2006/06/01

日本IBMが仮想化技術を使用したシンクライアントを提供開始


日本IBMが仮想化技術を活用したシン・クライアント、100台で4000万円から

シンクライアントというと、個人にPCを配布するより安くなるイメージがあったのですが、そういう訳でもないようですね。

1台あたりのコストが40万円ほどですか。。。

となると、資源の集中管理による管理コストの低減と、データを個人のPCに持たないというセキュリティの確保という点が、採用理由になるでしょうか。

仮想化技術もどんどん進歩してますね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール