2006/10/22

SEの読書術―「本質を読む」力を磨く10の哲学


本タイトル: SEの読書術―「本質を読む」力を磨く10の哲学

コメント:
面白そうなテーマなので、思わず買ってしまいました。

この本は、現在活躍されている10人のSEの方の読書術が紹介されています。ちなみに、この10人の方は、いずれも書籍を出版されています。

大雑把に言ってしまうと、SEとしての読書術はこんな感じでしょうか。

1.いい本を選び量を読む
2.分からないときは原典や仕様書まで読む
3.必要なら洋書でも読む
4.ネットより本で学ぶ
5.本に書いてあることは基本

未だ洋書を読んだことがないので耳が痛い。。。

ただ、ネットより本で学ぶというのは大いに賛成です。

ネットだけで技術を学んでしまうと、その技術全体を理解していないので、本筋から外れたような実装をしても気が付きません。

これは危険な取り組み方だと思います。

自分の知らない技術、特に大きなパラダイムシフトが起きた技術の場合は、最低でも1冊くらいは本で基本を身につけておきたいものです。



評価: stars

評価者: fnya

評価日付: 2006-10-22

画像(URL):

著者: 技術評論社編集部

出版年月日: 2006-02

出版社: 技術評論社

ASIN: 4774126624

feedpath tags: ,   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから