2007/03/01

ASP.NET AJAXセミナーに行ってきました


MSDNオフラインセミナー:.NET Framework 2.0 ASP.NET AJAX
日時:2007/02/28 18:30~20:00
場所:小田急ホテルセンチュリーサザンタワー

1月の終わり頃に、ASP.NET AJAX 1.0がリリースされましたが、実際に試している時間もなかったので、情報収集のためにセミナーに行ってきました。

今日の講師の方は松崎 剛さんで、Microsoftのデベロッパーエバンジェリストで、Think ITで記事も書かれているようです。

さて、ASP.NET AJAXは、以下の3つから構成されているとのこと。

  • ASP.NET AJAX 1.0 Extention
    • ASP.NET AJAXのコア
    • Visual Studio と GAC の両方にインストールされる
  • Future January CTP
    • 将来コアに追加される予定の機能
  • ASP.NET AJAX Control Toolkit
    • コミュニティメンバーによる便利ツール

 

意外だったのが、サポートブラウザにOperaがなかったことです。

念のため、ASP.NET AJAXのドキュメントを確認したところ、以下のように記述されていました。

Support for the most popular and generally used browsers, including Microsoft Internet Explorer, Mozilla Firefox, and Apple Safari.

Safariがサポートされるのに、Operaがサポートされないとは。

Operaのサポートは大変なのか、他の商用ブラウザをサポートしたくないのか。。。

ナゾです。

 

ASP.NET AJAXの利点は、「基本的」にJavaScriptを記述しないで、Ajaxの機能を利用できることですが、ASP.NETの機能と統合されているのも大きな利点ですね。

例えば、認証やセッション管理というASP.NETの機能も、ASP.NET AJAXで使用することができるとのこと。

先ほど、「基本的」にと書きましたが、これはControl Toolkit 同士や、既存のASP.NETが出力するJavaScriptがコンフリクトを起こすケースがあるためです。

コンフリクトは、ASP.NETのサーバコントロールの拡張である「エクステンダ」の作り方を理解して、コンフリクトを解消する必要があるとのことです。

こりゃ厳しい。聞いておいてよかったです。

 

あと、ASP.NET AJAXは、2つのアプリケーションモデルを取ることができるそうです。

1つ目は、サーバ中心にして、クライアントサイドで個別のJavaScriptは記述しないアプリケーションモデルです。ASP.NETで開発する場合は、こちらが推奨されるようです。この場合は、エクステンダを独自に作成する必要が出てくるかもしれません。

2つ目は、クライアント中心にして、個別のJavaScriptをブラウザ側で実行させる形態です。サーバサイドをASP.NETではなく、PHPなどを使用する場合に使うモデルのようですね。

 

ふむ。注意する点はあるけれども、ソースも公開されているようですし、実際に使っても何とかなりそうな気がしてきました。

 

◇オンラインリソース

 

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから