JavaScript - 効率的なJavScript 日本語訳

EfficientJavaScript - Dev.Opera - 効率的な JavaScript

上記サイトで、JavaScriptのパフォーマンス向上のためのTipsが紹介されています。

内容は、Opera.Devの"Efficient JavaScript"の日本語訳とのこと。

JavaScriptのパフォーマンス向上のヒントにどうぞ。

 

・参考サイト

 

2007/04/20

livedoor Reader がさらに高速化してるらしい

日本最速RSSリーダー「livedoor Reader」がさらに高速化(CodeZine)

普段から、RSSリーダーとしてlivedoor Readerを使っていますが、日本最速RSSリーダーだとは知りませんでした。。。

そのlivedoor Readerが、この度サーバ増強したことで、3月中旬と比べると、なんとレスポンス速度が6倍になり、記事の閲覧に1秒かからないことがほとんどのようです。

言われてみれば、ネットワークが遅いとは思うことはありますが、livedoor Readerが遅いとはあまり思ったことがないですね。

livedoor Readerは、速度だけでなくclip機能も便利ですし、なかなかいい感じです。

 

livedoor Reader
http://reader.livedoor.com/

 

Tags: ,

2007/04/19

Google Spreadsheetsにグラフなど4つの新機能が追加されました

Google Spreadsheetsに新機能 関数、グラフウィザード、コメント(CodeZine)

Google Spreadsheetsに、以下の4機能が追加になったとのこと。

  • 数式タブ
  • グラフウィザード
  • コメント機能
  • ウェブ検索機能

とうとうグラフ機能が付きましたね。

2007年の夏頃に、プレゼンツールも登場するようなので(こちら)、本当にGoogle Officeという感じになってきましたね。

さて、折角なのでグラフウィザード機能を使ってみました。

まずは、グラフ設定画面。なかなかキレイ。

グラフ設定画面

作成できるグラフは以下の5種類。

  • 縦棒グラフ
  • 横棒グラフ
  • 折れ線グラフ
  • 円グラフ
  • 散布図

各グラフには、たくさんのパターンがあります。

・縦棒グラフ
縦棒グラフ

・横棒グラフ
横棒グラフ

・折れ線グラフ
折れ線グラフ

・円グラフ
円グラフ

・散布図
散布図

それで、できあがったグラフはこんな感じです。

グラフをダブルクリックすると、再編集も可能です。

うーん。これはすごい。

ただ、現状では日本語がグラフでうまく表示できないようです。

しかし、オンラインでここまで出来て、他のユーザとも共同編集ができるなら、仕事の内容次第では本当にGoogleだけでまかなえてしまいますね。

 

Tags:

Compress Your JavaScript - オンラインJavaScript圧縮ツール

Compress Your JavaScript (Code and Coffee)

Compress Your JavaScriptは、オンラインでJavaScriptの圧縮ができるツールです。

圧縮レベルは、Low, Medium, Highの3つのレベルから選択でき、圧縮率や圧縮前後のサイズも表示されます。

最近、オンラインでJavaScriptを圧縮できるツールが増えていますが、オンライン上のツールはいつなくなるか分からないので、選択肢が増えるのはありがたいですね。

Compress Your JavaScript

 

Ajax MGraph - prototype.jsベースのJavaScriptグラフ表示ライブラリ

Ajax MGraph

Ajax MGraphは、prototype.jsベースのJavaScriptグラフ表示ライブラリです。

表示できるグラフは縦棒グラフだけですが、これがなかなかキレイ。

こんな感じです。

Ajax MGraph

実際に自分でも試してみましたが、ソースをちょっと加工しないとうまく動かせませんでした。

折角なので、使い方も書いておきます。

ソースはPHPのプログラムの結果をデータとして使いますが、ここではJSONを使うように修正します。

まずは、graphM.prototype.jsの45行目をJSONのファイルを読み込むように変更します。

new Ajax.Request('number_generator.json', {

 そして、graphM.prototype.jsの60~64行目の内容を日本語用に書き換えます。

$('ag-dump').innerHTML+=g.returnHTML;
$('ag-head').update('グラフのバーの上にマウスを乗せると値が表示されます。');
$('ag-max').update('最大値: '+g.max);
$('ag-min').update('最小値: '+g.min);
$('ag-avg').update('平均値: '+g.avg);

 読み込みデータは、number_generator.jsonというファイル名で、次のようにJSON形式で作成します。

{
  "num":[591,372,900,144,376,18,671,163,323,480,136,322],
  "xTitle":["1月","2月","3月","4月","5月","6月","7月","8月","9月","10月","11月","12月"],
  "msg":"Success"
}

それからHTMLを次のように作成します。

<html>
<head>
  <link rel="stylesheet" type="text/css" media="screen" href="agGraph.css" />
  <script type='text/javascript' src='prototype.js'></script>
  <script type='text/javascript' src='graphM.prototype.js'></script>
  <script type='text/javascript'>
    function init() {
      agGraphDivID='resultDiv';
      agGraphShowNote='yes'; // yes,or no 
      agGraphNoteTitle='2006年度売上実績'; 
      agGraphNoteText='6月の売上が極端に落ち込んでいます。'; 
    }
  </script>
</head>
<body onload="init()">
<input type="button" value="Generate Graph" id="startButton" onclick="draw();" />
<div id="resultDiv"/>
</body>
</html>

 実行結果です。

Ajax MGraph実験

グラフにマウスを乗せると、グラフの色が変わり値が表示されます。

Ajax MGraph実験

ちょっと使うのに工夫がいりますが、画面もキレイだしなかなか使えそうなライブラリですね。

なお、ライセンスはMITライセンスとのことです。

 

2007/04/18

VMX-Editorベータ版 - VMWare Playerのイメージを作成するフリーツール

「VMware Player」用の仮想PCを作成できるフリーソフト「VMX-Editor」β版(窓の杜)

以前、VMWareのイメージを作成するツールとして「VMX Builder」をご紹介しましたが、「VMX-Editor」というツールがベータ版でリリースされたとのことです。

動作には、.NET Frameworkが必要とのこと。

とりあえず、.NET Framework2.0の環境で動きました。

なお、ディスクサイズの変更には、QEMUが必要とのことです。

今後のバージョンアップの予定がないのは、ちょっと残念ですね。

 

・co.の自作ソフトサポートルーム
http://softsupport.seesaa.net/

・VMX-Editorダウンロードページ
http://softsupport.seesaa.net/article/37119124.html

・QEMU on Windows
http://www1.interq.or.jp/~t-takeda/qemu/

・VMWare Player
http://www.vmware.com/ja/products/player/

 

Tags:

GigaReader - 大容量のテキストファイルを1MB単位で読み込めるツール

ログファイルなど巨大なテキストファイルを1MBずつ表示できる「GigaReader」(窓の杜)

GigaReaderは、容量の大きなテキストファイルの任意の位置から1MB単位で読み込めるナイスなツールです。

よく大容量のテキストファイルの後ろだけみたいということがありますが、今までこういうツールが見つからなかったので、このツールは非常にありがたいですね。

なお、このツールは非商用目的の個人利用に限り利用可能で、商用利用時は連絡が必要とのことです。

Sayox Soft(作者サイト)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~sayox/

lightWindow - FlashやPDFも表示できるWindow表示JavaScriptライブラリ

lightWindow Demo

lightWindowは、prototype.jsとscript.aculo.usをベースにしたLightBox風のWindow表示ライブラリです。

lightWindowのすごいところは、LightBoxのようにイメージギャラリーを表示できるだけでなく、Movie,Flash,PDFなどのコンテンツも表示できるところです。

外部にあるサイトやイメージも表示できるようです。

ライセンスも、MITライセンスですし、これはなかなか便利なライブラリですね。

・PDFを表示(IE7)

lightWindow

・イメージギャラリー

 

2007/04/17

MicrosoftのWPF/Eが「Silverlight」の名前で発表された模様

MS、Flashキラーの新技術「Silverlight」発表(@IT)

今まで、WPF/Eと呼ばれていたMicrosoftの技術が、「Microsoft Silverlight」として発表されたようです。

Silverlightって、ブラウザ用のメディア再生プラグインなんですね。

対応ブラウザは、IE, FireFox, Safari など各種ブラウザとなってます。

Operaは違うのでしょうか?

ASP.NET AJAX のサポート対象ブラウザにもOperaが入ってなかったと思いましたが、MicrosoftはOperaがあまり好きではないのでしょうか。。。

まあ、それはともかく、Silverlightの今後の動向には注目ですね。

 

IE7で意識しておきたいセキュリティの変更点

IE 7の普及でサーバ証明書失効によるトラブルが表面化する(高木浩光@自宅の日記)

IE7からは、「サーバー証明書の取り消しを確認する」という設定がデフォルトでONになっているため、証明書の切れたサイトを見ようとすると、「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。」と表示されて、サイトが表示されない現象が起きるそうです。

しかも、オレオレ証明書の場合と違い、ユーザがサイトを表示する方法がないため、ユーザはとても混乱しそう。

ちなみに、IE6では、この設定はデフォルトでOFFになってるようです。

これって、本当はサーバ管理者の手落ちなのですが、元記事にも下記のような記述がありましたが、現実に本当に起こりそうで怖いです。

今後、サイト運営者が「失効確認の設定をオフにしてください」などと言い出すことが懸念される。

 以前、JavaScriptを使用しているサイトで、ユーザにJavaScriptを使用できるようにするために、信頼済みサイトにドメイン名を入れるのではなく、IEのセキュリティレベルを引き下げるよう説明していたこともあったようなので、いかにも起きそう。。。。

折角、IEのセキュリティレベルが上がったのに、これじゃあ意味がないですね。

自分がそんなことを言わないように、この件はちゃんと覚えておこうと思います。

 

(お詫びとお礼)
エントリー公開時に間違った設定(発行元証明書の取り消しを確認する)を載せていました。間違った知識を載せてしまい申し訳ございません。

また、高木先生には、間違いをご指摘いただきありがとうございました。

・IE7の該当設定画面

IE7

 

Key and Character Codes vs. Event Types - ブラウザのイベントごとの詳しいキーコードを簡単に調べるツール

Key and Character Codes vs. Event Types

先日、ブラウザのキーコードを簡単に調べられるツールということで、Javascript keyCode checker tool をご紹介しましたが、これはkeydownイベント時のキーコードしか取得できませんでした。

しかし、このKey and Character Codes vs. Event Typesは、keydown,keypress,keyupイベント時のキーコードを調べられるだけでなく、Shift,Ctrl,Altキーが押されたかどうかも分かります。

このツールをそのまま使っても便利ですし、内容を解析して自分のアプリケーションに組み込むのもいいですね。

 

Key and Character Codes vs. Event Types

 

Yahoo!がソーシャルブックマークサービスを開始しました

ヤフー、ソーシャルブックマークサービス「Yahoo!ブックマーク」を開始(CNET Japan)

Yahoo!がソーシャルブックマークサービスの「Yahoo!ブックマーク」を開始したとのこと。

まだユーザが少ないソーシャルブックマークですが、Yahoo!が参入したことで使用ユーザが増えるかもしれませんね。

既存のYahoo!のブックマークサービスを使っていると、強制的に移行させられますし。既に私も移行済みです。(^_^;

スナップショットも付けておきます。

皮肉がきいた人気ブックマークになってますが。。。

Yahoo!ブックマーク

こちらは、ブックマークへの登録画面です。

さて、今後のソーシャルブックマークがどのようになるか楽しみですね。

先ほどの、皮肉のきいたエントリーもご紹介しておきます。

 

Tags: ,

IIS6.0によるセキュアWebサーバの構築セミナーに行ってきました

Microsoftセミナー:IIS6.0によるセキュアWebサーバの構築
日時:2007/04/16 10:00~17:00
場所:新宿NSビル

IIS6.0のセキュアWebサーバの構築セミナーに、今更ながら行ってきました。

業務系アプリケーションの構築をしていると、次の殺し文句でIISを使うことがありがちです。

「ベンダーのサポートがないツールは使わない」

一応、翻訳しておきます。

「何かあったら誰が責任を取るんだ?」

 なんか現実味が出てきてしまったので、この辺にしておきます(笑)。

本日の講師の方は、NECラーニングの池上 貴史さんでした。

こちらで、質問に回答をしてますね。Windows Server World に寄稿もされるようです。

テキスト外の説明やFAQ的な内容をあらかじめ説明していただけたので、分かりやすくてよかったです。

で、セミナーを参加して分かったことは、IIS6.0はちゃんとした設定をすれば、結構セキュアな環境が構築できるんだなということです。しかし、この「ちゃんとした設定」というのが曲者で、WindowsやIISの仕組みを理解していないと、内容が結構難しいですね。

セキュリティの世界は奥が深い。。。

あと、なかなかネットにない情報で、IIS6.0の認証の順番というのがあったので、ちょっとメモしときます。

  1. IPアドレスの制御
  2. ユーザ認証
  3. Webベースのアクセス許可(IIS)
  4. NTFSのアクセス許可

本日のテキストとオンラインリソースをよく理解して、ちゃんとした手順書を作らないと業務はうまく回せない感じですね。

 

◇オンラインリソース(資料)

 

◇オンラインリソース(ツール)

 

2007/04/15

これは便利!秀丸でJavaScriptのアウトライン解析する定義ファイル

秀丸でJavaScriptのアウトライン解析する定義ファイル(てっく煮ブログ)

上記ブログで、秀丸でJavaScriptのアウトライン解析する定義ファイルが公開されています。

prototype.jsをで使用するために作成されたようですが、これはとても便利!

実際の画面のスナップショットを見ると分かりやすいと思います。

・prototype.jsを表示

prototype.js

・jQueryを表示

jQuery

・JKL.ParseXMLを表示

JKL.ParseXML

プログラムの書き方によって、表示が変わるようですね。

なお、上記画面では、秀丸にこちらのJavaScript用の定義ファイルを設定してあります。

普段のテキストエディタはEmEditorを使用していますが、JavaScript用に秀丸を使うのもありかな、と思いました。

 

2007/04/11

WPFセミナーに行ってきました

Microsoftセミナー:Windows Vista アプリケーション開発 WPF編
日時:2007/04/11 10:00~17:00
場所:新宿NSビル

次世代のデスクトップアプリケーションの技術として注目されている、WPF(Windows Presentation Foundation)のセミナーに行ってきました。

本日の講師の方は、NECラーニングの山崎明子さんです。以前のセミナーの報告でも書きましたが、書籍も出版されていて、人気のある講師の方のようです。

Microsoftのセミナーは、こういった普段お会いできないような方々のお話を聞けるというのがいいですね。

欲を言えば、mstepのセミナーも、MSDNオフラインのように講師の方が事前に分かるとうれしかったりします。まあ、いろいろ難しいこともありそうですが。

さて、セミナーのテーマであるWPFの特徴は、こんな感じかと。

  • Flash並みのインターフェースを持ったアプリケーションを簡単に構築できる
    • XAMLというXMLファイルに記述するだけで、かなり高度なデザインができる
    • アニメーションや3Dも可能
  • デザイナと開発者の完全な協業が可能
    • JSPのように、デザイナが作成したHTMLを、開発者がJSPに書き直すような作業がない
    • デザイナが作成したデザイン(XAML)を、直接、開発者が使用できる
    • また、開発中であっても、デザイナがXAMLを変更しても問題なし
  • WPFはWindowsアプリケーションだが、下記の特徴も持つ
    • ClickOnceによる配置が可能
    • Windowsフォームと同等のことが出来る
    • .xbapという形式で、WPFアプリをWeb上に展開することが可能
      • セキュリティ上の制約はあり(サンドボックス)

また、WPFは、既存システムとの相互運用もできます。

具体的には、WPFの中にWindowsフォームやASP.NETやActiveXなども組み込むことができます。 既存技術との組み合わせ方によっては、大変なことになるので事前の調査は必要です。

まあ、現時点ではツールが出そろっていないなども課題もありますが、今後はMicrosoftベースのWindowsアプリケーションはWPFに移行していくでしょうね。

しかし、最近の技術の多さはすごいですね。。。

 

◇オンラインリソース

 

◇関連セミナー

 

ASP.NET AJAX フレームワーク入門セミナーに行ってきました

MSDNオフラインセミナー:JavaScriptが苦手なあなたに贈る ASP.NET AJAX フレームワーク入門
日時:2007/04/10 17:00~21:00
場所:小田急ホテルセンチュリーサザンタワー

ASP.NET AJAXの入門セミナーに行ってきました。

本日のセミナー講師の方は、Microsoftのコンサルタントの赤間 伸幸さんでした。こちらの書籍を書いた方のようです。知らないでセミナーに申し込んだのですが、すごい方だったんですね。どうりで、セミナーが満員になるわけです。

赤間さんのセミナーは、テンポあり、笑いありで、しかも技術的に深い部分まで解説していただけたので、とてもよかったです。

さて、セミナーを聞いて思ったのが、ASP.NET AJAXは、非常によく考えられたフレームワークなんだなと思いました。

ASP.NET AJAXを使えば、全てサーバサイドでプログラムを行い、ブラウザ側でJavaScriptを記述しない開発も可能なため、AJAXアプリを構築する際の生産性が高くなります。また、便利なコントロールも豊富なので、使い勝手のいいアプリを構築できそうです。

しかし、何も考えないでAJAXアプリを構築できるかというと、さすがにそういう訳にはいかないようです。

まず、問題になりそうなのが、 ASP.NET AJAXのコントロールが含まれている、ASP.NET AJAX Control Toolkit には、Microsoftの正式サポートがないことです。

ASP.NET AJAXのコントロールのほとんどは、CodePlexというサイトでオープンソースとして開発されているため、コミュニティベースのサポートしかありません。

実際には、Microsoftの開発者が作っているので、問題になるほどの品質ではないようですが、正式サポートがないこと自体で、ASP.NET AJAXを採用できないケースも多いでしょうね。

また、ASP.NET AJAXでは、エクステンダという仕組みで1つのコントロールに、複数の機能を追加することができとても便利です。しかし、その便利のために、機能の組み合わせが桁外れに多くなってしまいテストがしきれないため、組み合わせによってはうまく動作しないこともあるようです。

ですので、ASP.NET AJAXを使用する場合は、自分が使う機能が問題なく動作するか、しっかりテストすることがあるとのことです。

そして、かなり踏み込んだことをやろうとすると、結局JavaScriptで開発する必要がでてきてしまいます。しかし、ASP.NET AJAXを使用するなら、そういう使い方はしない方がベターでしょうね。

他にも、業務アプリ適用時の問題解決方法や、設計上の考慮点など参考になるお話がたくさんありました。なにせ、スライドが115ページのボリュームでしたし。

ASP.NET AJAX を業務アプリで使用するのは非常にいいのですが、その前に、しっかりと仕組みを理解して、実際に検証し、設計方針を明確にしてから採用する必要がありますね。

 

◇オンラインリソース

 

◇関連セミナー

 

Tags: ,

2007/04/10

Web API情報サイトの「Mashupedia」がオープン

ベクター、Web API情報サイト「Mashupedia」オープン(@IT)

ベクターが、Web API情報サイトの「Mashupedia」をオープンしたとのこと。

国内外にある約500種類のWeb APIを全て紹介するという意気込みです。

RSS配信もされていますので、RSSリーダーに登録するのもいいですね。

というか、しました。(^_^;

Mashupedia

Mashupedia
http://www.mashupedia.jp/

 

ClickHeat - HTMLページのどの部分がたくさんクリックされたのか画像で解析できるツール

ClickHeat

ClickHeatは、HTMLページのどの部分がたくさんクリックされたのか、画像で解析できるツールのようです。

言葉で説明するより、見た方が早いと思うので、デモのスナップショットをどうぞ。

 

・クリック部分に×がつくパターン

ClickHeat

・クリック部分が多い部分が赤くなるパターン。少ないと青。

ClickHeat 

 

動作環境は下記のようになります。

  • クライアントブラウザ(テスト済のもの)
    • FireFox2.0
    • IE6, IE7
    • Konqueror etc
  • サーバ
    • PHP
    • グラフィックライブラリGD(PNGサポート必要)

ライセンスは、GPLライセンスになります。

バージョンはまだ0.11と低いですが、実験的に使うだけでも役に立ちそうですね。

 

.NETのチートシートが公開されています

.NET Cheat Sheets

.NETのチートシートが公開されています。

公開されているのは、以下のものになります。

  • .NET Format String Quick Reference
  • ASP.NET 2.0 Page Life Cycle & Common Events
  • Visual Studio 2005 Built-in Code Snippets (C#)

また、下記のチートシートへのリンクもあります。

  • ASP.NET Page Life Cycle Diagram (PNG)
  • Visual Studio 2005 Default Keybindings C| VB (PDF)
  • Microsoft ASP.NET AJAX Library
  • VB.NET/CComparison
  • HTML Character Entities
  • CSS
  • JavaScript
  • XHTML (PDF)
  • Regular Expressions
  • Microformats
  • ASP/VBScript

.NETのチートシートは、あまり見かけないので助かりますね。

 

オライリー社がオンライン大学を開設したようです

あのオライリー社がオンラインで大学を開設!『Oreilly School』(百式)

技術書で有名なオライリー社が、オンライン大学を開設した模様。

しかも、イリノイ大学と提携し、修了者には大学の単位も出してくれるようです。

もちろん英語なんでしょうが、おもしろい取り組みですね。

 

Oreilly School
http://www.oreillyschool.com/

 

2007/04/09

YUI Library のチートシートが公開されています

Cheat Sheets for the YUI Utilities (Yahoo! User Interface Blog)

YUI Library のチートシートが、上記ブログにて公開されています。

PDF形式で、その数20枚。

これは便利ですね。

Cheat Sheets for the YUI Utilities

 

ブラウザの隠れている画面領域を含めたサイズを取得する方法

[JavaScript][css]ブラウザのスクロールバーで隠れている領域を含むサイズを取得する方法。(Enjoy*Study)

大分前(2006/08)のエントリーですが、ブラウザのスクロールバーで隠れている領域を含めたサイズを取得する方法が紹介されています。

こんな感じ。

  • 標準モード
    • document.documentElement.scrollWidth
    • document.documentElement.scrollHeight
  • 互換モード
    • document.body.scrollWidth
    • document.body.scrollHeight

IE6, FireFox1.5, Opera9で動作するようです。

コメント欄を見ると、Safariでも互換モードの指定方法で動作しているようですね。

こんな便利な方法があったとは。。。

 

crossdomain.js - Flashと連携してクロスドメインのAjax通信を行うJavaScriptライブラリ

crossdomain.js(QrONE)

crossdomain.jsは、Flashと連携することで、クロスドメインのXMLHttpRequestを行うことのできるJavaScriptライブラリです。

しかも、戻ってきたXMLをJSONにパーズしてくれるのがいいですね。

クロスドメインのXMLHttpRequestを行う方法としては、他にもJSONPがありますが、セキュリティ上問題があるとも言われているようですので、こういったライブラリを使用するのもいいかもしれませんね。

ただ、ライセンスについては明記されていないので、仕事でご使用の際にはお気をつけください。

 

2007/04/08

Googleマップのマイマップはとっても便利

Google マップにオリジナル地図作成機能「マイマップ」が追加(CNET Japan)

今までGoogleマップに経路などを記入して公開できるサービスに、「地図Z」などがありましたが、Googleマップ自体にも同様の「マイマップ」機能が付きました。

マイマップの便利なところは、こんな感じ。

  • 地図の公開・非公開設定ができる
    • 検索結果に公開・非公開ということらしい
    • 非公開でも、URLが分かれば見える模様。こちらも参照。
  • 地図の削除ができる
  • 説明文にHTMLを使える
    • 画像やYoutubeの動画なども貼り付けできるらしい
  • Googleのサービスなので、API変更によるサービス停止がない

とっても便利!

なお、マイマップを使うためには、Googleアカウント(無料)が必要です。

地図の作成方法(Google Mapsヘルプ)
http://maps.google.co.jp/help/maps/userguide/index.html

 

2007/04/06

FireBugがバージョンアップ

Update Firebug to 1.0.3(Ajaxian)

FireBugがバージョンアップしました。

上記の記事ではver1.0.3ですが、最新版をインストールするとver1.0.4になります。

現時点(2007/4/6)では、FireFoxのアドオンから更新しても反映されませんが、FireBugのサイトからは直接インストールできます。

以前のバージョンのFireBugには、しゃれにならないセキュリティホールがありますので、FireBugを使用している方は早めのバージョンアップをお勧めします。

 

Z会がDMを廃止してSNSで集客するらしい

「添削の雄」が集客法で大決断DM廃止、SNSで囲い込む(ITpro)

Z会が集客のためのDMを辞める決断をしたそうです。

これからは、SNSを利用して集客を行うようですが、なかなか思い切った決断ですね。

Z会がDMを廃止したのは、2005年の個人情報保護法の施行もあったようですが、コールセンターにかかってきた1本の電話が、Z会の社長である加藤氏に決断させたとのこと。

「社長に言いたいことがある。もううちにはDMを送らないでほしい」。電話の主は告げた。「うちの息子は去年亡くなった。子供がいなくなったのに、DMを送り付けられる親の気持ちが分かるか」

 これはつらすぎます。。。

Z会のSNSは「パルティオゼット」なのですが、トラブル予防のための運用方法がすごい。

プロフィール、日記、コミュニティーなどへの書き込みは、すべて事務局が事前にチェックし、承認したものだけを公開する。個人情報や試験問題、著作権侵害にかかわる書き込みは公開されず、事務局からユーザーに注意を送る。「学び」に無関係なコミュニティーの乱立を防ぐため、コミュニティーの設立は事務局が行い、ユーザーには権限を与えない。メール機能も付けず、ユーザー同士の個人情報交換を禁止するといった具合だ。一方で、書き込みの検索機能を追加するなど、「受験生のナレッジポータル」としてのユーザービリティー向上にも取り組む。

 SNSだからこそできることでしょうが、そこまでやるのかという感じですね。

時代の流れを感じるニュースでした。 

 

Z会
http://www.zkai.co.jp/home/index.asp

パルティオゼット
http://www.zkai.co.jp/z-style/com/index.asp

Spket IDE - ユニークで高機能なJavaScriptエディタ

Spket IDE

Spket IDEは、なかなかユニークで高機能なJavaScriptエディタです。

どの辺がユニークかというと、JavaScript, XMLのエディタとしてだけでなく、下記の機能も持っているからです(各機能のスナップショット付きの説明画面にリンクしてあります)。

コード補完機能もありますし、コードスニペット機能もあり、JavaScriptの階層表示にも対応しています。

エディタは、eclipseプラグインとして動作させることもできますし、スタンドアロンのアプリとしても動作させることができます。

個人的には、AptanaとSpket IDEの両方をeclipseのプラグインとして入れておいて、用途に合わせて使い分けるのがいいかなと思います。

Spket IDE

 

2007/04/05

日本大学がGoogle Appsを採用とのこと

グーグル、日本大学にGoogle Appsを提供--50万人規模での利用も検討(CNET Japan)

日本大学がGoogle Appsを採用したようです。

まずは、4月からの新入生約3万人が対象のようですが、将来的には卒業生も含め約50万人への提供も検討しているとのこと。

Google Appsも、本格的に稼動してきましたね。

 

Tags:

Javascript keyCode checker tool - ブラウザのキーコードを簡単に調べるツール

Javascript keyCode checker tool

上記サイトで、ブラウザのキーコードを簡単に調べることができます。

自分でJavaScriptを書いてもいいのですが、手早く調べたいときにどうぞ。

キーコードチェックに使用しているJavaScriptも公開されているので、自分用のツールに組み込んでもいいかもしれませんね。

 

Javascript keyCode checker tool

 

2007/04/04

現在のWeb技術の振り返り

Web標準,Ajax,WebサービスAPI(マッシュアップ)を基礎から理解する(ITpro)

上記のITproの記事で、Web標準、Ajax、WebサービスAPIの概要と、今までのITproの連載記事へのリンクが掲載されています。

現在のWeb技術の振り返りにどうぞ。

#って、自分が読まなきゃ。。。

 

SNSフレームワークのThriftがオープンソースになったとのこと

巨大SNSを支える多言語混在RPC開発フレームワーク“Thrift”(@IT)

全米でトラフィックが6位のSNSサイト「Facebook」のコアモジュールである「Thrift」がオープンソースとして公開された模様。

なんか、C++、Java、Python、PHP、Rubyなどに対応しているようなのですが、どういう仕組みなんでしょう?

でも、おもしろそう。

ライセンスは、「Thrift Software License」という独自ライセンスで、記事によるとGPLに似ているっぽいです。

 

Thrift(Facebook Developers)
http://developers.facebook.com/thrift/

 

jQuery history plugin - Ajaxアプリで戻るボタンを押したときに、操作前の状態に戻すためのjQueryプラグイン

history plugin

jQuery history pluginは、Ajaxアプリケーションで戻るボタンを押したときに、操作前の状態に戻すことができるjQueryのプラグインです。

この動作は、イベント発生時に履歴にURLを追加しておいて、戻るボタンが押されたときは、ブラウザのキャッシュを利用して操作前の状態に戻すという感じでしょうか?

操作中にブラウザのキャッシュがクリアされたらどうなるんだろう?

そう思ってサイトを確認してみたら、キャッシュをクリアしてから戻るボタンを押してもうまく表示されていました。

うーん。URLに画面の状態を持っておくとうまくいくのだろうか。。。

ちょっと動作原理が分かりませんが、なかなかおもしろそうなライブラリですね。

なお、ライセンスはMITライセンスとのことです。

(2007.04.04追記)
製作者のみかログさんのブログで疑問についてのご回答がありました。

動作原理は、location.hashを使うか、iframeのopen/closeを使うかブラウザによって切り替えているそうです。なるほど~。

あと使い方としては、URLの#以降に画面の状態を持たせておいて、アプリ側で状態を復元するそうです。

丁寧なご回答ありがとうございました。m(_ _)m

jQuery history plugin

 

2007/04/03

IEを超シンプルに判定する方法

Sniff!

上記の記事で、IEを超シンプルに判定する方法が紹介されていました。

var isMSIE = /*@cc_on!@*/false;

たったこれだけです。

IEの条件付コンパイルを利用しているようですが、IE5.01, IE5.5, IE6.0, IE7.0, FireFox2.0, Opera9.1.0 で問題なく動作しました。

うーむ。すばらしい。

 

Tags: ,

compressor - クールなJavaScriptとCSSの圧縮サービス

compressor

compressorは、クールな画面でJavaScriptとCSSの両方の圧縮ができるナイスなサービスです。

使い方もシンプルでとても分かりやすいのがいいですね。

日本語も問題なく使えるようです。

これは便利!

compressor

 

2007/04/02

外部JavaScriptファイルの動的読み込みTips

How to Dynamically load JavaScript Source files to a webpage

外部のJavaScriptファイルを動的に読み込むTipsが、上記サイトで紹介されています。

といっても、<script>要素を動的に生成して、<head>要素に追加しているだけですが。。。

JSONPでも同様のことをしていた気がしますが、備忘録メモです。

//Create a 'script' element
var scrptE = document.createElement("script");

// Set it's 'type' attribute
scrptE.setAttribute("type", "text/javascript");

// Set it's 'language' attribute
scrptE.setAttribute("language", "JavaScript");

// Set it's 'src' attribute
scrptE.setAttribute("src", "myjsfile.js");

// Now add this new element to the head tag
document.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(scrptE);

 

CHEATSHEETS & REFERENCE - チートシートまとめサイト

CHEATSHEETS & REFERENCE

上記サイトは、JavaScriptやCSSなど、多種多様なチートシートを公開しているサイトへのリンク集となってます。

チートシートが欲しいときは、ここから探すのがよいかも。

CHEATSHEETS & REFERENCE

 

DOM Tool - HTMLからDOM生成用のJavaScriptを自動作成してくれるサービス

DOM Tool (Muffin Research Labs)

DOM Toolは、 HTMLからDOM生成用のJavaScriptを自動作成してくれるサービスです。

例えば、HTMLに次のようなコードを入力します。

<table border="1">
<tr>
<td>こんなのはいかが?</td>
</tr>
</table>

 そして、"Create DOM Statements"ボタンを押すと、次のようなJavaScriptが生成されます。

var table1=document.createElement('table');
table1.setAttribute('border','1');
var tbody1=document.createElement('tbody');
table1.appendChild(tbody1);
var tr1=document.createElement('tr');
tbody1.appendChild(tr1);
var td1=document.createElement('td');
tr1.appendChild(td1);
var txt3=document.createTextNode('こんなのはいかが?');
td1.appendChild(txt3);

サンプルのように、日本語も問題ないようですね。

これは便利!

ちなみに、インラインでスタイルを指定すると、こんなメッセージが出て怒られます。。。

Using in-line styles is considered bad practice. Better to set classes and set styles in an external stylesheet

 

DOM Tool

 

ユーザの声を拾い上げるには「お問合せフォーム」が効率的らしい

ユーザーの声を拾いあげる効果的な『お問い合わせフォーム』(Web2.0ナビ)

ユーザの声を拾い上げるには「お問合せフォーム」が効率的のようです。

それ以外にも、全部で8つの方法が紹介されています。

6.問い合わせには必ず返信する

これは大事ですよね。

折角コメントしたのに無視されたりすると、そのサービスの印象が急に悪くなってしまいます。

8.意見したくなるようなサービスにする

 これは手厳しい(笑)。

でも、これが本質ですよね。

ふむふむ。参考になりました。

 

2007/04/01

IE7 - IE5~IE6でIE7と同じようにCSSを動作させるJavaScriptライブラリ

dean.edwards.name/IE7/overview/

IE7は、IE5~IE6でIE7と同じようにCSSを動作させるJavaScriptライブラリの模様。

IE7は22KBと軽量で、ライセンスはLGPLです。

ちと、バージョンが0.9(alpha)と微妙ですが、何かの時に使えるかもということで、メモがてらご紹介です。

 

↓ダウンロードはこちらから
IE7(SourceForge.net)
https://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=109983&package_id=119707

 

Tags: , ,

Webページを高速化するための14のTips

Rules for High Performance Web Pages

上記サイトで、Webページを高速化するための14のTipsが紹介されています。

Rule 1 - Make Fewer HTTP Requests
Rule 2 - Use a Content Delivery Network
Rule 3 - Add an Expires Header
Rule 4 - Gzip Components
Rule 5 - Put CSS at the Top
Rule 6 - Move Scripts to the Bottom
Rule 7 - Avoid CSS Expressions
Rule 8 - Make JavaScript and CSS External
Rule 9 - Reduce DNS Lookups
Rule 10 - Minify JavaScript
Rule 11 - Avoid Redirects
Rule 12 - Remove Duplicate Scripts
Rule 13 - Turn Off ETags
Rule 14 - Make AJAX Cacheable and Small

  まだ全ての記事ができあがってはいませんが、最初の方は具体的なサンプルで計測タイムも出力されるので、ありなかなか参考になります。

Webサイトのパフォーマンスを向上させたいときにどうぞ。

 

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから