2006/06/06

Windows Vistaは資源食い


Vista新UI「Aero」が与えるバッテリ駆動時間への影響

Windows Vistaは、Windows XPと比べるとかなりバッテリーを消費する模様。

匿名希望のあるハードウェアメーカーが社内テストを実施したところ、Vistaが「通常電源」モードに設定されているとバッテリ駆動時間が顕著に低下したという。

しかも。。。

5月に明らかにされたVistaのシステム要件では、これまでずっと提唱されてきた容量と変わらず512Mバイトのメモリが必須になっていた。

これは知りませんでしたが、512MBのメモリが必須ということは、快適に動作させるには、1GB以上のメモリが必要そうですね。

うーん。そんな資源食いなリッチインターフェースより、軽くてサクサク動いて、安全で、安定しているOSの方が欲しいのですが。。。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから