2007/01/05

JavaScriptのクロージャー


JavaScript Closures 101- they're not magic

上記の記事で、JavaScriptのクロージャーについて、詳細に解説されています。

英語で、あんまり理解できなかったので、何度か読み込まなければいけなそうです。。。orz

で、簡単に言ってしまうと、クロージャーとは、「関数内で宣言した無名関数とローカル変数をカプセル化して利用する技術」という感じでしょうか?

具体例を見てみます(上記の記事より)。

上記の関数を呼び出してみます。
以下のようなメッセージが表示されました。

クロージャーの結果


通常の言語であれば、ローカルで宣言したものはスコープが外れた時点で削除されてしまいますが、JavaScriptでは、書き方によって外部から利用できる模様(詳細は記事を参照)。

上記のサンプルがこのケースですね。

このクロージャーという機能は、使いこなすと結構便利そう。

【参考リンク】
JavaScript とクロージャ(いやなブログ)
feedpath tags: ,   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから