2006/06/13

続・Windows Vistaは資源食い


先日、「Windows Vistaは資源食い」という記事を掲載しましたが、その時は最低メモリが512MBだとお伝えしました。

しかし、Windows Vistaで採用されるインターフェースの「Windows Aero」について、以下の記事がありました。

MSが心配する「ビジネスPCにVistaはいらない」の声

Windows Aeroをフル機能で利用するには高性能なPCが必要だ。Vistaを動作させるための最低のシステム要件は、Windows XPが動作するPCで、最新のCPU、512MB以上のメモリ、DirectX 9クラスのグラフィックスプロセッサを備えること。だが、この最低要件ではWindows Aeroは利用できない。Windows Aeroを使うには「Windows Vista Display Driver Model」をサポートするグラフィックスプロセッサ、1GB以上のメモリなどが必要とされる。

最新のCPU,1GB以上のメモリ、特定用途のグラフィックス用プロセッサが必要とは。。。

いくらなんでも資源を使いすぎでしょう。

Windows Vistaにも興味はあったのですが、自宅PCはあと2年はWindows XPかな。

ハードが十分に進歩してから移行しようかと思います。

別にインターフェースが新しくなくても十分使えますので。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから