2006/12/14

Microsoftアーキテクトセミナー - 「 DSL Tools 」のご紹介 に行って来ました


Microsoftアーキテクトセミナー - 「 DSL Tools 」のご紹介
日時:2006/12/14(木) 13:30~15:30
場所:新宿マインズタワー

モデル駆動開発で使用する「DSL Tools」を紹介する、Microsoftのセミナーに行って来ました。

セミナーの内容は、こんな感じ。

◇Software Factories Initiativeの説明

現在、MicrosoftはSoftware Factoriesを推進しているとのこと。

Software Factoriesは、ソフトウェア開発を”工業化”して、生産性と品質の向上を目指すもののようです。そして、そのためにモデル駆動開発を行うという方向性が示されている模様。

ソフトウェアファクトリーとは何か?」という記事では、以下のように述べられていました。
近代的な組織がビジネス予測とともに組織内の開発アプローチを改善することを望むなら Software Factories はベストな方向としてお勧めます。
そして、Software Factories Initiativeでは、以下のような取り組みを行うとのこと(Software Factories Initiativeより)。
Software Factories Initiative では、アーキテクトを対象にアーキテクチャに関する情報をはじめ、ソフトウェア開発の課題解決に向けた情報提供をカンファレンスやセミナーを通じて行います。

本 Initiative の活動を通して、アーキテクトに対する質の高い情報の提供と新たなアーキテクトの育成に取り組んでいきます。
Microsoftは、結構本気かも。


◇DSL Tools

DSLとは、Domain Specific Languageの略で、ドメインに特化したモデリング言語のこと。

そして、DSL Toolsは、UMLやER図のようなモデリング言語を、新しく定義し作成することができるツールです。

何故モデリング言語を新しく作るかというと、UMLなどの汎用的なモデリング言語では、コードの自動生成が難しくなるため。MDAはそれでうまく行ってない模様。

そのため、手間はかかるけれども、分野に特化したモデリング言語を新しく定義した方が、却ってコードの自動生成が簡単になるという考え方のようです。

このDSL Toolsというのがとんでもなくすぐれもので、自分で定義したモデリング言語を、Visual Studio 2005上でUMLのようにモデリングできてしまいます。しかも、コードの自動生成までできてしまいます。

時代はここまで進んでいたか、という感じです。

もちろん、DSL Toolsを扱うのは簡単ではなさそうですが、この取り組みに成功した企業と取り組まなかった企業は、数年も経つと大きく生産性に差が出そうですね。

ただ、このDSL Toolsが動作するのは、Visual Studio 2005 Standard Edition以上なんですよね。Express Editionは対象外。遊べない。。。

Visual Studio 2005 Standard EditionをAmazonで確認すると、買えない額でもないんですよね。これからのシステム開発の流れを見るためには、個人でも買った方がいいのかなぁ。。。

会社のは、Visual Studio .NET 2003でMSDNサブスクリプションなし。

うーん。。。


◇感想

なんというか、時代はいつの間にこんなに進んじゃったの?という感じです。

Web2.0というITの流れの他に、システム開発の自動化という動きが本格化してきているのに驚きました。


◇オンラインリソース

◇ダウンロード
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

こんにちは
ソフトウェアファクトリーには興味をもってました。DSLついに出たんですね。
詳しい情報がわかりましたら教えてください。
今後ともよろしくお願いいたします。

ブラックコートさん、コメントありがとうございます!
ソフトウェアファクトリーは、私には正直難しいのですが、これから少しずつ勉強していきます。そこで得た情報も公開していければと思ってます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから