« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006/12/31

dhtmlxGrid - すばらしく高機能なJavaScriptグリッドライブラリ

dhtmlxGrid - sortable Javascript DHTML grid with rich script API

dhtmlxGridは、すばらしく高機能なJavaScriptグリッドライブラリです。

ただ、フリー版(Standard Edition)はGPLライセンスなんですよね。

でも、商用利用のProfessional Editionでも149ドル程度ですし、追加機能も使えるようなので、Professional Editionの方がいいかも。

よさそうな機能は、以下のようなところです。

  • マルチカラムヘッダー機能
  • ヘッダークリックソート機能(マルチカラムヘッダーでも)
  • 直接グリッドのデータを編集できる機能
  • 列固定スクロール機能
  • 列幅変更機能
  • 改ページ機能
  • フッター機能
  • イベント追加機能

結構いいかも。

・スナップショット1
dhtmlxGid

・スナップショット2(フッター付)
dhtmlxGrid
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

2006/12/30

自分のGoogle Notebookを検索できる Firefox 検索フォーム

記録したメモを検索する Google Notebook 用 Firefox 検索フォーム(GOING MY WAY)

自分のGoogle Notebookの内容を検索できる、FireFoxの検索フォームです。

自分のメモを、手軽に検索できる検索エンジンができたようなものですね。

これは便利!
feedpath tags: ,   generated by feedpath

2006/12/29

XML/SWF Charts - Flashですばらしくキレイなグラフを作るツール

Flashでグラフ(XML/SWF Charts)(最速配信研究会)

上記記事で、Flashですばらしくキレイなグラフを作るツールの「XML/SWF Charts」が紹介されていました。

いやぁ、これはすごいですね。

グラフがキレイなだけではなく、Flashならではの動きのあるグラフが作成できます。

しかも、サーバサイドはPHP,ASP,Perl等、様々な言語に対応可能。

こちらのギャラリーでサンプルを見ることができます。

フリー版は多少制限があるようですが、ライセンスを購入してもそれほど高い値段ではないですね(ライセンス)。

Flashも悪くないかも。。。

XML/SWF Charts


XML/SWF Charts
http://www.maani.us/xml_charts/index.php

日本語解説サイト
http://www.linkclub.or.jp/~ma3ki/webutil/xmlswf-chart/xml-swf_howtograph.html
feedpath tags: ,   generated by feedpath

2006/12/28

IEのメモリリークバターン

Internet Explorer リーク パターンを理解して解決する(Japan MSDN)

MSDNで、IEのメモリリークパターンが解説されていました。

こんな記事があったんですね。知りませんでした。。。


ちょっと長めの文章なので、後でじっくり読みます。
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

scriptaculous逆引きサンプル集

scriptaculous逆引きサンプル集(JavaScriptist)

prototype.jsに続いて、scriptaculousの逆引きサンプル集も公開されました。

うーん。素晴らしい。

scriptaculousリファレンスも公開になってますね。

scriptaculousリファレンス
http://javascriptist.net/docs/js_ref_scriptaculous.html
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

テキストエリアでタブ入力

テキストエリアでタブ入力

ブラウザのテキストエリアで、タブを入力するJavaScriptのソースが公開されていました。

今まで、テキストエリアにタブを入力しようと思ったことがなかったんですが、改めて考えると、できると便利そうですね。
feedpath tags: ,   generated by feedpath

prototype.js逆引きサンプル集

prototype.js逆引きサンプル集(JavaScriptist)

JavaScriptistにて、prototype.jsの使用目的からサンプルを探せる、prototype.js逆引きサンプル集が公開されています。

すばらしすぎる!

さりげなく、prototype.jsリファレンス(サンプル付)もあるんですね。

重ねてすばらしい!

prototype.jsリファレンス
http://javascriptist.net/docs/js_ref_prototype.html
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

日本で使えるWebサービス一覧

Web Service API (REST) [for Ajax]


日本で、JavaScript(Ajax)で利用できるREST形式のAPIが一覧になっています。

随分といろいろありますねぇ。。。

feedpath tags: , , ,   generated by feedpath

AmaterasUML - eclipse UMLプラグイン

軽量なUMLプラグインAmaterasUML(@IT)

@ITで、オープンソースのeclipse UMLプラグインのAmaterasUMLが紹介されています。

オープンソースで、eclipse UMLプラグインはないのかと思っていましたが、あったんですねぇ。。。

提供される機能は、こんな感じ。
  1. クラス図の記述
  2. シーケンス図の記述
  3. ユースケース図の記述
  4. Javaクラスの簡易リバースエンジニアリング機能
  5. Javaクラスのフォワードエンジニアリング機能
  6. 簡易メソッド/フィールド入力機能
  7. シーケンスメッセージ補完機能
  8. UML 2.0形式のインポート/エクスポート(拡張機能)
対応するUMLのダイヤグラムは少ないですが、クラス図とJavaソースが連携するのがいいですね。

日本語も問題なさそうだし、よさげな感じ。

記事内では、他の以下のようなプラグインも紹介されていました。

◇eclipse UMLプラグイン(商用ツール含む)


feedpath tags: , ,   generated by feedpath

2006/12/27

JavaScriptで2度押しを防止する方法

ASP.NET & JavaScriptでコード汚染をしないで2度押し防止(手抜きぷろぐらまのメモ帳)

JavaScriptでアスペクトを使用して、ページ内の全てのボタンとリンクで2度押しを制御する方法が紹介されています。

うーん。すごい。。。

JavaScriptでアスペクトを利用する方法は、習得しなきゃいけませんね。
feedpath tags: , , ,   generated by feedpath

2006/12/26

DataRecovery - ごみ箱から消したファイルを復元するツール

DataRecovery(窓の杜)

2006年 窓の杜大賞」で、金賞をとったツールとのこと。

今までは、削除されたファイルを復元するフリーウェアには「復元」というものがあったのですが、今は有償ツールに変わってしまいました。

どうしようかなぁと思っていたら、窓の杜大賞で、DataRecoveryという、削除したファイルを復元するツールが金賞を取っているのを見つけました。

これは便利ですね。


feedpath tags: ,   generated by feedpath

Googlipse - Google Web Toolkit(GWT)用eclipseプラグイン

Googlipse - The Eclipse plugin for Google Web Toolkit (GWT)

Google Web Toolkit (GWT)用のeclipseプラグインが公開されています。

これは便利そう。

情報元:オレンジニュース
feedpath tags: , , ,   generated by feedpath

2006/12/25

ASP.NET AJAXの解説記事

触ってみようASP.NET 2.0 AJAX Extensions(CodeZine)

CodeZineで、ASP.NET AJAXの解説がされています。

インストールから使用方法まで載っているので、わかりやすいです。

あと、ASP.NET AJAXの全体像が参考になりました。

英語だとなかなか理解ですからね。



ASP.NET AJAX
http://ajax.asp.net/

ASP.NET AJAX Doc
http://ajax.asp.net/docs/

feedpath tags: ,   generated by feedpath

2006/12/23

json-lib - JavaでJSONを簡単操作

json-lib(SourceForge.net)

json-libは、JavaでJSONを簡単に扱うためのライブラリです。

JSON用のクラスを使用してJSONを簡単に加工できて、JSON文字列が出力可能な模様。

XMLやカンマ区切りテキストとJSONの相互変換などもあり、まだ試してませんが、結構便利そう。

現在のバージョンは、json-lib 1.0b1で、ライセンス形態は、Apache License V2.0とのこと。

尚、json-libは、下記サイトの内容をベースに作られているようです。

JSON in Java
http://www.json.org/java/



feedpath tags: ,   generated by feedpath

ブラウザの戻るボタンを無効にする方法

Backbutton Overloading(Ajaxian)

ブラウザの戻るボタンをJavaScriptで制御する方法が、Ajaxianで紹介されています。

方法は実にシンプルで、以下のJavaScriptのコードを書くだけ。


こちらがサンプルです。

一応、IE6,IE7,FireFox2.0では有効でした。

Opera9.10では、動作しませんでした。

非常にシンプルな方法ですが、これって使っていいのかなぁ。。。

ちょっと副作用があり、この設定をしたページを表示しているときは、ブックマークを選択して別のページを表示しようとしても、ページを切り替えることができません。。。


feedpath tags: , , ,   generated by feedpath

2006/12/21

FireFoxでクリップボードに書き込む方法

JavaScriptでクリップボードを使う(IE/FireFox)(ウノウラボ Unoh Labs)

FireFoxではセキュリティの関係上、JavaScriptでクリップボードにアクセスすることができません。IEはできますが。

それを、Flashを経由することで、FireFoxでクリップボードに書き込むことを可能にするプログラムが上記エントリーで紹介されています。

いやぁ、すごいことを考えますね。

しかも、とっても簡単操作。
--- ここから ---
clipbrd.copyText("hogehoge");
--- ここまで ---
このプログラムはFlashを操作可能なオープンソースを使用しています。

いろいろなライブラリがあるんですねぇ。。。


SWFObject: Javascript Flash Player detection and embed script
http://blog.deconcept.com/swfobject/
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

minmax.js - IEでCSSのmax-widthなどを使えるようにするライブラリ

minmax.js(doxdesk.com)

FireFoxなどでは、以下のCSSを使えてとても便利です。
  • min-width  ・・・要素の最小幅
  • max-width ・・・ 要素の最大幅(指定幅までしか広がらない)
  • min-height ・・・ 要素の最小の高さ
  • max-height ・・・ 要素の最大の高さ(指定の高さまでしか広がらない)
でも、これはIEでは使えず大変不便です。

上記CSSをIEでも使えるようにするのが、minmax.jsです。

・サンプル



minmax.jsの読み込みをコメントアウトしている状態だと、IEでは次のように表示されます。

minmax.jsイメージ

コメントを外して、minmax.jsを読み込むと、IEでもmax-widthが有効になってます。

minmax.jsイメージ

これは便利!


(余談)なんか’さきすせそ’になってますがこのままで(笑)。
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

2006/12/20

IPA H18年度ウェブアプリケーション開発者向けセキュリティ実装講座 に行ってきました

IPA H18年度ウェブアプリケーション開発者向けセキュリティ実装講座
日時:2006/12/20(水) 13:00~16:15
場所:文京グリーンコートセンターオフィス

本日は、IPA主催のWebアプリのセキュリティ講座に行ってきました。

本日の講座の内容は、以下の通り。

【講座内容】
1.脆弱性の届出情報の深刻度評価について
    IPA セキュリティセンター 小林 克巳 氏

2.安全なWebアプリケーションの作り方(番外編)
    IPA セキュリティセンター 園田 道夫 氏

3.安全なウェブアプリケーション開発に向けた活用事例
    株式会社日立製作所 HIRT 梅木 久志 氏

4.失敗事例から学ぶウェブアプリケーション開発のヒント
    IPA セキュリティセンター 伊藤 耕介 氏

5.安全なウェブアプリケーション発注のあり方
    独立行政法人 産業技術総合研究所
       情報セキュリティ研究センター 高木 浩光 氏


私は開発者なので、テーマ2・4・5が面白かったです。

テーマ2は、セキュリティのTIPSが増え続ける中で、どうすればセキュアなコーディングができるかというお話でした。

アプローチとしては、以下の3種類の取り組み方があるとのこと。

  1. 開発系フレームワークを活用
  2. 実行系(PHPとか)そのものをセキュア化
  3. セキュアなサンプルコードを使用
具体的な開発系フレームワークとしては、PHPのフレームワークが紹介されました。
実行系のセキュア化では、PHPの実行環境そのものをセキュア化するツールが紹介されました。


でも、これだけではセキュリティのTIPSに対応しきれないため、セキュアなサンプルコード使用する方法が示されました。

あと、WAFを使用する方法もあるとのこと。

これで、WAFを始めて知りました。

うーむ。勉強が足りませんね。。。

これでも完全ではないでしょうから、結局はセキュリティのTIPSは把握しておかなければいけないのでしょうね。


テーマ4では、クロスサイト・スクリプティング(XSS)の対応で、ありがちな失敗例が紹介されました。

XSSの根本的な対策は、Webページに出力するとき全ての要素エスケープ処理するとのこと。入力値のチェックは、保険的な対策で抜け道があるそうです。

げ。理解が間違ってました。。。

確か、ネット上の記事で、入力する際に問題のある文字列を無害化することをサニタイズといって、XSS対策だと読んだんだけどなぁ。どうも違っていたようです。

どうして入力する時点だと問題化というと、対応にモレが出たり、HTTPリクエストヘッダを偽装するケースもあるためとのこと。

うーむ。XSS一つとってもこれかぁ。。。

セキュリティに関しては、信頼できるソースから理解しなくてはいけないですね。。。


さて、テーマ5は、開発側には関係なさそうですが、発注者が開発ベンダーにどのようなセキュリティを求めるかのガイドラインのお話で、具体的な内容が挙げられていたので勉強になりました。

面白かったのは、「サニタイズ言うな」キャンペーンを実施中とのこと。

セキュリティって、ホント奥が深いですね。

本日の講座は参加してよかったです。

大変、勉強になりました。


◇配布物(一部)
◇オンラインリソース(IPA)

◇オンラインリソース(その他)




feedpath tags: ,   generated by feedpath

ハッシュ値計算ツール

ハッシュ値を計算するツールを探してみたのですが、なかなか見つからなかったのでメモしておきます。

bkhashes(Vector)
  • ファイルのハッシュ値を計算するツール
  • MD5,SHA-1など35種類に対応

ZeroHashChecker
(Vector)
  • 文字列のハッシュ値を計算するツール
  • MD5,MD2,SHA-1に対応


feedpath tags: , ,   generated by feedpath

2006/12/19

DateFormatter.js - JavaScript日付フォーマット変換ライブラリ

DateFormatter.js

JavaScriptで日付のフォーマットを変換できるライブラリです。

こりゃ便利。


・サンプル
FireBugのconsole.logを使用してます。


・出力結果
DateFormatter.jsイメージ
feedpath tags: ,   generated by feedpath

aSSL - SSLで通信ができるJavaScriptライブラリ

aSSL - Ajax Secure Service Layer(Ajaxian)

ブラウザ上のJavaScriptとサーバサイドのプログラムが連携して、SSL通信を行うことができるライブラリとのこと。

サーバ側のプログラムはASPとPHPのみですが、現在、RubyとJavaも開発中とのこと。

おもしろい試みですね。

aSSL - Ajax Secure Service Layer
http://assl.sullof.com/assl/

feedpath tags: , ,   generated by feedpath

2006/12/18

Visual Studio 2005 Service Pack 1 が リリース

Visual Studio 2005 Service Pack 1が公開されました(Windows Vista ソフトウェアコンテスト キャッチアップ ブログ)


Visual Studio 2005 のService Pack 1がリリースされたとのこと。

なぜか、Express Editionだけはサービスパックが異なるので注意が必要。


Microsoft Visual Studio 2005 Service Pack 1(Express Edition以外)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=bb4a75ab-e2d4-4c96-b39d-37baf6b5b1dc


Microsoft Visual Studio 2005 Service Pack 1(Express Edition用)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=7B0B0339-613A-46E6-AB4D-080D4D4A8C4E&displaylang=ja
feedpath tags: ,   generated by feedpath

メールアドレスをサイトで安全に公開する方法

Hide Your Email Address from Spammers

問合せ用にメールアドレスをサイトで公開したいということは多いと思います。

だけど、サイトにメールアドレスを載せた日にはスパマーの餌食になりかねません。

そんなあなたに有用なサービス(無料)です。

このサイトでは、JavaScriptでメールアドレスを動的に出力することで、スパマーによるタグ解析からメールアドレスを守ってくれるスクリプトを自動生成してくれます。

日本語もOK。

実際のサイトで使用するには多少加工が必要でしょうが、これはなかなか使えますね。

メールをスパマーから守るスクリプト作成


feedpath tags: ,   generated by feedpath

2006/12/17

Json.NET - .NETでJSONを簡単操作

Newtonsoft Json.NET


.NETのインスタンスをJSON文字列に変換したり、逆にJSON文字列を.NETのインスタンスに変換してくれるライブラリです。.NET Framework2.0上で動作するとのこと。

ライセンスは、基本的にはフリーっぽいのですが、以下のライセンス条項をよく確認してご使用ください。

License:

Copyright 2006 James Newton-King
http://www.newtonsoft.com

This work is licensed under the Creative Commons Attribution 2.5 License
http://creativecommons.org/licenses/by/2.5/

You are free:
* to copy, distribute, display, and perform the work
* to make derivative works
* to make commercial use of the work

Under the following conditions:
* You must attribute the work in the manner specified by the author or licensor:
  - If you find this component useful a link to http://www.newtonsoft.com would be appreciated.
* For any reuse or distribution, you must make clear to others the license terms of this work.
* Any of these conditions can be waived if you get permission from the copyright holder.
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

jsMath - ブラウザで数式を表示

jsMath

私には、全く縁がありませんが、ブラウザで数式を表示することの出来るライブラリがありました。

サンプルです。(他にもあります)。

興味ある方は試してみてください。

feedpath tags:   generated by feedpath

jconsole - Javaでリソースを監視

jconsole(じぇいブログ)

Javaでは、jconsoleというリアルタイムにスレッドやメモリを監視できるツールがあるとのこと。

知らなかったのでメモ。


jconsole の使用
http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/docs/ja/guide/management/jconsole.html
feedpath tags: ,   generated by feedpath

JavaScriptユーティリティ-文字列操作・MD5生成

JavaScriptのユーティリティが公開されていたので、ご紹介です。


文字列の操作を行うjavaScript Class
(Kanasansoft Web Lab.)

以下の文字列操作機能あり。
  • HTMLエンコード
  • HTMLデコード
  • HTMLエンコード(Bookmarklet用)
  • JavaScriptエンコード
  • tab->space変換
  • 改行-><br/>変換
  • 文字バイト長取得
  • 繰り返し文字取得

JavaScriptによるMD5の実装(Kanasansoft Web Lab.)

与えられた値から、MD5のハッシュ値を生成します。


どちらも、New BSD Licenseとのこと。

Newがつくと何が違うのかは分かりませんが。。。
feedpath tags:   generated by feedpath

2006/12/16

Windows Vistaの文字コード問題は大したことはない?

複数の事象を混同しがちなVistaの文字問題(ITpro)

Windows Vistaで起きる文字コードの問題は、現在の仕組みでも起こりうるのだから、今問題が起きてなければ大丈夫であろうとのこと。

あれ?じゃあ、この記事はなんだったんでしょう?

日本語文字セットがVista最大の問題として急浮上(ITPro)

こんなことを言ってましたが。
「Vistaを使うユーザーは、本人が意識することなく新規追加文字を使ってしまう可能性がある。制御不能だ」と冒頭の大手ベンダー幹部は頭を抱える。

今後、ユーザー企業は、現在使用しているミドルウエアやパッケージ製品が新文字セットに対応しているかどうかを、早急にベンダーに問い合わせる必要があるだろう。

ま、いっか。。。


記事では、今ユーザが気にしている問題を以下の3つにまとめてます。

  1. フォントの形が一部変わった
  2. 追加された文字があること
  3. 追加された文字はUnicodeでしか扱えない
それで、Windows XP/2003/Vistaの混在環境では、以下の2通りの対応方法あり。

  1. JIS2004に統一
  2. JIS90に統一
あと、Windows Vistaで追加された文字はUnicodeでしか扱えず、MicrosoftはシフトJIS2004には対応しないとのこと。

追加された文字がUnicodeでしか扱えないことについては、以下のように述べています。
Unicodeでしか扱えない文字が存在するのは,Windows Vistaに始まったわけではない。Windows 98/Windows NT 4.0 SP4は,JIS X 0212(補助漢字)に対応しているが,これらの追加された文字は既にUnicodeでしか扱えなかった。
へぇ。。。

そして、Unicodeで1文字を4バイトで表すサロゲートペアについては、Windows Visata/XP/2003は対応しているし、Windows 2000でもレジストリを変更すれば対応するとのこと。

ただし、デフォルトのアプリケーションでANSI(シフトJIS)をデフォルトにしているものは問題が起きるが、これはWindows XPのころからそうだった模様。

となると、企業内アプリケーションでは、JIS90に統一しておけば当座はしのげそう?

でも、いつかはJIS2004に切り替えるときが来るだろうけど、その頃までには移行方法も見つかってるでしょう。多分(笑)。

で、問題はやっぱりインターネット環境ですが、VistaでUnicodeのサロゲートペアがブラウザで入力されて送信された場合は、サーバ側は2文字の文字化けとして扱うのでしょうか?

なにせ手元にVistaが無いのでなんともはや・・・。






feedpath tags: ,   generated by feedpath

Windows Updateのファイルを丸ごとダウンロードするツール

“Windows Update”で公開されているファイルを一括ダウンロードできるソフト(窓の杜)

Windows Updates Downloaderという、MicrosoftのWindows Updateで公開されているファイルを一括でダウンロードできるツールです。要、.NET Framework2.0。

最近はやらなくなりましたが、ネットワークに接続されていないサーバのセットアップ時に、セキュリティパッチをまとめて適用する作業があったのですが、そのCD-ROMを用意するのって結構大変です。

そのOSで提供されているセキュリティパッチから調べなきゃいけないので。。。

でも、このツールがあれば、パッチのダウンロードが簡単にできますね。

使い方でちょっと迷ったのでメモ。
  1. サイトに行きWindows Updates Downloaderをダウンロード。
  2. サイトのUpdate Listsから自分の環境にあうリストをダウンロード。
    • (例)私の環境では、Windows XP のJapaneseでした。
  3. Windows Updates Downloaderをインストール。
  4. ダウンロードしたUpdate Listsをダブルクリックしてインストール。
  5. Windows Updates Downloaderを起動するとリストが表示されるので、必要なパッチをダウンロード。

Windows Updates Downloader


Windows Updates Downloader
http://wud.jcarle.com/
feedpath tags: ,   generated by feedpath

2006/12/15

Lightbox系Ajaxライブラリ一覧

Which Lightbox is right for you?

画像をブラウザでプレビューするLightboxというAjaxライブラリがあるのですが、Lightboxにはいろいろ種類があるようで、その一覧(16個ほど)が公開されています。

たくさんありますねぇ。。。




feedpath tags: , ,   generated by feedpath

2006/12/14

Microsoftアーキテクトセミナー - 「 DSL Tools 」のご紹介 に行って来ました

Microsoftアーキテクトセミナー - 「 DSL Tools 」のご紹介
日時:2006/12/14(木) 13:30~15:30
場所:新宿マインズタワー

モデル駆動開発で使用する「DSL Tools」を紹介する、Microsoftのセミナーに行って来ました。

セミナーの内容は、こんな感じ。

◇Software Factories Initiativeの説明

現在、MicrosoftはSoftware Factoriesを推進しているとのこと。

Software Factoriesは、ソフトウェア開発を”工業化”して、生産性と品質の向上を目指すもののようです。そして、そのためにモデル駆動開発を行うという方向性が示されている模様。

ソフトウェアファクトリーとは何か?」という記事では、以下のように述べられていました。
近代的な組織がビジネス予測とともに組織内の開発アプローチを改善することを望むなら Software Factories はベストな方向としてお勧めます。
そして、Software Factories Initiativeでは、以下のような取り組みを行うとのこと(Software Factories Initiativeより)。
Software Factories Initiative では、アーキテクトを対象にアーキテクチャに関する情報をはじめ、ソフトウェア開発の課題解決に向けた情報提供をカンファレンスやセミナーを通じて行います。

本 Initiative の活動を通して、アーキテクトに対する質の高い情報の提供と新たなアーキテクトの育成に取り組んでいきます。
Microsoftは、結構本気かも。


◇DSL Tools

DSLとは、Domain Specific Languageの略で、ドメインに特化したモデリング言語のこと。

そして、DSL Toolsは、UMLやER図のようなモデリング言語を、新しく定義し作成することができるツールです。

何故モデリング言語を新しく作るかというと、UMLなどの汎用的なモデリング言語では、コードの自動生成が難しくなるため。MDAはそれでうまく行ってない模様。

そのため、手間はかかるけれども、分野に特化したモデリング言語を新しく定義した方が、却ってコードの自動生成が簡単になるという考え方のようです。

このDSL Toolsというのがとんでもなくすぐれもので、自分で定義したモデリング言語を、Visual Studio 2005上でUMLのようにモデリングできてしまいます。しかも、コードの自動生成までできてしまいます。

時代はここまで進んでいたか、という感じです。

もちろん、DSL Toolsを扱うのは簡単ではなさそうですが、この取り組みに成功した企業と取り組まなかった企業は、数年も経つと大きく生産性に差が出そうですね。

ただ、このDSL Toolsが動作するのは、Visual Studio 2005 Standard Edition以上なんですよね。Express Editionは対象外。遊べない。。。

Visual Studio 2005 Standard EditionをAmazonで確認すると、買えない額でもないんですよね。これからのシステム開発の流れを見るためには、個人でも買った方がいいのかなぁ。。。

会社のは、Visual Studio .NET 2003でMSDNサブスクリプションなし。

うーん。。。


◇感想

なんというか、時代はいつの間にこんなに進んじゃったの?という感じです。

Web2.0というITの流れの他に、システム開発の自動化という動きが本格化してきているのに驚きました。


◇オンラインリソース

◇ダウンロード
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

Windows Vistaの文字化け-JIS第一水準~第三水準

Vistaで化ける字,化けない字(ITpro)

Windows Vistaの文字を、Windows XPに持っていくとどうなるか、JIS第一水準~第三水準までの7,614文字を全部調べたそうです。

大変、お疲れさまでした。。。 m(_ _)m

問題のある文字が、全て画像で見ることができます。

さて、記事の内容を表にすると、以下のようになります。

JIS 文字数 字形変化 XP表示不能 システム障害
第一水準 2,965 116 0 0
第二水準 3,390 12 0 0
第三水準 1,259 9 181 26
合計 7,614 137 181 26
※システム障害の26文字は、XP表示不能文字の一部

それで、記事では以下のようにまとめてます。
文字化けする318字のうち,純粋に文字コードの問題なのは図6の26字だけで,残り 292字(図1~5,7)は単にフォントの問題である。つまり,この292字に関しては,Windows XPパソコンでも,フォントを入れ換えればVistaと同じ字形にできる。

いやいや、そういう問題でなく(笑)。

文字コードの問題のやっかいな点の1つは、普段自分の名前で使ってる漢字の形が違うと、クレームを受けることです。以前、ホストの切り替え時に、外字登録できないものが出てきて問題になったことがあります。最近は、大分違うのでしょうが。。。

また、ここではコンピュータの環境がWindows VistaとWindows XPに限定されていますが、企業内ではまだWindows2000があるでしょうし、インターネット環境だとWindows9xやMac,Linux,FreeBSDなど多様なプラットフォームが混在します。

インターネットの環境で整合性を取るのは難しそうです。

というか、できるのでしょうか?

また、システム障害が起きうる26文字がやっかい。Unicodeのサロゲートペア(記事参照)の文字ですが、4バイトで1文字を表すため、データベースに格納する際に問題になりそう。

でも、問題になる文字が明らかになった分、以前よりは対応方法が考えやすくなった気がします。

記事では今後、JIS第四水準の調査もするとのことなので、発表に期待です。
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

IEの条件付コンパイルの解説記事

Conditional Compilation of JScript/ JavaScript in IE

IEの条件付コンパイルの解説記事(英語)です。

あまり見かけないのでメモ。

ちなみに、IEの条件付コンパイルというのは、IE独自のコメントの付け方で、ブラウザによって処理を切り替えることができるもの(私の理解では)。

下記スクリプトは元記事のものです。

ちょっと見づらくなってしまいましたが、このコードだと、全てのIEで3行目が実行されます。IE5以上だと5行目と6行目が実行されます。IE5以上ではないブラウザでは、8行目が実行されます。

IEの条件付コンパイルは、覚えておくと便利そうですね。

feedpath tags: , ,   generated by feedpath

2006/12/13

JavaScriptとブラウザオブジェクトのクイックリファレンス

JavaScript and Browser Objects Quick Reference

JavaScriptとオブジェクトブラウザのクイックリファレンスが公開されています。

印刷して使うようになってます。

かなり細かいところまで、サポートしているブラウザのバージョンが載ってるので大変便利。

特に、JavaScriptで操作可能なスタイルシートのプロパティ名の一覧があるのはGood。

ありそうで、なかなかないんですよね。これって。



feedpath tags: , , ,   generated by feedpath

Java SE6 正式リリース

米Sun,Java SE 6を正式リリース(ITpro)

Java Platform Standard Edition 6(Java SE6)が、正式リリースされたとのこと。

時代はどんどん進んでいますね。


Java Platform Standard Edition 6
http://java.sun.com/javase/6/
feedpath tags:   generated by feedpath

Office Live Betaのレビュー記事を見つけました

[Web]Office Live Betaレビュー(結構、真面目に使ってみました)(TRANS)

先日、MicrosoftのOffice Live Betaが公開されましたが(参照)、早速レビューを行っているエントリーを見つけました。素晴らしい行動力ですね。

エントリーによると、Office Live Betaはそこそこ使えるようです。

ただ、凝ったことはできないようなので、個人や中小企業向きな模様。


feedpath tags: ,   generated by feedpath

2006/12/12

Microsoftセミナー - SQL Server2005への移行とアップグレード に行って来ました

Microsoftセミナー - SQL Server2005への移行とアップグレード
日時:2006/12/12(火) 13:00 - 17:30
場所:新宿NSビル

現在、SQL Server2000を使っているので、いずれ必要になるSQL Server2005への移行とアップグレードのセミナーに行って来ました。

感想は、やっぱり、めんどくさいです。

まあ、いろいろ実験するにしても、情報をしっかり集めて、かなり計画的に取り組まないとうまくいきませんね、これは。

ここまではウィザードでできるけど、この部分は制限がついて、この部分は作り直しというように、細かい機能ごとにアップグレードできるかできないかが決まってます。

また、アップグレードする前の作業と、アップグレード後の作業もあったりします。

うへぇ。

まあ、そんな感じですが、SQL Server 2000からSQL Server 2005へのデータベースのアップデートと、DTSのアップデートについて、ちょっとメモ(以降、SQL ServerはSQLと表記)。


◇SQL2005概要
  • SQL2005エディション
  • SQL2005では、max server memoryオプションが厳格に
    • SQL2000は物理メモリが空いていれば上限を超えて利用可能
    • SQL2005では制限値に達するとエラー
  • SQL2005では、新規DBを圧縮ドライブに作成できない
  • コマンドラインツールのisqlがなくなる
  • コマンドラインツールとしてSQLCMDが新しく追加
  • ユーザとスキーマを分離可能に
    • SQL2005では、Server.Database.Schema.Object
    • 規定のスキーマが設定可能/デフォルトはユーザ名

◇移行・アップグレードの方法

  • アップグレード(In-place Upgrade)
    • SQLのインスタンスを直接アップグレード
    • 高速で簡単
    • トランザクションがないためリスク高い
    • 新旧環境での比較ができない
  • マイグレーション(Side-by-Side)
    • 新旧環境を共存させて、手作業で移行
    • 手間と時間がかかる
    • 新旧環境での比較可能
    • 追加のハードウェアリソースが必要になる

◇移行・アップグレード前に必ず行うこと
  • SQL Server 2005アップグレードアドバイザでDBを分析
    • DTSがない場合は日本語版を使用
    • DTSがある場合は英語版を使用

◇DBエンジンのアップグレード(In-place Upgrade)
  • SQL2005のセットアップからアップグレード

◇DBエンジンのマイグレーション(Side-by-Side)
  1. デタッチ/アッタッチ
  2. バックアップ/復元
  3. SQLスクリプト/データは別移行
  4. 管理ツールからデータベースコピーウィザード
  5. SSISパッケージを作成して移行

◇DTSのアップグレード(In-place Upgrade)
  • SQL2005のセットアップでアップグレード
  • 管理ツールのレガシ下で管理される
    • SQL2000 DTSデザイナコンポーネントでのみ編集可能
  • DTS2000のランタイムで動作
  • レガシ下のパッケージ/タスクをウィザードで移行可能
    • 移行できないものがある
    • DTS2000パッケージ実行タスクになったものは、DTSデザイナコンポーネントでのみ編集可能
    • DTS2000パッケージ実行タスクは、32bitのみサポート

◇DTSのマイグレーション(Side-by-Side)
  • SSISの移行ウィザードを使用

◇ダウンロード

◇オンラインリソース


feedpath tags: ,   generated by feedpath

画像からASCIIアートを自動作成するサービス

IMG2TXT: ASCII Art Made Easy!

ネット上の画像から、ASCIIアートを作成してくれるサービスです。

デモを見てみましたが、なかなかよくできてます。

何に使うの?という声が聞こえてきそうですが、おもしろいからいいんです(笑)。

画像サイズは、640×480以下のものがいいようです。
feedpath tags:   generated by feedpath

2006/12/11

ライト、ついてますか

本タイトル: ライト、ついてますか―問題発見の人間学

コメント:
ワインバーグ氏の本を初めて読みましたが、この本は面白かったです。

妙なユーモアたっぷりでいて、問題解決について深い見識が述べられています。

少し、問題解決についての定義をいくつか見たいと思います。

正しい問題定義が得られたと言う確認は
決して得られない。
だがその確信を得ようとする努力は、
決してやめてはいけない。
人は問題が目の前に来ると、慌てて答えを見つけようとしますが、そもそも、その解こうとしている問題が、本当に正しいのかは分からないというお話。

すべての解答は次の問題の出所
いくら問題を解いても、新しい問題が出てくるというお話。現実もそうですね。

あとから調べてみれば、
本当に問題を解いてほしかった人は
そんなにはいないものだ
何とも、問題解決することがイヤになるような定義ですが、問題解決をすることで不利益を被る人がいることを考えれば、仕方ないところでしょうか。。。

いやぁ、深い。

現実に問題か起きると、脊髄反射的に反応してしまいがちですが、本当は何が問題なのか、誰の問題なのかなど、いろいろ考えなければいけませんね。

評価: stars

評価者: fnya

評価日付: 2006-12-11

画像(URL):

著者: ドナルド・C・ゴース, G.M.ワインバーグ, 木村 泉

出版年月日: 1987-10

出版社: 共立出版

ASIN: 4320023684

feedpath tags:   generated by feedpath

Microsoft, 無料で独自ドメインとサイトを作成できる「Office Live Beta」を提供開始

無料でドメイン名が取得でき、サイトが構築できる「Office Live Beta」(GIGAZINE)

Microsoftが、無料で独自ドメインを取得できて、サイト構築までできる「Office Live Beta」を提供開始したとのこと。

取得できるドメインはcom,net,orgですが、ドメインの持込もできるし、有償で別ドメインも作成可能な模様。

サービスの詳細は、以下の通り。

個人事業主とか小規模事業所向きのオンラインサービスで、無料版の「Microsoft Office Live Basics Beta」の場合、独自ドメイン1つ・電子メールアカウント25個(1カウントの容量は2GB)・Webサイトホスティング(容量500MB)・Web デザインツール(AJAXを使っているとのこと)・トラフィックレポートツール・データバックアップ(1日前のデータが保存される)が利用できます。
なんか、すばらしいサービスですね。

Microsoftを見直しました(笑)。

Office Live ホーム ページ
http://office.microsoft.com/ja-jp/officelive/default.aspx
feedpath tags: ,   generated by feedpath

GmailでPOP3アカウントの読み込みが可能に

おお、Gmailはこれで完璧になった(TechCrunch Japanese)

Gmalで、他のPOP3アカウントの読み込みが可能になったとのこと。

なので、自分のプロバイダのメールなどもGmailで送受信が可能になります。

Googleのアナウンスを見ると、Fromアドレスもカスタマイズできるので、他のPOP3アカウントからメールが送信されたように見せることも可能。

記事内のGoogleのアナウンスを見ると、まだユーザ数は限定しているようですが、近いうちに全ユーザで使用できるようになるようですね。

これで、有料オプションなどがあって、Gmailアカウントが削除されない保証があれば、Gmailに乗り換えたいものです。

ある日いきなり使えなくなってましたじゃ、安心して使えないですからね。。。
  generated by feedpath

2006/12/10

log4js - JavaScriptログ出力ライブラリ

Log4js - The Logging API for JavaScript

Javaの log4j をJavaScriptに移植した、log4jsというライブラリが公開されています。

ライセンス形式は、Apache License 2.0になっています。

これは、すごい便利!

どの辺が便利かというと、log4jsではログの出力レベルを設定できるのですが、デバッグ用のログを出力するコードがあったとしても、出力レベルを高くすると、そのコードがスキップされるところです。

ですので、デバッグしやすいコードを書いたままで、全体の設定をちょっと変えるだけでリリースすることができるようになります。

素晴らしい。

で、サンプルは以下のようになります。




このコードを実行すると、別ウィンドウが表示されます。

log4jsスナップショット

そして、設定をERROR以上にすると、以下のようにログの内容が変わります。

log4jsスナップショット

設定をOFFに変えると、何も表示されなくなります。


feedpath tags: , ,   generated by feedpath

2006/12/09

VB6からVB.NETへの移行はやっぱり大変そう

VB研公開ゼミ議事録
第2回 私はコレで、VB 6を卒業しました(@IT)

Windows Vistaでも、VB6はサポートされることになりましたが(参考)、今後のことを考えれば、新規アプリは.NETでいくしかなさそうです。

とはいえ、VB6の資産をVB.NETへ移行するのは、やはり厳しそうですね。

コンポーネントベンダーのグレープシティでは、実際に移行しようとしたけれどうまくいかず、結局C#で一から作り直したそうですし。

また、VB6を.NETのアップグレード・ウィザードで移行して、コンパイルが通ったとしてもうまく動かず、結局は新規で作るより時間がかかってしまうことがあるとのこと。

ただ、VB6でもMicrosoftの推奨どおりに作っていれば、もう少しマシなようです。

これについては、Microsoftから「Code Advisor for Visual Basic 6.0」という無償ツールが提供されているので、このツールでコードを修正してからアップグレード・ウィザードにかけるとよいとのこと。

Code Advisor for Visual Basic 6.0 - 日本語版
 https://www.microsoft.com/japan/msdn/vbasic/downloads/codeadvisor/default.aspx

また、VB6では、WinAPIを直接呼び出すコーディングをしているケースがありますが、「Microsoft Win32 と Microsoft .NET Framework API との対応」というドキュメントがMicrosoftから提供されているので、活用できそうです。

Microsoft Win32 と Microsoft .NET Framework API との対応
https://www.microsoft.com/japan/msdn/net/general/win32map.aspx

さらに、Visual Studio 2005 Express Editionという無償バージョンもあるので、勉強するには十分かと。

Visual Studio 2005 Express Edition
https://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/default.aspx


feedpath tags: ,   generated by feedpath

2006/12/08

.NET2.0アプリが.NET3.5で動くらしい

「.NET 2.0アプリは.NET 3.5で動く」米MSの開発者がブログで言及(ITpro)

.NET Framework3.0は、Windows Vistaで標準搭載されますが、Windows Vistaの企業向けリリースは2006年11月30日、一般ユーザ向けは2007年1月30日です。

それなのに、.NET Framework3.5が2007年中にリリースされるとのこと。

なんといいますか、.NET Frameworのバージョンアップ速度が早すぎですねぇ。。。

一応.NET Framework2.0のアプリケーションは.NET Framework3.5でも問題なく動作するそうです。.NET Framework3.5のCLRが.NET Framework2.0と同じようなので。

ちなみに、.NET Framework2.0のアプリケーションも同様の理由で、.NET Framework3.0でも動作します。

逆に言えば、.NET Framework1.xのアプリケーションはだめということ?

これからも.NET Frameworkを使いたければ、最低でもVisual Studio 2005を購入して、.NET Framework2.0に移行しろということなのかなぁ。。。

Windows Vistaでは、.NET Framework1.0は動作保証されませんし、開発ツールもVisual Studio 2005 SP1以降もしくはVisual Basic 6.0しか動作保証されないようなので。

【参考】Windows Vista で動作する Visual Studio

うーむ。。。

まだ、Visual Studio .NET 2003 と.NET Framework1.1で開発中なのですが。。。








feedpath tags:   generated by feedpath

2006/12/07

ココログ大丈夫?

「ココログ」53時間メンテ中に問題発生、元に戻して再開(ITmedia News)

こういうのを載せるのもアレなんですが。。。

今回、ココログで53時間メンテナンスという、Webの常識では考えられないメンテナンスをしていたのですが、どうやら失敗に終わった模様。

で、元の状態に戻してサービス再開。

しかも、サービスを止められた多くのユーザは有料ユーザ(私は違いますが)。

そりゃ、ユーザ怒りますよ。

以前も、メンテナンスで失敗してたし。。。

ココログ、さすがにマズイでしょ。
feedpath tags:   generated by feedpath

Ajaxでドメインを超える方法

Cross Domain Ajax: a Quick Summary

AjaxでXHLHttpRequestを使用する場合は、セキュリティの関係上、異なるドメインのWebサービスにアクセスできません。

その問題を回避して、異なるドメインのWebサービスを呼び出す方法がまとめられています。
  1. サーバプログラムをプロキシとして利用
    • スタンダードな方法。
    • 処理の途中で失敗する際の制御を自分で行う必要あり。
  2. JSONを利用
    • Webサービスの戻り値をJSONにする。
    • 戻り値の中にコールバック関数名を書いておき動的に実行。
    • セキュリティ面で考慮が必要(Yahoo!は既に使ってる)。
    • こちらでライブラリをダウンロード可能。
  3. Flashを利用
    • Flashもデフォルトではクロスドメインができない。
    • しかし、その制限を外す方法がある模様。

将来的には、ブラウザも対応していくかも。
Some have already begun looking into establishing standards that could be implemented into future browsers, such as JSONRequest and ContextAgnosticXMLHttpRequest.


【参考】
Ajax で XMLHttpRequest のクロスドメインを越える方法で、JSONP というもの
http://blog.g-up.com/hidenori_goto/?s=2&b=10628

Web サービス API の主流が JSONP へ向かう前に注意すべきこと
http://blog.g-up.com/hidenori_goto/?s=5&ym=200608&ymd=20060831
feedpath tags: ,   generated by feedpath

JavaScriptでアスペクト?

Creating extensible Prototype Widgets(Ajaxian)


JavaScriptでアスペクトを実装しようとしてると思われるコードが、Ajaxianで紹介されてました。

コードを公開している元記事のencytemediaでは、以下のようになっていました。


・アスペクトのコード


・使用例

すごいことを考える方がいるものですね。

素晴らしい。

Avoiding Bloat in Widgets(encytemedia)
http://encytemedia.com/blog/articles/2006/12/4/avoiding-bloat-in-widgets
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver

Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver

SQL Server 2005用のJDBCドライバーが、ダウンロードできるようになってました。

公開されたのは、2006年5月23日のようですが、全くノーマークでした。

いつの間に。。。

feedpath tags: , ,   generated by feedpath

2006/12/06

Operaでも便利にWeb開発

Operaは普段使っていないので、あまり情報を集めていませんでしたが、Web開発をするための環境が大分そろっているようですね。

Opera9 で快適 HTML 編集!(WebOS Goodies)

Opera9のHTMLソースビューは、ダイレクトにHTMLの編集ができるとのこと。


Opera の Web Developer Toolbar を試す(WebOS Goodies)

Operaの開発用ツールバーで、豊富な機能があるようです。


Opera が純正の開発者ツールをリリース(WebOS Goodies)

DOM ConsoleやCSS Editorがあります。


役に立つ情報に感謝です。



Opera web browser
http://www.opera.com/

Web Developer Toolbar & Menu for Opera
http://operawiki.info/WebDevToolbar

Opera developer tools
http://dev.opera.com/articles/view/opera-developer-tools/

feedpath tags:   generated by feedpath

Yahoo!画像検索がパワーアップ

ヤフーが「Yahoo!画像検索」を刷新、ユーザーインタフェースを強化(nikkei BPnet)

Yahoo!の画像検索に、画像のプレビュー表示機能が追加されたとのこと。

しかも、キーボードだけでなく、マウスホイールでも操作可能です。

日本独自のインターフェースというのがポイントですね。

Yahoo!画像検索スナップショット


feedpath tags: ,   generated by feedpath

2006/12/05

Microsoftセミナー - SQL Server2005 ADO.NET2.0 プログラミング に参加しました

Microsoftセミナー - SQL Server2005 ADO.NET2.0 プログラミング
日時:2006/12/05(火) 10:00 - 17:00
場所:新宿NSビル

久しぶり(何年かぶり?)の社外セミナーに参加してきました。

今使っている環境は、ADO.NET1.1 + SQL Server 2000なので、ADO.NET2.0 + SQL Server 2005 になってどれ位変わったのかを知りたくてセミナーに参加です。

セミナーの講師の方は、随分と分かりやすく説明してくれるなぁと思っていて、家に帰って調べてみたら、結構人気講師の方でした。

その講師の方は、NECラーニングの山崎明子さんです。

ネット上には、山崎明子さんのご活躍ぶりが分かる情報がたくさんありました(サイト1サイト2サイト3)。

また、書籍も出版されてるようです(サイト1より)。
あと、VB系の方はよくご存知かと思う「Visual Basic .NET移行ガイド~やっぱりVBが好き~」の執筆もされているようですね。

いやいや、すごい方に教えていただけて、ラッキーです。

さて、セミナーの内容ですが、ADO.NETの基本からADO.NET2.0で変わったこと、SQL Server2005+ADO.NET2.0でできることなど、幅広いものでした。

とても勉強になりました。

以下は、備忘録です。

・SQL Server2005の特徴
  • VS2005の統合による開発生産性向上
  • .NET言語によるストアド作成
  • T-SQL拡張
・ADO.NET2.0の特徴
・SQL Server2005 + ADO.NET2.0で出来ること
  • MARS
    • 1つのConnectionで、複数のCommandを実行可能に。
  • 自動昇格トランザクション(System.Transactions)
    • 接続が1つの時はローカルトランザクション、複数の接続になると自動で分散トランザクションになる。
・その他メモ
  • DataSetのUpdateの競合発生時処理
  • DataSetとDataReader
    • WindowsアプリはDataSetが基本。
    • WebアプリはDataReaderが基本。
    • WebサービスはDataReaderが基本
  • Session領域は一般に500KB。
  • 接続文字列(セミコロン(;)で接続,参考)
      パラメータ 説明 設定値 既定値
      Data Source(Server) サーバー    
      Integrated Security Win統合セキュリティ True(SSPI) / False False
      User ID(uid) ユーザ    
      Password(pwd) パスワード    
      Initial Catalog(Database) デフォDB    
      Pooling プール設定 True/False True
      Max Pool Size 最大プール   100
      Min Pool Size 最小プール   0
feedpath tags: , , ,   generated by feedpath

Firebug1.0β版リリース - Firebugがパワーアップ!

Firebug

Firebug1.0 β版がリリースされました。

今までは出来なかった、HTMLやCSSの直接編集ができるようになりました。

これでWeb開発がかなり楽になりますね。

・画面イメージ
Firebug画面イメージ


・HTML編集中
HTML編集中画面イメージ


・CSS編集中
CSS編集中画面イメージ


・CSSをレイアウトを見ながら編集中
CSS編集中画面イメージ


・上記CSS編集中はルーラーが表示される
CSS編集中画面イメージ


feedpath tags: ,   generated by feedpath

Firebug Lite - IEやOperaでFireBugのconsoleをエミュレートするライブラリ

Firebug Lite

FireFox拡張のFirebugを利用すると、Ajaxの開発で、JavaScriptのデバッグやDOMインスペクタなどを利用できて非常に便利です。

ただ、colsole.logなどはコンソールに値を出力できるのですが、FireFox以外のブラウザで実行するとJavaScriptエラーになる問題があります。

このFireBugLigeというライブラリを読み込んでおくと、JavaScriptエラーが出ないだけでなく、ある程度ならコンソールにも値を出力してくれます。

JavaScriptエラーがでないだけでよいなら、同じサイトにあるfirebugx.jsを読み込めば大丈夫です。

これは便利!

・サンプルコード


・画面イメージ
FireBugLiteスナップショット1


・F12キーを押した後の画面イメージ
FireBugLiteスナップショット2
feedpath tags: ,   generated by feedpath

2006/12/04

Excelでガントチャートを作成するマクロ

ガントチャートforExcel(Vector)

Excelでガントチャートを作成できるマクロの、「ガントチャートforExcel」がVectorで公開されています。

多少クセがありますが、これは便利!

尚、マクロをカスタマイズしたい場合は、作者の方のサイトにて5,000円でソースを購入することができます。

・スナップショット
ガントチャートforExcelスナップショット

feedpath tags:   generated by feedpath

 

   

Microsoft圧縮(LZH形式)フォルダ

フリーソフト MicrosoftでLZHファイルを管理しましょう!!(SEが薦める役に立つ フリーソフト & ソフト)

Microsoft製のLZHツールが紹介されています。

このツールをインストールすると、LHZで圧縮されたファイルの中身を、普通のフォルダと同じように扱うことができます。

かなり便利ですね。

実際には、こんな感じ。

↓LZHファイルのアイコンが緑色のフォルダになります。

スクリーンショット1

↓LZHファイルをダブルクリックすると、中身が見えて普通のファイルと同様に扱えます。

スクリーンショット2


ダウンロードは以下のサイトより。

正規のMicrosoftソフトウェア
http://www.microsoft.com/genuine/offers/default.aspx
feedpath tags: ,   generated by feedpath

2006/12/03

直交表は甘くない?

マイリストに「ソフトウェアテストにおける直交表(HAYST法、All-pair法)の利用」をアップ(つれづれなる技術屋日記)

ソフトウェアテストで直交表を使うことに関しての考察が、PDFでまとめられて公開されています。76ページの大作です。(画面右側のマイリストにあります)

ありがたいですね。感謝です。

さて、直交表を使えば、単純にテストケースが減ると期待してましたが、そんな簡単には行かないようですね。

直交表をテストに取り組むとなると、学ぶことや取り組むことが相当ありそうです。

うーん。厳しい。。。

でも、うまく直交表を利用できると得られるメリットも捨てがたい。

まずは、少しずつでも知識を増やすことから始めたいと思います。


feedpath tags: ,   generated by feedpath

2006/12/02

英辞郎 第二版 + Mouseover Dictionary

最近、英語サイトを見る機会が増えてきているのですが、英語が苦手なのでひどく苦戦していました。

今までは、Googleツールバーのポップアップ辞書を使ってみたりしていましたが、どうもいまいち。

それで、やむなく「英辞郎 第二版」を買ってきたのですが、これは便利!

2,500円位でこれだけ便利なら、もっと早く買っておけばよかった。。。orz

ただ、最近は書店でもあまり売っていないようですね。私もいくつかの書店を回りましたし、Amazonでもユーズド商品しかないようです。


さて、英辞郎には、PDICというツールが付いているのですが、かなり便利ですね。

・英和・和英辞書機能

1つのツールで、英和辞書としても和英辞書としても使えます。

PDICスクリーンショット


・テキスト内の英単語の意味をポップアップ表示

ポップアップ検索ウィンドウを起動して、テキストファイルを読み込むと、マウスオーバーした単語の意味がポップアップ表示されます。

英語版ツールのドキュメントを読むのに、とても便利。

ポップアップ検索スクリーンショット



そして、英辞郎と一緒に、FireFoxの拡張であるMouseover Dictionaryを使うとさらに便利。

FireFoxで表示された英単語にマウスをあてると、サイドバーに英単語の意味が表示されます。

Mouseover Dictionaryスクリーンショット


うーん。素晴らしい。


【補足】
英辞郎関連のツールで、DokoPop!というものがあります。これは、ブラウザなどで英単語の意味をポップアップ表示してくれるのですが、私の環境(WinXPsp2+IE7)ではうまく動きませんでした。
feedpath tags:   generated by feedpath

2006/12/01

VMWareの仮想ディスクサイズ変更方法

VMware で仮想ディスクのサイズを変更したくなったとき(drk7.jp)

VMWareの仮想環境を使っていると、時々、仮想ディクスの容量が足りなくなってしまうことがあります。

今までは、仮想ディスクを追加することでしのいでましたが、仮想ディスク自体の容量を増やす方法が紹介されていました。

できないものだとあきらめてましたが、方法があったんですね。

feedpath tags:   generated by feedpath

Windows Vista, 2007 Office Systemが企業向けに提供開始

マイクロソフト、Windows Vista と2007 Office system を企業向けに提供開始(Japan.internet.com)

Windows Vistaと2007 Office systemが、企業向けにリリースされました。

ボリュームライセンスでの提供のため、5ライセンス以上の購入が必要な模様。

企業内で使用されることで、JIS2004の文字コードの問題に対する解決策が出てくることを期待です。
feedpath tags: ,   generated by feedpath

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから