2007/03/27

マイクロソフトの開発プロジェクト管理セミナーに行ってきました


MSDNオフラインセミナー:マイクロソフトの開発プロジェクト管理(開発ツール編)
日時:2007/03/26 18:30~20:00
場所:小田急ホテルセンチュリーサザンタワー

 Microsoftの開発プロジェクト管理という珍しいテーマなので、一日に2つのセミナーに参加です。

さて、アメリカのMicrosoftで、Visual Studioや.NET Frameworkなどを開発しているDeveloper Divisionという部門は、在籍するスタッフがなんと3,000名以上。

そんな大規模な開発組織でどのようなプロジェクト管理を行っているかのお話でした。

まずはビルドですが、Visual Studioの規模だと、ビルドだけで6~10時間もかかるそうです。しかも、大勢の開発者がソースを修正してチェックインするので、コンパイルエラーの嵐になるとのこと。

その対策として、ビルドするソースを階層化して、子のレベルでテストがOKになったものを、後で全体でマージするという方法をMicrosoftでは取っているそうです。それはそれで、大変らしいですが。。。

そして、バグ管理には、Team Foundation Serverのバグデータベースを使用していて、現在はうまく回っているとのことでした。まあ、バグ管理というだけなら、BugzillaなどのBTS(Bug Tracking System)でもいいような気もしますが。

他にも、エンドゲームなど興味深い話が多く、とても参考になるセミナーでした。

 

#VS2005 Team Systemはみなさん高いと思ってる感じでした。(^_^; 

 

◇オンラインリソース

 

◇関連セミナー

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール