2006/04/15

プログラマの「本懐」 ~アーキテクトという選択


stars アーキテクトもありかも

前々から気になっていた本ですが、ようやく読むことができました。

筆者の山本啓二氏は、ウルシステムズ株式会社という企業で、実際にアーキテクトとして活躍されているそうです。このウルシステムズという会社も、IT系のニュースなどでよく見かけますね。

この本では、ある開発のストーリーの中で、アーキテクトとは、どのように考えて行動するのかということが詳しく解説されています。人間系の仕事も結構含まれてます。

なかなか笑ったのが次の文章。。。

油断していると人買いがやってくる・・・・・・が、油断していようといまいと、結局逃れるすべはない


ただ、アーキテクトという選択もありかな、という気になりました。なれるかどうかは、知りませんが。

hReview by fnya ,  2006/08/22

photo
プログラマの「本懐」 ~アーキテクトという選択
山本啓二
日経BP出版センター 2004-11-25

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから