2007/02/21

JavaScriptによるセキュリティ攻撃が現実味を帯びてきた模様


専門家が実証、JavaScriptコードでルータを乗っ取る——対策はルータのパスワード変更(Open Tech Press)

「JavaScriptによるセキュリティ攻撃が将来出てくる」という話をIT系の雑誌で以前読みましたが、とうとう現実味を帯びてきたようです。

記事によると、デフォルトパスワードのままのルーター使用時に、ルータを攻撃するJavaScriptが埋め込まれているサイトにアクセスすると、ルータが乗っ取られるとのこと。

まあ、このケースではルータのデフォルトパスワードを使用している時点でアウトなのですが、JavaScriptでも高度な攻撃が可能になったということでもあります。

JavaScriptのウィルスやスパイウェアが出てきたら、どうやって対処すればいいのやら。。。



feedpath tags: ,   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから