2006/04/21

長崎県のシステムをオープンソース化


長崎県、さらに4システムをGPLで公開

長崎県庁が、同県が開発した電子自治体向け4システムのソースを、GPLでオープンソース化したとのこと。

スケジューラなんかは、リッチクライアントの選択肢である、Curlを使っているようです。

目的は、財政面や人材面で苦しむ市町村の支援と、地場IT産業の振興とのこと。

なかなか面白い試みですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから