2006/06/01

日本IBMが仮想化技術を使用したシンクライアントを提供開始


日本IBMが仮想化技術を活用したシン・クライアント、100台で4000万円から

シンクライアントというと、個人にPCを配布するより安くなるイメージがあったのですが、そういう訳でもないようですね。

1台あたりのコストが40万円ほどですか。。。

となると、資源の集中管理による管理コストの低減と、データを個人のPCに持たないというセキュリティの確保という点が、採用理由になるでしょうか。

仮想化技術もどんどん進歩してますね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから