2006/04/21

長崎県のシステムをオープンソース化


長崎県、さらに4システムをGPLで公開

長崎県庁が、同県が開発した電子自治体向け4システムのソースを、GPLでオープンソース化したとのこと。

スケジューラなんかは、リッチクライアントの選択肢である、Curlを使っているようです。

目的は、財政面や人材面で苦しむ市町村の支援と、地場IT産業の振興とのこと。

なかなか面白い試みですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール