2006/04/06

Mono1.2β版公開


ノベル、「Mono 1.2」のベータプログラムを開始--.NETアプリのLinux移植を容易に

Monoは、Linux上で.NETのアプリケーションを動作させることができるフレームワークのことですが、今までは「どうせ中途半端なものだろう」くらいに思っていたのですが、少し認識が変わりました。

以下、記事より引用。

Monoでは、Microsoft .NET開発フレームワークのグラフィカル・ユーザー・インタフェース(GUI)部分である「Windows.Forms API」をフルにサポート。

このベータリリースは、.NET 1.1を完全にサポートし、部分的に2.0にも対応する。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから