2006/09/20

Windows Vistaのインターフェース


Windows Vistaで用意される4種類のインターフェース(GIGAZINE)

Windows Vistaで用意される4つのインターフェースのスナップショットが公開されています。まだ、Vistaの実物は見たことがないので、こういう記事はありがたいです。

で、Windows Vistaで用意されるインターフェースは以下の4つ。
  • Aero Glass
  • スタンダード
  • ベーシック
  • クラシック
なんか、Aeroってこんなものなの?って感じなのですが(笑)。

以前、VistaのAeroは1GBのメモリが必要という話がありましたが(こちら)、1GBもメモリを積んでこの程度のインターフェースだと、ちょっとがっかりです。。。

Aeroって、Windowが半透明になったり、傾いたりするようですが(こちらを参照)、イマイチその価値が分かりません。。。

.NET Framework3.0が動くことに価値があるのかなぁ。。。

でも、ここの.NET Framework3.0RCのダウンロード画面には、WindowsXPsp2もサポートするとあるし。。。

まさか、新フォントの「メイリオ」だけがメリット?

後は、新OSなので、残存サポート期間が長いくらいしかメリットが浮かびません。。。




feedpath tags:   generated by feedpath

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから