2006/12/14

Windows Vistaの文字化け-JIS第一水準~第三水準


Vistaで化ける字,化けない字(ITpro)

Windows Vistaの文字を、Windows XPに持っていくとどうなるか、JIS第一水準~第三水準までの7,614文字を全部調べたそうです。

大変、お疲れさまでした。。。 m(_ _)m

問題のある文字が、全て画像で見ることができます。

さて、記事の内容を表にすると、以下のようになります。

JIS 文字数 字形変化 XP表示不能 システム障害
第一水準 2,965 116 0 0
第二水準 3,390 12 0 0
第三水準 1,259 9 181 26
合計 7,614 137 181 26
※システム障害の26文字は、XP表示不能文字の一部

それで、記事では以下のようにまとめてます。
文字化けする318字のうち,純粋に文字コードの問題なのは図6の26字だけで,残り 292字(図1~5,7)は単にフォントの問題である。つまり,この292字に関しては,Windows XPパソコンでも,フォントを入れ換えればVistaと同じ字形にできる。

いやいや、そういう問題でなく(笑)。

文字コードの問題のやっかいな点の1つは、普段自分の名前で使ってる漢字の形が違うと、クレームを受けることです。以前、ホストの切り替え時に、外字登録できないものが出てきて問題になったことがあります。最近は、大分違うのでしょうが。。。

また、ここではコンピュータの環境がWindows VistaとWindows XPに限定されていますが、企業内ではまだWindows2000があるでしょうし、インターネット環境だとWindows9xやMac,Linux,FreeBSDなど多様なプラットフォームが混在します。

インターネットの環境で整合性を取るのは難しそうです。

というか、できるのでしょうか?

また、システム障害が起きうる26文字がやっかい。Unicodeのサロゲートペア(記事参照)の文字ですが、4バイトで1文字を表すため、データベースに格納する際に問題になりそう。

でも、問題になる文字が明らかになった分、以前よりは対応方法が考えやすくなった気がします。

記事では今後、JIS第四水準の調査もするとのことなので、発表に期待です。
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

「普段自分の名前で使ってる漢字の形が違う」っていう要求に対しては、Unicodeっていう文字コードを使うのは最悪の選択です。うーん、そういう要求にたいしては、Adobe-Japan1-6とかで対応するしかなくて、また、そうしないとOS独立にはならないと思うんですけど…。

安岡孝一さん、コメントありがとうございます!
まさか、ITproで執筆されたご本人からコメントがいただけるとは。光栄です。

>「普段自分の名前で使ってる漢字の形が違う」っていう要求に対しては、Unicodeっていう文字コードを使うのは最悪の選択です。

Unicodeは最悪の選択なんですか。知りませんでした。。。
情報ありがとうございます。

文字コードって難しいですね。
正直手に負えないです。。。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから