2006/05/16

SQL CLR


SQL CLRの仕組みとメリットを理解しよう

SQL Server2005で導入された、SQL CLRの解説記事です。

SQL CLRとは、SQL Serverに、.NETのCLR(Common Language Runtime:共通言語ランライム)を統合したもので、ストアドプロシージャをC#やVB.NETで記述可能になるものです。

いい感じな部分を引用します。

C#やVisual Basic .NETといった言語でストアドプロシージャやユーザー定義関数、トリガといったデータベース・プログラムを記述できます。

クライアントはSQL CLRで作成されたことを意識する必要はなく、Transact-SQLで作成されたプログラムと同様の呼び出しを行うことができます。

独自開発のライブラリ群の利用も容易に行えるため、コード資産の有効活用という点でも優れています。

Visual Studio 2005を利用してSQL CLRの開発を行うことにより、デバッグやコーディング支援、プロジェクト単位での管理、コードの履歴管理など、生産性を向上させる各種機能の利用が可能となります。

SQL CLRはSQL Serverと同一プロセス上で実行されます。このため、外部プログラムからのアクセスに比べ、非常に高速な処理が可能となります。

うーむ。なかなか、いい感じ。

SQL Server2005を使うなら、SQL CLRは検討の価値有りですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから