2006/03/16

Visual Studio 2005 Team System


第1回 Visual Studio 2005 Team Systemはココがうれしい

@ITにて、Visual Studio 2005 Team System(以降VSTS)の連載が始まりました。

まずは、VSTSの位置づけについてです。

ソフトウェア・ライフサイクルにおける企画~設計~生産~運用のすべてのステップをサポートする開発環境へと大きく変化したのだ。

で、VSTSのエディションは以下の3つです。

  • Team Edition for Software Architects ・・・ アーキテクト向け
  • Team Edition for Software Developers ・・・ 開発者向け
  • Team Edition for Software Testers ・・・ テスター向け

そして、VSTSによる効果は以下の3つとのこと。

  • コミュニケーション・ギャップの解消
  • 「プロジェクトの見える化」が可能になる
  • 生産性向上

VSTSでなくても工夫次第でできるじゃん、と思う私はひねくれものでしょうか。。。

で、各エディションについて解説が付いてます。

Team Edition for Software Architects は、私はアーキテクトでないのでよくわかりません。詳細は記事をご覧ください。

Team Edition for Software Developers は、Professional Editionに対して以下の機能が追加になってる模様。

  • 静的コード分析のPREfastの統合。
  • 静的コード分析のFxCopの統合。
  • コード・プロファイラ
  • 単体テスト機能
  • コードカバレッジ

FxCop、単体テスト機能(NUnit)、コードカバレッジ(NCover)は、今までもフリーで提供されていたものが統合されたようです。どれも便利です。

PREfastは、C/C++で、メモリ・リークやリソース・リーク、バッファ・オーバーランが検出可能とのこと。使えそう。

コード・プロファイラは、関数が何回呼び出されたとか、実行時間がわかるとのこと。ボトルネックの解消に役立ちそう。

Team Edition for Software Testers は、For Devoloperのテスト機能に、以下のものが追加されているとのこと。

  • Webテスト
  • 負荷テスト
  • テストケースの管理

Webテストは、ユーザがブラウザで行った操作を保存して実行できる機能のようです。

負荷テストは、”クライアントを50セッション起動し10分間の負荷テストを実施”といったテストをできるようになるとのこと。なかなか便利そう。Load Runnerで行えていたことができるんですね。

ただ、VSTSは値段が高い!(Microsoftのサイトより)

  • Visual Studio Team Edition for Software Architects with MSDN Premium Subscription
  • Visual Studio Team Edition for Software Developers with MSDN Premium Subscription
  • Visual Studio Team Edition for Software Testers with MSDN Premium Subscription

これらは全て、750,000 円!

買えないよー !(T_T;

ちなみに、以下のものは、350,000 円です。

  • Visual Studio Professional Edition with MSDN Premium Subscription

で、以下のものは、165,000 円です。

  • Visual Studio Professional Edition with MSDN Professional Subscription

ちなみに、Professional と Premium は、サーバ製品・オフィス製品・Visual Source Safeが付くかどうかなどの違いがあるようです。

複数ライセンスを購入すれば安くなるとはいえ、ちょっと買えないなー。

そうして、お金持ちはますますお金持ちになり、貧乏人はますます貧乏になるわけですね(笑)。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから