2007/02/27

プレゼンテーション実践講座に行ってきました


MSDNオフラインセミナー:プレゼンテーション実践講座 ~心をつかむ ”話し方” ~
日時:2007/02/26 18:30~20:00
場所:小田急ホテルセンチュリーサザンタワー

今日は、仕事の後にMSDNオフラインセミナーのプレゼンテーション実践セミナーに行ってきました。

既に、ブログが研修報告書になってますが、まあ、あまり気にしないで下さい。(^_^;

今日の講師の方は、小柳津 篤さんで、ビジネスの現場で顧客の経営層を相手に提案活動をされているそうです。日経のスキルアップ講座などでも、講師をされているようです。

さて、セミナーの最初で、以下の言葉が紹介されました。

  • Passive Knowledge
  • Active Knowledge

Passive Knowledgeは、知っているだけの知識で、Active Knowledgeは、行動につながり具現化できる知識という違いがあり、その間には大きなギャップがあるとのこと。

まずは、ギャップを認識し、知識をActive Knowledgeにするためには、練習が必要とのことでした。

なるほど。納得ですね。

また、一般のプレゼンテーションに関する書籍は、「見せ方」「出し方」「押し込め方」の内容が多いそうですが、プレゼンテーションとは「ビジネスコミュニケーション」であるという考えは参考になりました。

説明も分かりやすく、とてもためになる内容だったのですが、残念ながら時間が短かったです。1時間半で聞けた内容だと、もっと聞きたいという感じでした。

逆に言えば、それだけよかったとも言えますけどね。

セミナーに触れられなかった資料の中には、「交流分析」とか「エニアグラム」という用語が出ていました。Wikipediaを読んでも、今ひとつ理解できませんでしたが、プレゼンテーションも突き詰めていくと、心理学の世界に入っていくんですね。

プレゼンテーションも、奥が深い。。。

学びの多い1時間半でした。

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから