2006/11/22

USBメモリの中にLinux


名付け親はゆうこりん、USB経由でLinuxを起動する「wizpy」(ITpro)

ターボリナックスが、フラッシュメモリーにOSを格納し、USB経由でブート可能な「wizpy(ウイズピー)」を発表したとのこと。

フラッシュメモリーは4GBあり、1.5GBはOSが使用するけど、残りの2.5GBはユーザが使用できるそうです。

出荷は2007年2月からで、価格は3万円未満にする計画だそうです。

名付け親がゆうこりんというのが変わってますが。

これいいなぁ。

USBに接続するだけで、自分の環境がどこででも使えるのは魅力です。
feedpath tags:   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

USBメモリさえあれば、wizpyでなくても、Linuxは起動できますよ。というか、ほぼ同じ機能を実現できます。
http://kserv.jec.ac.jp/news/release_2005-04-10.html

違うとすると単独で音楽などを聴けないだけ。

それを知っていても、私もほしいですが・・・。(新しいもの好きなので。)

atthegateさん、コメントありがとうございます。
iPod shuffleからKNOPPIXを起動できるんですね。
世の中には便利なことを考える方がいますね。
ありがたいことです。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから