2006/10/15

SE の教科書 ~成功するSEの考え方、仕事の進め方


本タイトル: SE の教科書 ~成功するSEの考え方、仕事の進め方

コメント:
この本は、業務システム開発に携わるSEの考え方や仕事の進め方について書かれています。

第1章のタイトルは、次のようになっています。


  • SEの仕事は「人」が9割



システム開発だって人と行うものですから、人とのコミュニケーションが重要なのは言うまでもありません。

それが何で9割もしめるかというと、この本のなかでのSEの仕事は、業務分析・仕様策定やプロジェクト運営に関わることになっていて、実装関連はプログラマーが引き受けることになっているためです。

また、外部設計書で詳細に記述することで、内部設計書は作成しないため、SEは技術的なことはより仕様策定に集中するということでしょう。

ちょっと極端な気がしますが、筆者はこのやり方で実績を上げているそうなので、これも一つのやり方なのでしょうね。

これを念頭において読んでみると、効果的な会議の方法や、マネジメントの方法など参考になることが書いてありました。





評価: stars

評価者: fnya

評価日付: 2006-10-15

画像(URL):

著者: 深沢 隆司

出版年月日: 2006-01-19

出版社: 技術評論社

ASIN: 4774126527

feedpath tags: , ,   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

楽しく読ませていただきました。SEも人柄なんですね少し関連している私のサイトです。よかったら覗いてくだい。仕事の質を高める。http://shigotonoshitsu.com/entry2.html

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから