2006/11/28

フランス議会がクライアントPCをLinuxに移行


フランス議会、Windowsを捨てLinuxに移行へ(CNET Japan)

2007年6月以降、フランス議会で使用されるPCにはLinux OSとオープンソースのソフトウェアが使用されるとのこと。

ヨーロッパはオープンソースに好意的(というか反MS?)なところはあると思いますが、公的機関がクライアントPCにLinuxを正式採用するというのはインパクトがありますね。しかも、1,154台も。

クライアントPCがLinuxというのも、普通の風景になるときが来るのかもしれませんね。
feedpath tags: , ,   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから