2006/12/16

Windows Vistaの文字コード問題は大したことはない?


複数の事象を混同しがちなVistaの文字問題(ITpro)

Windows Vistaで起きる文字コードの問題は、現在の仕組みでも起こりうるのだから、今問題が起きてなければ大丈夫であろうとのこと。

あれ?じゃあ、この記事はなんだったんでしょう?

日本語文字セットがVista最大の問題として急浮上(ITPro)

こんなことを言ってましたが。
「Vistaを使うユーザーは、本人が意識することなく新規追加文字を使ってしまう可能性がある。制御不能だ」と冒頭の大手ベンダー幹部は頭を抱える。

今後、ユーザー企業は、現在使用しているミドルウエアやパッケージ製品が新文字セットに対応しているかどうかを、早急にベンダーに問い合わせる必要があるだろう。

ま、いっか。。。


記事では、今ユーザが気にしている問題を以下の3つにまとめてます。

  1. フォントの形が一部変わった
  2. 追加された文字があること
  3. 追加された文字はUnicodeでしか扱えない
それで、Windows XP/2003/Vistaの混在環境では、以下の2通りの対応方法あり。

  1. JIS2004に統一
  2. JIS90に統一
あと、Windows Vistaで追加された文字はUnicodeでしか扱えず、MicrosoftはシフトJIS2004には対応しないとのこと。

追加された文字がUnicodeでしか扱えないことについては、以下のように述べています。
Unicodeでしか扱えない文字が存在するのは,Windows Vistaに始まったわけではない。Windows 98/Windows NT 4.0 SP4は,JIS X 0212(補助漢字)に対応しているが,これらの追加された文字は既にUnicodeでしか扱えなかった。
へぇ。。。

そして、Unicodeで1文字を4バイトで表すサロゲートペアについては、Windows Visata/XP/2003は対応しているし、Windows 2000でもレジストリを変更すれば対応するとのこと。

ただし、デフォルトのアプリケーションでANSI(シフトJIS)をデフォルトにしているものは問題が起きるが、これはWindows XPのころからそうだった模様。

となると、企業内アプリケーションでは、JIS90に統一しておけば当座はしのげそう?

でも、いつかはJIS2004に切り替えるときが来るだろうけど、その頃までには移行方法も見つかってるでしょう。多分(笑)。

で、問題はやっぱりインターネット環境ですが、VistaでUnicodeのサロゲートペアがブラウザで入力されて送信された場合は、サーバ側は2文字の文字化けとして扱うのでしょうか?

なにせ手元にVistaが無いのでなんともはや・・・。






feedpath tags: ,   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから