« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/28

JavaScript圧縮ツール

JSMin

JavaScriptでプログラムを書いていると、いつの間にか結構大きな容量になっていて、読み込むのに時間がかかるようになってしまいます。

そんなときには、このJSMinを使用すると幸せかもしれません。

JSMinを使用すると、コメント文を全て削除し、不要な改行コードをとり、余計なスペースもとってくれます。なので、容量が小さくなるだけでなく、コードの難読化にもつながります。

DOSコマンドで簡単に実行できるので、是非お試しください。

2006/04/27

Atlas Control Toolkit

[ASP.NET "Atlas"] Atlas Control Toolkit

ASP.NETでAjaxなコントロール集である、Atlas Control Toolkitが公開されたとのこと。

下記アドレスでサンプルを見ることができます。

http://atlas.asp.net/atlastoolkit/

思ったよりできることが少ない(笑)。

でも、JavaScriptなしに使えるならうれしいですけどね。

2006/04/26

JKL.ParseXML

[ajax] JKL.ParseXML/ajax通信処理ライブラリ

Ajaxのナイスなライブラリのご紹介です。

このライブラリは、ブラウザのバックグラウンドでサーバーと通信(同期・非同期)し、取得したXMLをJSONの形式に変換してくれるというすぐれものです。

JSONに変換されると、XMLの内容を、JavaScriptのオブジェクトのようにアクセスできるので、とても開発効率がよくなります。

詳しくは、サイトをごらんください。

2006/04/25

GMOネット証券でLAMPを採用

LAMP採用のGMOネット証券、NECが構築

最近、オープンソースでシステムを構築する際にLAMPと呼ばれる組み合わせを使うことが増えているようです。

LAMPとは、Linux + Apache + MySQL + PHP (or Perl or Python)のことで、どれもオープンソースとしてはメジャーな存在です。

LAMPで有名なサイトといえば、mixi(ミクシィ)があります。ユーザ数300万を誇るサービスですが、LAMPでも、これだけのシステムを構築できるということですね。

で、今日のニュースでは、GMOインターネット証券がLAMPでシステムを構築したそうです。信頼性が強く要求される金融機関で、LAMPが採用された意味は大きいと思います。

今後、LAMPベースのサービスが増えてゆくかもしれませんね。

2006/04/24

.NET開発者のためのオンライン・リソース・ガイド

.NET開発者のためのオンライン・リソース・ガイド 2006

.NETのオンライン・リソースがまとめられています。

英語サイトも含まれていますが、メジャーなサイトを押さえていますね。

これから、.NETの開発をする方は参考にしてみてください。

2006/04/23

AJAX Webアプリケーション アイデアブック

stars Ajaxの基本が良く分かる

最近、Ajax関連の書籍も大分充実してきましたね。

この本は、Ajaxの基本から応用まで詳しい説明があり、なかなかGoodでした。

特に参考になったのが、イベントリスナーという考え方です。

今まで、JavaScriptでイベント処理をしようとする際には、以下のように記述していたと思います。

<input type=\"button\" value=\"sample\" onclick=\"funcName()\" />


これは、イベントハンドラーと呼ばれるやり方になります。

ではイベントリスナーはどうするのかというと、以下のようなタグがあったとします。

<input type=\"button\" value=\"sample\" id=\"sample\" />


このときに、JavaScriptで以下のような処理を記述します(FireForx)。

var samp = document.getElementById(\'sample\');
samp.addEventListener(\'click\', funcName, false);


こうすることで、タグに対して後からイベントを追加することができます。

これは、W3C DOMイベントハンドリングというもので、細かい制御もでき、今後のブラウザはW3C DOM準拠になることから、W3C DOMイベントハンドリングを採用するのが望ましいということです。

なかなか参考になりました。

hReview by fnya ,  2006/08/22

photo
AJAX Webアプリケーション アイデアブック
羽田野 太巳
秀和システム 2005-12-09

2006/04/21

長崎県のシステムをオープンソース化

長崎県、さらに4システムをGPLで公開

長崎県庁が、同県が開発した電子自治体向け4システムのソースを、GPLでオープンソース化したとのこと。

スケジューラなんかは、リッチクライアントの選択肢である、Curlを使っているようです。

目的は、財政面や人材面で苦しむ市町村の支援と、地場IT産業の振興とのこと。

なかなか面白い試みですね。

2006/04/20

SQL Server 2005 SP1提供開始

マイクロソフト,SQL Server 2005の「目玉機能」をようやく実装

2005年11月の製品版出荷での搭載が見送られた「データベース・ミラーリング/フェイル・オーバー機能」がようやく実装された。また無償版の「SQL Server 2005 Express Edition」にも簡易管理ツールなどが追加されている。

この「データベース・ミラーリング/フェイル・オーバー機能」で動作させるミラーサーバーはライセンスが不要というのがいいですね。

Express Editionにも簡易管理ツールが付くのもいい感じ。

Visual Studio 2005 Express無償化

Microsoft、Visual Studio 2005 Expressを無償化

いままで、各言語ごとのVS2005 Expressは無償で利用可能でしたが、VS2005 Express全体を無料利用可能になるんですね。

うん。いいお話。

2006/04/18

Ajax/JavaScriptライブラリ

[翻訳]AJAX/JavaScriptライブラリまとめ

いやぁ、Ajax関連のライブラリってたくさんありますね。

試すだけでも大変かも。。。

2006/04/17

Seasar2

Seasar2に見る,日本発ソフトウエアの生きる道

国産のJavaオープンソースフレームワークである、Seasar2が日経BP技術賞の表彰式で情報通信部門賞を受賞したとのこと。

Seasar2は、国産フレームワークでありながら、DIAOPといった注目の技術を提供しており、DIフレームワークで有名なSpringより、圧倒的な支持があり実績もあるとのこと。

で、このSeasar2は、.NETに既に移植されています。

また、CodeZineには以下のような記事もありました。

DIとAOP。どちらも試してみたい内容ですね。

2006/04/15

プログラマの「本懐」 ~アーキテクトという選択

stars アーキテクトもありかも

前々から気になっていた本ですが、ようやく読むことができました。

筆者の山本啓二氏は、ウルシステムズ株式会社という企業で、実際にアーキテクトとして活躍されているそうです。このウルシステムズという会社も、IT系のニュースなどでよく見かけますね。

この本では、ある開発のストーリーの中で、アーキテクトとは、どのように考えて行動するのかということが詳しく解説されています。人間系の仕事も結構含まれてます。

なかなか笑ったのが次の文章。。。

油断していると人買いがやってくる・・・・・・が、油断していようといまいと、結局逃れるすべはない


ただ、アーキテクトという選択もありかな、という気になりました。なれるかどうかは、知りませんが。

hReview by fnya ,  2006/08/22

photo
プログラマの「本懐」 ~アーキテクトという選択
山本啓二
日経BP出版センター 2004-11-25

ブログ・オン・ビジネス

stars 自社の事例ばかりだと営業っぽくて・・・

最近、よくビジネスブログという言葉を見かけるので、どんなものなのか知りたいと思いこの本を手にとってみました。

で、ビジネスブログって何かということなんですが、ビジネスに携わる人々の声を伝えたり、ブログの仕組み(コメント、トラックバック)でユーザーとコミュニケーションをとることで、ビジネス側とユーザ側の距離を縮め、売上向上につなげるためのブログという感じでしょうか。

ちょっと定義が長いですが。

この本では、そのビジネスブログを活用した100ものブログが載っています。

結構、メジャーな企業もビジネスブログを活用しているんですね。例えば、J-WAVE、日産自動車、リクルートなど。

この本を編纂しているシックス・アパートという企業が、Movable Typeというブログツールの販売をしているために、Movable Typeの事例ばっかりでアレですが、まぁ、ビジネスでブログを活用しているシーンが増えているのは間違いなさそうです。

hReview by fnya ,  2006/08/22

photo
ブログ・オン・ビジネス 企業のためのブログ・マーケティング
シックス・アパート株式会社
日経BP社 2005-12-28

2006/04/13

企業内情報検索ツール

最近は、企業内にある情報も検索エンジンで探すことができるようになってたんですね。

Googleデスクトップとかは使ってますが、そこまで検索技術が発展(?)してるとは知りませんでした。

Google Mini新バージョン、オラクルの検索市場参入をけん制

Googleが中小企業向けの検索アプライアンス「Google Mini」の新バージョンを発表。

約220種類のファイルと、最大30万件のドキュメントを検索できるとのこと。

Googleの検索用サーバを社内に置くだけで、Googleの検索技術を使えるとは、すごい。しかも、46万円/年。安い。

大規模企業には、Google検索アプライアンスが推奨とのこと。

オラクルが新検索エンジン出荷、「グーグルは競合ではない」

一方、Oracleは、Oracle Secure Enterprise Search 10gという検索エンジンを発表。

検索対象が幅広い。

標準で検索できるのは企業のポータル内の情報やファイルサーバ、IMAP4メールサーバ、Webサイト、Oracle Database。

また、

すでに「Microsoft SQL Server」や「Lotus Notes/Domino」を検索対象にするアダプタを、ISVが開発しているという。

とのこと。

このツールの特徴は、検索結果をユーザの権限によって変えられることらしいです。

値段は高め。

Oracle SES(Linux x86版)はProcessorライセンスで1CPUが393万7500円。Named User Plusライセンスは、1ユーザー当たり7875円。

Oracleは、Googleとはアプローチが違うようです。でも、DBの中身なんか検索されたら、DBに負荷がかかって業務に影響がでそうですが、大丈夫なんでしょうか。まぁ、対策は考えられてるのでしょうが。。。

2006/04/12

JavaScriptでJavaDoc

JsDoc

JavaScriptのコードのコメントから、JavaDocのようなドキュメントを生成するツールです(サンプル)。

Perlで作成されているので、動作させるにはPerlのインストールが必要とのこと。

Ajaxなどで、本格的にJavaScriptを活用すると、欲しくなりそうなツールです。

2006/04/11

Red Hat、JBossを買収

Red Hat、JBossを買収

JavaのEJBコンテナとして有名なJBossが、Red Hatにより買収されたとのこと。

OracleもJBossを狙っていたようですが、オープンソースはオープンソース企業同士でやっていってもらいたいものです。

OracleはMySQLも狙っているようですが(→該当記事)、オープンソースの文化を尊重して、お互い共存できる道を模索して欲しいですね。

2006/04/10

ディズニーが携帯電話サービスに参入

ディズニーが携帯電話サービスに参入

自前の通信網を持たない米ディズニーが、携帯電話サービスに参入とのこと。

サービス名は、「ディズニー・モバイル」。

ちょっとびっくり。

自前の通信網を持たない携帯電話会社のことを、「MVNO (Movile Virtual Network Operator = 仮想移動体通信事業者)」というんですね。知りませんでした。

Adbe Flex2の紹介記事

Eclipseで開発可能になったAdobe Flex 2

リッチクライアントの本命とも言える、Flexのバージョン2の紹介記事です。Flex2は、まだβ版で、情報も英語しかないので、こういう記事はありがたいです。

Flex 2は、従来のバージョンとは、ライセンス費用が一桁安くなったとのこと。今までは、1CPU当たり227万円(!)だったものが、1ライセンス1000ドル程度のFlex Builderを購入すれば、配布は自由になったとのこと。うれしいですね。

ただ、今ひとつ理解しきれないのですが、以下の2つの位置づけはどうなってるのでしょう。

  • Flex Charting Components 2
  • Flex Enterprise Services 2

グラフを使いたい場合は、Flex Charting Components 2を購入し、メッセージサービスを使いたい場合は、Flex Enterprise Services 2を購入するという理解でいいのでしょうか。よく分かりません。。。

まぁ、それはそれとして。。。

Flex 2は、2006年前半にリリース予定の、Flash Player 8.5をベースにしているとのこと。これにより、実行速度が今までの10倍速くなるそうです。

でも、Flexのメリットの1つであった、どのクライアントにも追加のプラグインのインストールなしに利用できる、というメリットがなくなったようです。必ずFlash Playerのバージョンアップが必要ということですからね。

そうなってくると、.NETのClickOnceとどちらがいいか、微妙になってきます。

とはいえ、Flex 2が提供するリッチなUIは捨てがたい。

今後の動向に注目ですね。

2006/04/09

ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人

stars 新人さんの研修にいいかも

ぼちぼち、IT関連の書籍の紹介でもしてみようと思います。

どんな本を読んでいるかというのは、その人の趣向とかレベルとかがばれるので、ちょっと怖いのですが。。。

さて、一冊目は、「ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人」という本のご紹介です。

ちょっと、ドキッとするタイトルだったので思わず買ってしまいました。

この本では、ソフトウェア開発をする人の中で、伸びる人、伸びない人、幸せになれない人、幸せになれる人を、具体例を挙げて説明されています。

項目が多くて一言でいいずらいですが、あえて言うなら、「明確な目標とプロ意識、専門性を持ち、主体的に仕事に取り組む人が伸びる人であり、幸せになれる人」という感じでしょうか。

厳しい。。。

ちょっと面白いなと思ったのが、システムの構造を理解するには、保守をやるのが一番だというところです。また、保守ではリファクタリングを行える唯一の工程であり、リファクタリングはシステムセンスを身につけるのに一番いいとまでいっています。

保守というと、どうしても後ろ向きなイメージがありますが、こういう考え方もあるんですね。

この本は値段も安いので、気軽に読めるのではないでしょうか。新人さんに読んでもらうのもいいかもしれませんね。

hReview by fnya ,  2006/08/22

photo
ソフトウェア開発 で伸びる人、伸びない人
荒井 玲子
技術評論社 2006-01-19

2006/04/07

JavaScriptでxUnit

JavaScriptで、xUnitなテストができるJsUnitというものを見つけました。

今は、.NETのNUnitを使って開発をしてますが、xUnitは一度使うと手放せないですね。VBAUnitというのも試してみましたが、なかなかグッドでした。

まだ使ってみてはいませんが、今度、Webの開発を行うときは、是非取り入れたいです。

2006/04/06

Mono1.2β版公開

ノベル、「Mono 1.2」のベータプログラムを開始--.NETアプリのLinux移植を容易に

Monoは、Linux上で.NETのアプリケーションを動作させることができるフレームワークのことですが、今までは「どうせ中途半端なものだろう」くらいに思っていたのですが、少し認識が変わりました。

以下、記事より引用。

Monoでは、Microsoft .NET開発フレームワークのグラフィカル・ユーザー・インタフェース(GUI)部分である「Windows.Forms API」をフルにサポート。

このベータリリースは、.NET 1.1を完全にサポートし、部分的に2.0にも対応する。

ニュースの発信源を地図上に表示するサービス

「今日話題の国や地域はどこ?」、gooが試験サービスを開始

gooが面白い試験サービスを始めました。

「ニュースマップβ版」というサービスなのですが、ニュースの発生源に赤い丸が表示され、丸をクリックするとニュースタイトルがポップアップで表示されます。

現在2つのサービスが提供されています。

尚、提供期間は、2006/4/4から2006/6/30までです。

ブログに地図貼り付け

アルプス、ブログなどにルート案内付き地図を貼り付ける「ALPSLAB slide」

ブログやWikiなどに、Google Mapsのような地図を貼り付けるサービスが開始されました。

↓早速試してみました。

うーん。なかなか面白い。

これだけでも面白いのですが、GPSのログを使うと、自分のジョギングコースなどのルートを登録でき、ルートの再生なんかもできちゃうそうです。

ネット上のサービスがどんどん進化していきますね。

2006/04/05

Webサービスを呼び出すJavaScriptライブラリ

Call SOAP Web services with Ajax, Part 1: Build the Web services client

Call SOAP Web services with Ajax, Part 2: Extend the Web services client

昨日、別件でネットで検索を行っていたところ、ナイスなJavaScriptライブラリを発見しましたので、ご紹介します。一応フリーのようです(BSDライセンスっぽい?)。

このライブラリには、以下の機能があります。(Part1の記事で提供されるライブラリ)

  • ブラウザからWebサービスをSOAPで呼び出す機能
  • クロスブラウザ対応
  • 名前空間付きXMLを扱う機能

うーん。どれもすばらしい。

まだ試してはいませんが、提供元もIBMだし、結構信頼できそうです。

ちなみに、prototype.jsをベースにしています。

Part2の記事でもライブラリが提供されているのですが、提供される機能自体が理解できませんでした。残念。。。

2006/04/04

ドリコムがRuby on Railsのコンテストを開催

ドリコム、オープンソースフレームワークのコンテスト「Award on Rails」を開催

ドリコムが、Ruby on Railsのコンテストを開催するとのこと。

法人での参加はできませんが、最優秀ソフトウェアには100万円の賞金がでるそうです。

まぁ、コンテストはいいのですが、「お?」と思ったのは以下の部分。

ドリコムでは今後発表する個人向けサービスにRuby on Railsの採用を決定しており...

さすが新興企業は動きが早い。すばらしい。

これが、Ruby on Railsの国内普及につながるといいですね。

Virtual Server 2005 R2を無償化

マイクロソフト、Virtual Server 2005 R2を無償化--Linuxユーザーもサポート

MicrosoftがVirtual Server 2005 R2を無償提供開始とのこと。

日本語版もダウンロード可能です。

Virtual Server 2005 R2では、Red HatやSUSEなどのLinuxも動作するようですね。いい感じ。

最近、Virtual Server, VMWare, Xen(オープンソース)の仮想化技術の競争が激しいようです。今は、VMWareがリードしているようですが、要注目ですね。

2006/04/03

Javaから見たRuby on Rails

Java+Strutsの視点からRailsを捉える

JavaのStrutsと、今注目のRuby on Railsの比較記事です。

記事からすると、Ruby on RailsとStrutsの違いは、Ruby on Railsの方が、自由度は低いけれども簡単に作成できるという感じでしょうか。もちろん、Strutsの方が長い期間使われているので完成度は高いようですが。

知らなかったのですが、Ruby on RailsはAjaxに標準対応したフレームワークであり、また統合開発環境もEclipseのプラグインとして提供されているということです(RadRails)。

Ruby on Railsは、やはり注目ですね。

Enterprise Library 2.0解説記事

Enterprise Library 2.0を特徴づけるDI機能とは

@ITにて、Enterprise Libraryが2.0になってどのように変わったか解説されています。

大きくは以下のような感じです。

  • .NET Framework2.0対応
  • ツールの構成変更
  • Logのパフォーマンス大幅向上
  • 暗号化形式6種類増加
  • DI機能の追加

記事では、.NET Framework2.0に対応したのはもちろんだが、DI機能の追加が大きな意味があるとのこと。

今ひとつ理解しきれていませんが、DIとは、依存性注入(Dependency Injection)のことで、インターフェースを介することで、クラス間の依存性を下げるもののようです。

具体的な使い方は、本番時は実際のクラスを、テスト時はMockを使用するように設定で切り替えたりすることのようです。

記事から離れますが、最近、DIコンテナという言葉をよく聞きます。

DIコンテナは、DI機能をフレームワーク的に提供するものだと思ってますが、ネット上に以下のような解説がありました。

Javaの世界では、既にあたりまえになっているようですね。ツールとしては、以下のものがメジャーのようです。

  • Spring Framework
  • Seasar2

.NETにも、Spring.NETというものがあり、これはJavaのSpring Frameworkが移植されたものです。

いろんな技術がありますねぇ。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから