2006/03/15

ClickOnceの仕組み


ClickOnceの仕組みを理解しよう

前回お伝えしたClickOnceの真実の、連載2回目です。

今回は、ClickOnceのアプリケーションのインストールの仕組みと、アップデートの仕組みについて解説されています。

インストール時には、.NET Framework2.0も自動でインストールされるんですね。

.NET Framework 2.0がインストールされていない環境でClickOnceアプリ・インストール用のWebページ(中略)の[インストール]ボタンをクリックすると、setup.exeが実行されて、実際のClickOnceアプリをインストールする前に、.NET Framework 2.0のランタイムがインストールされる。

また、アップデート時は以下の点に注意する必要ありとのこと。

なおClickOnceのアップデート機能はWebサーバなどのサーバにアクセスして更新を行う仕様となっているため、CD-ROMなどのメディアを使ってClickOnceアプリをインストールしたとしても、それを更新するにはどうしてもネットワークに接続されている必要があることに注意してほしい。

なかなか参考になりました。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから