2007/03/11

[書籍]ストレスフリーの仕事術


この本は、デビッド・アレン氏が提唱するGTD(Getting Things Done)という仕事術の本です。日本語の監訳は、百式の田口元さんが行っています。

田口元さんは、ITmedia Biz.IDでもGTDの記事を書いてますね。

さて、この本は、最初に5章を読んでないとチンプンカンプンになりかねないので、まずは5章を先に目を通しておくことをお勧めします。私はチンプンカンプンになりました。。。

そして、1~4章はGTDの背景となっているデビット・アレン氏の考えがコラム形式でまとめられていて、それに関連する名言もたくさん載っています。

この本の考えの中で面白かったのは、「心のメモリ」という考え方です。

やりかけの仕事が何となく頭の中にたくさんあると、それだけでエネルギーを消費してしまいます。これは、「心のメモリ」が空いていない状態で、創造的なことに取り組めなくなってしまいます。

「心のメモリ」を空けるには、頭の中にあることをすべて書き出すことで、GTDの第1ステップになります。

なるほど、という感じです。

また、GTDでは「目の前にふってきた仕事はすぐさま片付ける癖」をつけることが重要だとされてますが、それに関して興味深いお話が載っていました。

偉大なフランスの陸軍元帥リョーテが庭師に1本の木を植えるように言った。庭師はその木は成長が遅く、本来の大きさに達するまでに100年かかると反対した。元帥はこう答えた。「それなら、一刻も早く植えなければ。今日の午後、植えたまえ!」

-ジョン・F・ケネディ-

私自身も、GTDを仕事に取り込み始めてから1ヵ月位経ちましたが、タスクを忘れることがなくなり、とてもいい感じです。

GTDツールには、check*padを使ってます。一時、Remember The Milkを使ってましたが、私は携帯からの使用頻度が高いので、check*padにしました。

なお、GTDについては、「はじめてのGTD(ITmedia Biz.ID)」を読むといいと思います。

 

 

photo
ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
デビッド アレン David Allen 田口 元
二見書房 2006-05
評価

by G-Tools , 2007/03/11

Tags: ,

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから