2006/03/30

OpenLaszloの導入実績記事


Accessの操作感を再現した“OpenLaszlo”

以前も取り上げたことがある(→こちら)、リッチクライアントのOpenLaszloの導入実績が紹介されている記事です。

記事によると、以前のバージョンのOpenLazloでは、マルチバイトが扱えないとか、開発環境がないとか問題があったようですが、現在は、マルチバイトも扱えるし、Eclipseのプラグインも提供されているとのこと。

しかも。。。

次のメジャーバージョンアップ(2006年12月のリリース予定。バージョン名はおそらく4.xとなる)で1つのソースコードからFlashとAjaxのページを出力する機能を実装してくる

日本でも実績もあることで、OpenLaszloをシステム構築時の選択肢に加えやすくなりましたね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから