2006/07/03

Microsoft Ofiice 2007が、また発売延期


マイクロソフト、「Office 2007」の発売計画をまた延期

Office2007の発売が、パフォーマンスの問題があったため、また延びたとのこと。

同社は3月に、「Windows Vista」の発売延期にあわせてOfficeの一般発売も2007年1月に延期すると述べていた。それが今となってMicrosoftは、Office 2007の一般発売時期を「2007年初旬」と表現するようになっている。

いやぁ、パソコンメーカーは振り回されっぱなしですね。

また、こんな指摘も。

GartnerのアナリストMichael Silver氏は、Officeの計画延期によって、2003年末頃にボリュームライセンス契約を締結した企業は大きな影響を受けるだろうと指摘する。

Microsoft Enterprise AgreementやMicrosoft Software Assuranceの契約者は通常、契約時から3年間は、製品を最新版に更新する権利が与えられている。

Officeがバージョンアップするのを前提で契約したユーザは、詐欺だと思うでしょうね。一度もバージョンアップしないでお金だけとられた訳ですから。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから