2006/03/17

ClickOnceの発行方法


Visual Studio 2005でClickOnceを極めよう

「ClickOnceの真実」の連載3回目です(1回目2回目紹介記事)。

今回は、ClickOnceの発行方法についての解説です。

今まで知らなかったのですが、Visual Studio 2005 の Express Edition(無償)でも、ClickOnceのアプリケーションが作成できるんですね。

記事を読んだ限りでは、ClickOnceの発行は、ウィザードに従うだけでもできるので簡単そうだという印象です。まぁ、実際にやればそれなりの問題が発生するのでしょうが。。。

発行に関しては、以下の制約があるとのこと。

・制約:[スタート]メニューに登録されるショートカットのカスタマイズ
・制約:インストール時のレジストリ登録(ファイル拡張子の関連付けなど)
・制約:インストール時のUIのカスタマイズ
・制約:インストール場所の指定
・制約:すべてのユーザーへのインストール

この制約にひっかかる場合は、代替技術として、.MSIファイルによるセットアップや、Enterprise Libraryの Updater Application Blockを使う必要があるとのことです。該当情報へのリンクも記事に載っています。

少々の制約があっても、ClickOnceはなかなか面白いですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから