2006/10/31

番号ポータビリティはauの一人勝ち


「au」独り勝ち、約8万件増加 番号ポータビリティ制度(CNET Japan)

システム開発には関係ないですが、気になる話題なのでちょっと取り上げです。

番号ポータビリティ(MNP)が始まって6日経ったところでの状況は、auの一人勝ちで、加入者が約8万件増加したとのこと。

ドコモは約6万件の加入減のようですが、MNPが開始になればドコモは契約数は減るだろうと思ってましたので、こんなものでしょうか。

一方、ソフトバンクは件数を増やすどころか、2万400件の減少とのこと。さすがのソフトバンクも、いきなり結果はでなかったようです。

MNPによる契約者の増減も気になるのですが、その結果、全体の契約件数がどうなったのかの方が気になります。でも、そういった記述は記事内にはなく残念。
feedpath tags: ,   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから