2006/12/11

ライト、ついてますか


本タイトル: ライト、ついてますか―問題発見の人間学

コメント:
ワインバーグ氏の本を初めて読みましたが、この本は面白かったです。

妙なユーモアたっぷりでいて、問題解決について深い見識が述べられています。

少し、問題解決についての定義をいくつか見たいと思います。

正しい問題定義が得られたと言う確認は
決して得られない。
だがその確信を得ようとする努力は、
決してやめてはいけない。
人は問題が目の前に来ると、慌てて答えを見つけようとしますが、そもそも、その解こうとしている問題が、本当に正しいのかは分からないというお話。

すべての解答は次の問題の出所
いくら問題を解いても、新しい問題が出てくるというお話。現実もそうですね。

あとから調べてみれば、
本当に問題を解いてほしかった人は
そんなにはいないものだ
何とも、問題解決することがイヤになるような定義ですが、問題解決をすることで不利益を被る人がいることを考えれば、仕方ないところでしょうか。。。

いやぁ、深い。

現実に問題か起きると、脊髄反射的に反応してしまいがちですが、本当は何が問題なのか、誰の問題なのかなど、いろいろ考えなければいけませんね。

評価: stars

評価者: fnya

評価日付: 2006-12-11

画像(URL):

著者: ドナルド・C・ゴース, G.M.ワインバーグ, 木村 泉

出版年月日: 1987-10

出版社: 共立出版

ASIN: 4320023684

feedpath tags:   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから