2006/03/03

SQL Serverのメモリチューニング


誰も知らないメモリ・チューニングの極意を教えよう

昨日は、多忙のため更新できませんでした。スミマセン。

今日は、SQL Serverのチューニングの連載の2回目で、メモリチューニングについてです(1回目紹介記事)。

SQL Server 2000 Enterprise Editionでは、4GB以上のメモリを使用することができるけれども、デフォルト設定では2GB程度までしか使えないとのこと。

4GB以上使うためには、awe enabledという設定を'1'に変更する必要があるようですが、GUIでは設定できないのでコマンドで設定するようです。設定方法も載ってます。

ちなみに、SQL Server 2005からは、awe enabledの設定は、GUIでできるとのこと。

ただ、このメモリのチューニング方法って、SQL Server 2000 Enterprise Editionなんですよね。SQL Server 2000 Standard Editionでできれば、自分の業務にも反映できたのに。ちょっと残念。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから