2006/03/23

Windows Vista発売延期


「Windows Vista」のコンシューマ版が2007年1月に出荷延期、企業版は今年11月に

Windows Vistaの出荷が、一般向けは2007/1に、企業向けは2006/11に延期されたとのこと。理由は以下の通り。

出荷延期の理由をマイクロソフトは、メーカーが、Windows Vistaを搭載するパソコンなどを検証する時間が足りないことだと説明。「クオリティを優先した」という。

知らなかったのですが、Officeも発売延期になっていたんですね。

次期Office「2007 Microsoft Office」についても、当初、社内的には今年10月に出荷することを計画していたが、今年末に出荷予定を延期したばかりである。

半端なものを出されるよりは延期の方がいいですが、出荷に合わせた予定を組んでいた方は大変ですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

正直なところ
新しいOSの必要性がよくわかりません。
一般的なユーザーはもうXPで十分満足なのでは?
と思いますし
XPがセキュリティ的に安定していないのに
また次をだすのか!という気もします。
それに、いまいちXPと比べて格段に優れた点がわからないのですが・・
(下にリンクを張りました)

企業が成長していく上で
新しい製品を出して売り込んでいかなくてはいけないのはよくわかるのですが
機能、セキュリティ、革新性など、十分に吟味してから出してほしいと思います。
それに、古い製品のサポートが一方的に打ち切られる
というのはちょっと困りますよね。

時々、MACユーザーは安定しているOSをみつけたら
そこからめったにアップグレードしないという話を聞くのですが
本当なのでしょうか??
Windowsでも98や2000を使用している人は
まだたくさんいますし
Winの世界もだんだんそうなっていくのかもしれませんね~。

いずれにしろ、新しいOSがでると
古いものから最新の物まで
全てのバージョンで動くことが求められるので
テスト量はどんどん増えるということだけはわかります(笑

■XPとVistaの違い

http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/basics/default.mspx

http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsvista/evaluate/keyreas.mspx

■Vistaを待っているのはこのあたり??
http://review.japan.zdnet.com/news/c20097892.html

yosさん、詳細な情報ありがとうございます。
じっくり読ませていただきます。

私もクライアントOSの機能は、今のところWindowsXPでもう十分だと思います。

後はWindowsXPの安全性を高めていってもらえればいいのですが、
実際問題として、それだとMicrosoftにお金が入らなくなり、
OSのサポートができなくなると思われます。

それは困っちゃいますね。

また、これから先、大きな技術革新が起きたときに向けて、
継続的にOSをバージョンアップしていく必要もあるでしょうね。

新しいOSは、あまり歓迎とは言えませんが、仕方ないのかなぁと思いました。。。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから